【重要なお知らせ】
新型コロナウイルスの影響により本イベントの開催を延期させて頂きます。
また詳細が決まり次第追ってご連絡いたします。


2015年9月ニューヨークの国連本部において採択された
「持続可能な開発のための2030アジェンダ」
では、17の目標と169のターゲットからなる

「持続可能な開発目標(SDGs)」

が掲げられました。


サスティナブルな世界を実現するためには、
グローバルな視点からの新しいライフスタイルの実践、
そしてそれを可能にするイノベーションが不可欠です。


命を生み育てる女性は
安全性、環境調和、経済性
をも考慮するマルチな視点をもちながら生活しています。

未来を見つめ、世界で活躍するビジョナリー・ウーマンが
サスティナブルな世界の実現のキーを握っているのです。


関西国際女性デー実行委員会は2025年の大阪万博開催に向けて
関西の女性から日本の国際女性デーを
世界に発信し国際女性デーを日本の文化行事として定着させ、
女性が生き生きと生きる社会創りに貢献したいと考えています。




特別講演

基調講演:
「サスティナブルを実現するフードスタディ」
大阪樟蔭女子大学教授 田中愛子


内閣府SDGs 分科会
FSRI (SDGsのためのフードスタディーズ研究会)
食育ハーブガーデン協会理事長
AIKO TANAKA CULINARY SCHOOL 主宰

1949年大阪に生まれる
結婚後、料理家吉岡昭子氏につき家庭料理の基礎を学ぶ。その後夫の仕事でニューヨークを起点に世界を歩く。得意の語学力を活かし世界の家庭料理、食文化を研究。
2009年に「食育ハーブガーデン協会」を設立、食育活動に力を注ぐ
その理念「食卓のフィロソフィー」を提案、その理念に協賛企業、実施施設学校など150に及び大きな反響を呼んでいる。
2011年 「食卓の上のフィロソフィー」を理念に
東大阪市 樟蔭高校「フードスタディーズ」創設し、教育アドバイザーとして授業を行なう、
2014年大阪樟蔭女子大学教授に就任。「フードスタディーズ コース」創設に尽力、人気のコースとなる、
世界各地の学会において、日本料理の魅力を伝え る活動をしている
2018年、食卓の上のフィロソフィーを基軸にマレーシア投資銀行と提携、食を通して持続可能な社会のためのホテルプロジェクトを推進する
2019年 日本のSDGsの官民連携による実践の研究会 FSRI を立ち上げる
食とSDGsの深い関連性をリサーチしながら、持続可能な社会の実現に向けて活動している

NHK きょうの料理出演、
文化事業講演、など各メディアで活躍

著書「食卓の上のフィロソフィー」「Basic Home Baking」
Food Studies of Osaka」
など著書多数

事例発表
「ビジョナリーウーマン的買い物の仕方」
株式会社福市 代表取締役 髙津玉枝氏



91年にインテリア・雑貨を中心とした売り場をプロデュースする会社を設立し95年よりPR事業も手掛け掲載媒体は3500誌以上。
90年代後半、インドのフェアトレード団体を訪問時に、国際NGOオックスファムの商品にであい06年にフェアトレードを中心
とした事業を行う株式会社福市を設立。

3.11の東日本大震災後にフェアトレードの考えをベースに、手仕事で東北を支援するプロジェクト「EAST LOOP」を立ち上げる。
現在作り手200人(登録ベース)3000万円以上の収入を生み出し届け、EAST LOOPのノウハウを被災地の手仕事を行う
団体に移転する事業が、経済産業省の補助事業として認められ活動2014年ブラジルで作られたリサイクルのプルタブを使った
フェアトレード商品で、ソーシャルプロダクツアワード 「特別賞」を受賞

NPO法人DEAR ME
代表 西側 愛弓氏
現地責任者 小村 萌氏

2015年、代表の西側により発足し、2019年7月にNPO法人格を取得。
2015年よりフィリピンのゴミ山地区やストリートで暮らす子供たちをモデルにした
ファッションショーを行い、子供たちに夢を持つことの大切さを伝えている。
新たな取り組みとしてファッションを通して教育と雇用を創出することを目的に
2020年9月子供たちが無料で通うことのできるファッションスクール(coxco Lab)をフィリピンで開校予定。
クトを準備する。

西側 愛弓
2017年新卒で株式会社サイバーエージェントに入社
2019年1月退社。
学生時代より、フィリピンでファッションショーの活動を始め、
現在はNPO法人DEAR MEの代表理事を務める。


小村 萌
2014年新卒で株式会社エス・ティー・ワールドに入社し
約2年間はマニラに駐在する。
2019年2月に退職し、ファッションスクールの現地責任者としてプロジェクトを準備する。

イベント概要

開催日時 2020年3月8日(日)13:00~17:00
場所 山本能楽堂 (大阪市中央区徳井町1-3-6)
主催 関西国際女性デー実行委員会
後援(予定) 近畿経済産業局、大阪市、関西経済連合会、
関西経済同友会、大阪商工会議所、関西・大阪21世紀協会、関西SDGsプラットフォームほか
応援
ジャポニスム振興会
スケジュール 12:30~ 開場
13:00~ オープニングショー
14:00~ 第Ⅰ部
15:10~ 第Ⅱ部
15:50~ 第Ⅲ部
17:30~ 懇親会
主催 関西国際女性デー実行委員会
主催 関西国際女性デー実行委員会

司会進行アナウンス

西村実花
一般社団法人こどものみかた代表

放送局アナウンサーを経て現在はフリーランスとして活動。話し方、マナー研修などのオファーも多く講師としても活躍。自身の経験から、働く女性がより子育てを楽しみながら、親子が安心できる場所を実現するため保育園を設立。自身が培ってきた経験を活かして、話す言葉の大切さやマナーの必要性を伝える講演や、各教育機関で外部講師なども行っている。福島県出身。二女一男の母。

