債務整理を弁護士に任せた人の体験談とは?

借金問題は心からゆとりを失くさせてしまうものです。そのため、どんどん悪い考えばかりになってしまう人もいるのではないでしょうか。こちらでは、どのような体験談があるのかについて見ていきましょう。

借金問題で弁護士に依頼する際の選び方

借金問題は弁護士に相談する人が多いですが、どの弁護士事務所でもいいわけではありません。こちらでは、どのような選び方をすればいいのかについて見ていきましょう。

 ・通いやすさ

借金問題の相談は1回で解決策が見いだせるものではありません。そのため、通いやすい場所に弁護士事務所があるかどうかにも注目しなければいけません。出張法律相談を利用する方法もありますが、何かあった時のためにもすぐに対応してもらえるように通いやすい場所にある事務所を選びましょう。

 ・実績

借金問題のトラブル解決実績があるかどうかにも注目してください。近年は得意ジャンルなどを公開している弁護士が多いので、借金問題に強いかどうかを確認しておきましょう。

 ・費用

費用に関しての説明が明確かどうかにも注目してください。弁護士である以上不透明にすることはないと思われますが、ごく稀に説明を忘れている弁護士もいます。費用面が不透明なうちは依頼をしないようにしてください。

弁護士に相談する際に知っておきたいことは?

弁護士に借金問題を相談する際に知っておきたいことがあります。こちらでは、どのようなことを知っておくべきか見ていきましょう。

 ・債務整理の手段

債務整理は任意整理、過払い金請求、自己破産などさまざまな方法があります。自分はどの方法に合うのかどうかを事前に考えておき、弁護士にアドバイスをしてもらいましょう。考えていた方法が合わない場合は、弁護士から適切な手段の提案があります。

 ・自分の借金状況を知っておく

債務情報や整理されたメモや手元に残っている書類などをまとめて、自分の借金状況を適切に相談できるようにしておきましょう。他のも収支状況が分かるものを用意することで、債務整理の方法などの提案もしやすくなります。

 ・弁護士の対応

債務整理に関しては初回相談が無料のところが多くあります。その際に、弁護士の対応力をチェックしておきましょう。しっかりヒアリングをしてくれるかどうか、信頼できる弁護士か同課を見極めてください。

借金問題で弁護士に依頼する際の選び方

自己破産となれば最低限の生活しかできない、現金を手元に残せないというイメージがあります。実際に自己破産をすればどうなるのかについて見ていきましょう。

 ・信用情報

いわゆるブラックリスト入りになるので、クレジットカードが使えない、新規契約ができないなどの弊害が出てきます。当然ながら「借金」につながるものは一切活用出来ません。

 ・警備員の仕事ができなくなる

警備員や現金を扱う仕事ができなくなる場合があります。警備員の場合、信用第一という部部分もあるのでブラックリスト入りしている人は雇わない傾向になっているのです。

 ・現金を残せる

手元に99万円までの現金ならば残すことができます。他にも生活に必要なものであれば、エアコンや車も手元に残せるので予想されているような「すべて没収」という状況にはならないのです。

債務整理をした人の体験談

こちらでは、債務整理をした人の体験談について見ていきましょう。どのような体験談があるのかチェックしてみてください。

 ・過払い金で家族サービス

新入社員の頃に生活費が足りなかった人で、大手消費者金融に借金をしていたそうです。足りない分だけを借りては返すという状況が10年以上続き、借金総額が200万円近くなっていたので過払い金があるかもしれないと弁護士に相談したそうです。その結果、過払い金が返済されて150万が手元に戻ってきました。そのお金で今までできなかった家族サービスをしたそうです。

 ・任意整理で十分だった

離婚をきっかけに養育費が足りずに借金をするようになった人がいます。自己破産しかないと思うくらいに借金が膨れ上がったけれど、弁護士に相談することで任意整理で十分というアドバイスを受けたようです。

 ・介護負担による借金

高齢の家族の介護費用が足りなくなり、借金をした人がいます。返済しては借金をするという悪循環に陥り、1000万近くまで膨れ上がっていたそうです。自己破産をするしかないと考えていたところ、過払い金が発生していることが分かり、返済負担が激減して生活も安定してきたと言います。

債務整理で弁護士について知りたい人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

基本的に借金は過払い金が発生している人が多いようです。
自己破産しかないと思っていても、過払い金で相殺、もしくは手元に現金が残る人もいます。
安易に自己破産と決めつけずに、弁護士に相談して自分に合う債務整理をする事を考えましょう。