WOMAN TIES
CONCEPT

働く女性をつなぐ場をつくり

働き方・キャリアをシェアすることで

新たな一歩を応援します

今の働き方やキャリアにモヤモヤしていませんか?
このままでいいのだろうか・・・
と漠然とした不安を抱えていませんか?
今は楽しいけれど、3年後、10年後はどうだろう?
結婚したら?子どもができたら?
働き方やキャリアのあり方、夢や理想は人それぞれです
でもそれぞれの目指す姿や
夢や理想を叶えるためのステップをシェアすることで
「働き続けたい」という意思を持った女性がつながり
これからの働き方やキャリアの築き方を
考えていけるような場を作りたい
という想いからWOMAN TIESを立ち上げました
不確定な未来を不安視して
自分の可能性を狭めるのではなく
自分のありたい姿、夢や理想を持って
そこに向かって一歩一歩進んでいける女性が
1人でも増えるようなキッカケを作ります

WOMAN TIES
vol.3

●日時:2018年9月29日(土曜日)
●時間:13:45-16:00(13:30受付開始)
●定員:30名(子連れ可/託児サービスはありません)
●参加費:¥2000
●場所:パーソルホールディングス株式会社・外苑前オフィス

〒107-0061 東京都港区北青山2-9-5 スタジアムプレイス青山5F
東京メトロ銀座線「外苑前」駅 徒歩3分
東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線「表参道」駅 徒歩約11分

CONTENTS
イベント内容の
ご紹介

#わたしのパラレルキャリア
トークライブ

TIMサロン、二枚目の名刺、ママボランでパラレルキャリア実践している女性たちによるトークライブ。
副業・プロボノ・ボランティア・ライフワークなどさまざまなスタイルのパラレルキャリアの始め方・動き方、そして現在の活動についてざっくばらんにお話しします。

プチワーク

自身の強み(好きや得意)を洗い出しキーワード化するワークで、パラレルキャリアのタネを見つけていきます。

パラレルキャリア座談会

トークライブ登壇者と参加者との座談会。トークライブ内容の深堀りや、個別での質問・相談など、近い距離でご交流頂けます。

パラレルキャリア座談会

トークライブ登壇者と参加者との座談会。トークライブ内容の深堀りや、個別での質問・相談など、近い距離でご交流頂けます。

#わたしのパラレルキャリア
トークライブ

登壇者のご紹介

菅野 有希子
Sugano Yukiko

1983生まれ。東京在住/夫と二人暮らし。
webを中心に食や暮らしといったライフスタイル提案のスタイリングを手がける。撮影やコラム執筆、VMD、講師など、活動は多岐にわたる。

会社員から専業主婦を経て、食やうつわの魅力に開眼。2015年、絵になる食卓をつくるwebマガジン「TABLEMANIA」を立ち上げ現在もライフワークとして継続中。(社)テーブルウェアスタイリスト連合会認定「ブロンズテーブルウェアスタイリスト」取得後、フリーランスのスタイリストとして独立。
現在はリノベーションした新居に引っ越し、インテリアをパラレルキャリアの新しい軸として育てている。

https://pomu.me/yukiko130/

toko

1990年生まれ。会社員として不動産業界で働きながら、いつか来るかもしれない「今の仕事を辞めるとき」に私にはこれがある!というものを見つけたくて人生のプランB探しを開始。

現在は会社員を続けながら、ハンドメイドデザイナーとして、ハンドメイドギャラリー「Joyful」を主宰・運営。ウェルカムボードやバースアナウンスメントなどのクロスステッチのオーダーメイド作品の制作や、Joyful刺繍部を開催している。

https://www.instagram.com/joyful_toko


海野 千尋
 Unno Chihiro

1981年生まれ。広告代理店/編集プロダクション、ITベンチャー企業とメディア業界の中を渡り「伝えたいことをメディアでどのように伝えていくことができるか」を経験。東日本大震災をきっかけに自分の生き方を再定義し「#新しい働き方・これからの生き方」を自分自身が体現していくことを決める。

現在は3つの場所で新しい働き方やこれからの生き方を耕し中。2枚目の名刺をもつ社会人を増やし個人や組織/社会を変えていこうとするNPO法人二枚目の名刺で事業管理統括を担当。女性の「働く」と妊娠、出産、子育て、介護などの「ライフイベント」とどちらも選びながら働き続けられる選択肢を作るNPO法人ArrowArrow事務局長を担う。「家族」にまつわる固定観念を壊すため家族の未来をサーチする「ネオ・ファミリースタイル学」のキュレーター。

https://nimaime.or.jp/
http://arrowarrow.org/
https://freedom-univ.com/lecture/neo_familystyle.html/

長澤 佑美
Nagasawa Yumi

1980年生まれ。幼少の頃のダンス経験から、身体性に関わる仕事としてヨガスタジオ、医療法人に勤める。2016年、NPO法人 二枚目の名刺のNPOサポートプロジェクトに一般参加したのをきっかけに、2017年より運営メンバーに。

現在はNPO法人 二枚目の名刺ではサポートプロジェクトデザイナーや渉外担当として、また他医療法人では人事労務や法人営業等を行っている。どちらが1枚目、2枚目の切り分けはなく、パラレルキャリア絶賛実践中。自分の価値観、好きなこと、大事なことを諦めないで追及していったら、パラレルキャリアに。出会った方々の想いにふれ、その想いを繋いでいく、体現するには、どんな後押しができるかをいつも考えている。


前田 留実
Maeda Rumi

1981年生まれ。会社員として、営業を約10年経験したのち、オープンイノベーションに関わる事業を担当する。ベンチャー企業向けのアクセラレーションプログラムの立ち上げ、コミュニティの運営、社内新規ビジネス創出プログラムの運営などを担当し、社内外のネットワークを広げる。

プライベートでは2016年12月に出産。息子が保育園に入れず待機児童になり育休を延長するタイミングで、育休インターンをはじめる。ワーキングママ向けのメディア「Laxic」とパーソルホールディングスが運営する「ママボラン」2社でインターンを経験。保育園選びのチェックリストづくりや今までの業務経験を活かした事業戦略のアドバイスなどを行う。

2018年4月より復職し、ヘルスケア関連のアプリの企画・運営に従事。

企画・運営

オンラインサロン
Think In Move

パラレルキャリアという働き方に興味があり、実践することで人生の選択肢を広げ、ゆくゆくは自分の名前で活動したいという目標を持った人のためのオンラインコミュニティです。

コラボ団体

NPO法人
二枚目の名刺

「2枚目の名刺」それは組織や立場を超えて社会のこれからを創ることに取り組む人が持つ名刺。2枚目の名刺を持つきっかけや雰囲気をつくり広げています。

二枚目の名刺HP

パーソルホールディングス
ママボラン

子育て期間をキャリアのブランクではなくブライトに。ママボランは、育休中の不安を自信に変える、ボランティアを通じたキャリア支援プログラムです。

ママボランHP