オープニング

箏曲
大谷祥子


  • 箏曲家。東京藝術大学音楽部邦楽科卒業。賢順記念全国コンクール1位。平成13年度文化庁インターンシップ研修生。平成25年度文化庁芸術祭新人賞受賞。古典邦楽のみならず、様々なジャンルのアーティストと共演、全国でコンサート活動を展開。京都市「DO YOU KYOTO?」大使、ジャポニスム振興会副会長、京都みやこ風韻邦楽アンサンブル副団長などを務める


  • 箏曲家。東京藝術大学音楽部邦楽科卒業。賢順記念全国コンクール1位。平成13年度文化庁インターンシップ研修生。平成25年度文化庁芸術祭新人賞受賞。古典邦楽のみならず、様々なジャンルのアーティストと共演、全国でコンサート活動を展開。京都市「DO YOU KYOTO?」大使、ジャポニスム振興会副会長、京都みやこ風韻邦楽アンサンブル副団長などを務める

ダンス
KOI QUEEN.JOLT

  • ダンサー、ダンスインストラクター
    2015年度より現代舞踊講師として文化庁芸術家派遣事業にて関西の小、中、高校に訪問しhaving fun dance sessionを授業内で展開している。
    アメリカでのダンス留学の経験を活かし、海外でのゲストショーや、
    ポールマッカートニーやダイアナキング、Bro.KORN、鈴木雅之、ゴスペラーズ、skooponsomebody等様々なミュージシャンと共演。
  • ダンサー、ダンスインストラクター
    2015年度より現代舞踊講師として文化庁芸術家派遣事業にて関西の小、中、高校に訪問しhaving fun dance sessionを授業内で展開している。
    アメリカでのダンス留学の経験を活かし、海外でのゲストショーや、
    ポールマッカートニーやダイアナキング、Bro.KORN、鈴木雅之、ゴスペラーズ、skooponsomebody等様々なミュージシャンと共演。

ダンス
sangría

  • 関西を中心にショーやコンテスト等で活動中のwaackチーム。個々でもバトルや審査員、インストラクターとして日々活動中。
  • 関西を中心にショーやコンテスト等で活動中のwaackチーム。個々でもバトルや審査員、インストラクターとして日々活動中。
第Ⅰ部
基調講演:
「サスティナブルを実現するフードスタディ」
14:00~
大阪樟蔭女子大学教授 田中愛子氏
第Ⅱ部
事例発表
「ビジョナリーウーマン的買い物の仕方」
15:10~
株式会社福市 代表取締役 髙津玉枝氏
第Ⅲ部
パネルディスカッション
NPO法人DEAR ME紹介VIDEO
「street childrenに夢を実現!次世代がつなぐ世界での実践事例」
15:50~
髙津玉枝氏×NPO法人DEAR ME代表 西側 愛弓氏
NPO法人DEAR ME 現地責任者 小村 萌氏
第Ⅱ部
事例発表
「ビジョナリーウーマン的買い物の仕方」
15:10~
株式会社福市 代表取締役 髙津玉枝氏
会場

山本能楽堂
大阪府大阪市中央区徳井町1丁目3−6
アクセス: 大阪メトロ 谷町四丁目 徒歩5分

特別後援者

村木 厚子(むらき あつこ)
1955年高知県生まれ。土佐高校、高知大学卒業。78年労働省(現厚生労働省)入省。女性政策、障がい者政策などに携わる。13年から15年まで厚生労働事務次官。
 退官後は大阪大学男女協働推進センター招へい教授、津田塾大学客員教授を務めるほか、伊藤忠商事(株)社外取締役などを務める。また、累犯障害者を支援する共生社会を創る愛の基金や、生きづらさを抱える若年女性を支援する若草プロジェクトの活動に携わっている。

(著書)「日本型組織の病を考える」(角川新書)「あきらめない」(日経BP社)など

特別企画

山本能楽堂見学ツアー
能楽堂をめぐり日本の和を感じる旅に一緒に行きませんか?

2018年に創立90周年を迎えた、大阪で一番古い能楽堂。
平成18年に文化審議会より「国登録文化財」の指定を受けた歴史的な建物。
公益法人として、能を「現代に生きる魅力的な芸能」としての普及と伝承に努め、「初心者も楽しい体験型の能楽堂」をキャッチフレーズに新しい視点の公演を数多く企画。文化の力でサスティナブルな未来を目指すため、「Noh for SDGs」として、「水の輪」と「オルフェウス」の2作品を制作し国内外で上演を繰り返している。国内外の要人も多く訪れ、2019年大阪市で開催されたG20サミットに出席した当時のイギリス首相テリーザ・メイもBBCなどからのインタビューをここから世界に発信した。

懇親会

親睦も兼ねて懇親会を開催いたします。
どなた様もご自由にご参加下さい。
【時間】 17:30~

【場所】
インフィニティ(大阪市中央区谷町3丁目6-4 大拓ビル20 1F)
https://lightupdining-infinity.owst.jp/

【参加費】
事前入金 3,700円
当日入金 4,500円
※人数把握のために事前入金へご協力ください。
※入金後のキャンセルにつきましては開催日7日前までにご連絡下さい。
期日過ぎますと別途キャンセル料をいただく可能性が御座います。

申し込み

こちらからお申込み下さい。
※大変お手数ではございますが懇親会お申込みの場合は別途お申込みフォームが御座います。
本申込みフォーム送信しますと自動返信メールがかえってきますのでそちらより再度決済下さい。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信
主催 関西国際女性デー実行委員会