「弱いイジメっ子」と「強いイジメられっ子」

いじめ虐めイジメ、嫌な言葉です。
そんな悩みや問題を抱え「どうしたらいいのか分からない」とか「自殺してしまいたい」そんな人は多いでしょう。
このページにはその「解決方法」や「対策方法」を記述しました。

「弱いハイエナ達」と「強い一匹オオカミ」

「弱いハイエナ達」とは「イジメっ子達」の事です。
「強い一匹オオカミ」とは「イジメられっ子」の事です。


「イジメっ子」は実はとっても弱いんです・・・心が。
だから、
『自分は弱虫なんかじゃない!』そう思いたいのです。
そう思うために、
「イジメっ子」どうしが集まります。
そして、
「優しそうな人」を寄ってタカってイジメます。


「イジメられっ子」は実はとっても強いんです・・・心が。
だから、
『他の人に優しく』なれます。


「弱いハイエナ達」は「強い一匹オオカミ」をイジメて
『自分は弱虫なんかじゃない!』そう思いたいのです。

じゃあ、
イジメられたら、どうしたらいいの?

「イジメっ子達」の心を見つめましょう。

つまり、イジメられたら
『ああ・・・この人達は、こんなに弱いんだな。』
とか、
『ああ・・・この人達は、こんなにミジメなんだな。』
と「同情」してあげましょう。

「イジメっ子達」は同情されると「自分の弱さを痛感」します。

そして・・・