なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

会社売却のメリットや
注意点について

赤字経営などで倒産を覚悟する人もいるでしょう。しかし、赤字で倒産させるのは早いのです。今回は倒産を防ぐための会社売却のメリットや注意点について紹介していきましょう。倒産を検討している人は希望の光になるかもしれないので参考にしてみてください。

会社売却とは?

会社売却にはどのような特徴があるのでしょうか。こちらでは、会社売却の特徴について見ていきましょう。

 ・M&A

会社売却をすることを「M&A」と言います。基本的に後継者不足や人手不足で興味を持った買い手に事業譲渡や継承をすることを指します。

 ・会社売却は赤字企業にとって救いの手となる?

経営不振に陥っても、その事業などに興味を持つ企業はあるはずです。そういった会社に事業譲渡をすることで会社で働く社員たちを守ることにも繋がります。倒産になれば社員たちの行き場がなくなり、多くの社員が露頭に迷うことになりますが、会社売却によって助かるスタッフが多くいるのです。

 ・売却によって事業の成長

会社売却をすることによって資金力を持つ企業によって事業の成長が見込めます。赤字経営ではできなかったことも出来るようになり、結果として以前以上の功績を残した企業も少なくありません。

会社売却のメリット

こちらでは、会社売却のメリットについて見ていきましょう。赤字で悩んでいる人は、会社売却によってどんなメリットが得られるのかを参考にしてみてください。

 ・事業を引き継いでもらえる

近年は後継者不足などで黒字経営であっても会社売却をする企業が増えています。そういった会社にとって会社売却をすることで継承者がいなかった事業をしっかり引き継いでもらえるのです。

 ・事業強化

同じジャンルの企業に会社売却をすることで、事業の強化を図ることができます。個々では小さな事業だったとしても二つの会社がひとつになることで事業強化となります。その結果、これまでは出せなかった功績を出せるようになる可能性もあるのです。

 ・休める

事業継承までに奔走していた人は、会社売却をすることによってこれまでの役割から解放されます。そのため、会社のことを考える時間を自分や家族のために使うことができるのです。

会社売却のデメリット

こちらでは、会社売却のデメリットについて見ていきましょう。メリットだけではなく、デメリットも知っておかないと「こんなはずじゃなかった」ということになりかねません。

 ・事業領域の制限

会社売却をしたからと言って、それまでの事業は確実に引き継がれるわけではありません。売却した後に事業領域が制限されることもあります。競合避止義務と呼ばれるものであり、売却後数年は売却事業に関われなくなってしまうのです。

 ・揉めるリスク

買い手企業と揉めるリスクもあります。異なる会社がひとつになることで、お互いの意見が合わなくなってしまうこともあるのです。契約事項の解釈が異なるなど、さまざまなトラブルが起こる可能性があります。条件などをしっかり納得しておかないと、後から「話が違う」ということになることもあるのです。

 ・買い手企業に拘束される

売却することで会社の所有権は相手に映りますが、譲渡条件によっては子会社の社長として一定期間を過ごさなければいけなくなることもあるのです。

会社売却をサポートしてくれる業者とは?

こちらでは、会社売却をサポートしてくれる業者について見ていきましょう。会社売却を検討している人は参考にしてみてください。

 ・M&Aネットワークス

仲介での実績多数、売手専門アドバイザリー型企業の先駆けである業者です。売却後も安心して任せられる特徴があり、経営課題などに関して幅広い相談を受けてくれます。実績が豊富だからこそ過去の事例に基づいたアドバイスが可能となるのでしょう。

 ・M&Aネットワークス

創業25年以上の実績豊富な業者です。独自の手法を提案している特徴があり、その企業に適切なアドバイスや提案をしてくれます。しっかりと相談をしたい企業におすすめの業者です。

 ・トランビ

WEBプラットフォームにおいて売手と買い手が直接交渉できる業者です。事業継承に悩む個人事業主や中小企業を多く救ってきた実績があります。手軽なM&Aサービスとして高く評価されているのも特徴のひとつと言っていいでしょう。

会社売却について他の特徴などを知りたい人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

会社売却は難しい問題ではありますが、
サポート業者などを入れることによってスムーズなM&Aが可能となります。
業者によって得意スタイルなどが異なってくるので、
しっかりと自分が求めるスタイルを得意としているかチェックしてください。
会社売却と聞くとマイナスイメージを持つ人もいますが、マイナスではありません。
会社の将来などを考えた結果なのでマイナスであるはずがないのです。
更に事業を高めるためのものだと考えましょう。