講師紹介

スリール株式会社代表
堀江 敦子氏




【経歴】
日本女子大学社会福祉学科卒業。
楽天株式会社を経て 25 歳で起業。
2013年 日経ウーマン「次世代ガール25人」に選出。
2015年 日経ビジネス「チェンジメーカー10」に選出。
日経WOMENやOggiなど雑誌にも多く取り上げられる。

ロールモデル(母親・父親)の自宅に、大学生が子育てインターンとして『仕事と家庭の両立』をリアルに学ぶワーク&ライフインターンの事業を展開。
経済産業省「第5回キャリア教育アワード優秀賞」を受賞。

内閣府「男女共同参画会議専門委員」、厚生労働省「イクメンプロジェクト」や「ぶんきょうハッピーベイビー応援団」など複数行政委員を兼任。

スリール株式会社のHPはこちらから!

会場

金沢学生のまち市民交流館

北陸鉄道バス「片町」
下車徒歩2分(片町きらら裏)

日時: 7月16日(土)14:00-
会場: 金沢学生のまち市民交流館
対象: 学生
定員: 40名
参加費:無料

facebookイベントページ

堀江敦子氏による講演

自分らしいワーク&ライフの実現に向けた参加者へのあついメッセージと共に、学生時代に描いた夢を現実にするまでの体験談をお話し頂きました。
『誰もが自立して幸せになれる社会を作る』という夢をなぜ持つに至ったのか?実現させるためにどのような行動を起こしてきたのか。生き生きとした語り口、パワーみなぎる人柄に全員堀江ワールドに引き込まれました!

なりたい自分ワークショップ

講演を受けて、今度は参加者自身が大学卒業後になりたい姿をワークシートにまとめ、グループでシェアしました。意欲にあふれた人、明確な目標を持っている人が多く、講師の堀江さんも「なんかすごいぞ!金沢」と驚いていました。
時間の都合上急ぎ足なワークショップとなってしまいましたが、至るところで白熱した議論が繰り広げられました。

40名近くの学生が参加!
(写真はスリールポーズ)
本イベントがきっかけとなり、スリール株式会社が手がけるワーク&ライフインターンを金沢で実現させるためのプロジェクトが始動しました。

参加者の声

  • 堀江氏の実際の体験談や会社設立の話を聞いて、また大学時代がいかに大事な時かを聞いて、なにか始めないともったいないと思った。
  • 堀江さん自身の体験談から、もとはたくさんコンプレックスを抱えていたとしても、前に踏み出す姿勢が今につながっていることを知って、自分も何か行動を起こそうと思えた。
  • 将来やりたいことはまだ見えていませんが、堀江さんはじめ、キラキラ輝く人たちと会えてよかったです。参加して正解でした。
  • 僕は企業という選択肢を視野に入れてからはや一年以上経過していますが、具体的な将来像や今後の方針などが決めれず行動に移すことができませんでしたが、今回のイベントに参加して自分が出来ることを最大限やって今後の糧にしてやろうというやる気がでてきました。

関連イベント

@金沢学生のまち市民交流館

webページ

@金沢学生のまち市民交流館

webページ

@石川県留学生交流会館

webページ

トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラムとは?

文部科学省が主導する官民協同の留学支援制度です。

文部科学省により、意欲と能力がある全ての若者のための留学促進キャンペーンとして2013年にスタートしました。
2020年までに大学生と高校生の海外留学数の倍増を目指すための主な取り組みのひとつが「官民協同海外留学支援制度〜トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム〜」。
支援企業・団体の寄付により留学支援金を提供することを通じ、オールジャパンで世界で活躍できる人材を目指しています。