""でストレス・個性を可視化!

激動の時代、組織の
飛躍的成長を実現する
1on1メンタリング

前代未聞のコロナウィルスによる経営環境の激変

コロナショック、働き方改革など、変化に対応しようと新しい仕組みが生まれ、組織や働き方も急激に多様化する昨今。一方で、個人が置いてきぼりの状況が顕在化
企業成長のためには社員の心理的安全性の確保や、エンゲージメント向上への取り組みが不可欠。企業の生産性をあげ、事業成長を実現するには、プロのパートナーが必要です。

1on1メンタリング ”Voice”とは?

コロナショックにより
働き方が劇的に変わる時代。

組織と個人の相互成長に
伴走するパートナー

HCM(Human Capital Management)

社員を重要な経営資源と捉え、能力を最大限に活用し、継続的な人材開発を進める手法。Voiceでは、個人の心理的安全性が達成され、個人のキャリアと組織のビジョンとが擦り合っていくことにより、個人と企業の相互成長が達成されると考えます。

能力の発揮とやりがいの融合を目指し、業界初声の周波数によってストレス、個性等を定量的に可視化・分析。定期的な1on1メンタリングを通して心理的安全性を確保し、目標に対する意思決定プロセスを支援します。メンタル面も含めて個人を統合的に把握し、エンゲージメントを高め、組織との良好な相互関係を実現します。

人事・管理職の皆さま、
こんなお悩みありませんか?

在宅勤務やテレワーク、出向や育休明けなど、多様化する働き方のマネジメントに苦戦している
コロナショックにより、オフィスの必要性働き方組織のあり方について再考する必要がでてきた。
受けてきたマネジメント手法が若手に通用せず、コミュニケーション方法がわからない。
テレワーク化が進んでいくも、社員の心理的安全性の確保や、エンゲージメント強化の手法がわからない。
上司部下面談や1on1を取り入れてみたものの属人的でコントロールできず、イマイチ効果が感じられない
コロナウィルスやオリンピック延期の影響で、働き方が激変するも、社員へのフォローが追いついていない
テレワーク化が進んでいくも、社員の心理的安全性の確保や、エンゲージメント強化の手法がわからない。
そんなあなたに

社外1on1メンタリング Voice 

ここが違う!

サービスの特徴

1万名のデータに基づく
最先端技術「声紋分析」
物理学・心理学の研究者の10,000名の研究データを元に、「声」の周波数から個人の特徴や特性、職業適性や、ストレス、体調の状況を分析、可視化。声でデータを定量化することで、今まで見えていなかった面談を可視化します。
キャリアコンサルタント
国家資格者安心のクオリティ
国家資格キャリアコンサルタント有資格者、人事領域の実務3年以上を有する、知識と実務のプロフェッショナルのみ厳選在籍。クオリティコントロールに重きをおき、さらに独自の評価基準をクリアしたメンバーが、研鑽を重ねています。
定性・定量的なデータから
みる本質的な組織開発

個人の力量頼みで見えなかった面談を、「声」というデータを元に可視化。メンバーのポテンシャルや特技、悩み等をもとに、最適な組織配置の見直しや、組織全体の活性化に向けた改善提案と、実行をサポート。

定性・定量的なデータから
みる本質的な組織開発

個人の力量頼みで見えなかった面談を、「声」というデータを元に可視化。メンバーのポテンシャルや特技、悩み等をもとに、最適な組織配置の見直しや、組織全体の活性化に向けた改善提案と、実行をサポート。

対象者別活用イメージ

マネージャー層の業務改善・スキルアップ
コロナショックにおける在宅勤務により、一気にマネジメントの幅が拡大。
自身の業務に加え、組織マネジメントや、部下のキャリア開発・メンタルサポート・評価など、業務が集中するマネージャー。自身が受けてきたマネジメント手法もなかなか通用しない…。

社内外の専門知識が必要なメンタル領域、目標をいかに達成させるかといったコーチング的要素など、専門的なことはプロに相談しつつ、組織全体の結果を最大化。
若手リーダー・新卒の育成 

コロナショックによりテレワーク化が加速。社内コミュニケーションが減り、オンライン越しにプライベートな相談をするのは気が引ける。一方で社外の情報が更に入るようになり、漠然と不安を抱えるように。

Voiceで定期的に悩み相談をすることによって、心理的安全性も保ち自身の成長実感を持ちながら会社へのエンゲージメントも高まり、仕事もより意欲的に組めるように

多様な働き方で不安を抱える方のサポートに

育休、産休、出向や、テレワーク、多様な働き方に切り替わっている皆さん。コロナ明けなどでいざ復帰となると、自分の居場所があるのだろうか?という不安でいっぱいに。

事前に悩みを聞いてもらいながら仕事ができることで、遠隔での業務の間もエンゲージメントを保ちながら、復帰時のスムーズなオンボーディングの実現へ。

内定者学生の意向上げやフォローに

コロナ不安を受け、内定を保有しながら選考を受け、 承諾が取り切れない状況が加速。一方オリンピック延期により、22卒採用がピークシーズンに被ることに…。より早期母集団形成のニーズが高まり、業務が追いつかずイレギュラー対応に追われる日々が加速。

Voiceで心理的安全性を確保した丁寧なフォローにより、細かな悩みの吸い上げや、入社イメージを想起させ、辞退者を最低限に

人事の方の多様な働き方のマネジメントに

コロナショックにより、組織のあり方についての見直しに迫られる人事の皆さん。
オフィスの必要性の再考、今後のテレワークのあり方、社員のエンゲージメント向上や、組織強化、採用戦略等、今後の組織開発について再検討する必要性に迫られてきた。

個人のエンゲージメント向上や、課題の吸い上げはプロフェッショナルと現場に任せ、課題改善に集中して着手することで、効率的に組織を活性化

多様な働き方で不安を抱える方のサポートに

育休、産休、出向や、テレワーク、多様な働き方に切り替わっている皆さん。コロナ明けなどでいざ復帰となると、自分の居場所があるのだろうか?という不安でいっぱいに。

事前に悩みを聞いてもらいながら仕事ができることで、遠隔での業務の間もエンゲージメントを保ちながら、復帰時のスムーズなオンボーディングの実現へ。

こんなときだからこそ、組織、福利厚生のあり方の見直し。

本当に社員のためになる、福利厚生の見直しに活用

今回のコロナショックを機に、旅館等のあまり使っていない福利厚生サービスを見直しを行っている。今、顕在的に必要なものとして、またこれからの働き方に必要な新しい福利厚生の1つとして、導入を検討。

コロナ明け、組織の働き方を見直すデータ収集として活用

コロナショックにより、オフィス勤務の必要性を再考。それとともに社員の抱えうるストレスも顕在化してきた。こんな状況下だからこそ、組織開発の貴重なデータとして社員の状況を把握し、今後の組織運営の方針を検討したい

コロナ明け、組織の働き方を見直すデータ収集として活用

コロナショックにより、オフィス勤務の必要性を再考。それとともに社員の抱えうるストレスも顕在化してきた。こんな状況下だからこそ、組織開発の貴重なデータとして社員の状況を把握し、今後の組織運営の方針を検討したい

導入から運用までの流れ

Step
1
ゴールを整理

★初回アポ〜導入決定(1〜2週間程度)
✓企業としてのHCM方針のすり合わせ。
✓企業、社員ともに達成されるべきゴールを整理
✓ゴール指標の設計   
 ex) 離職率、内定辞退率、サーベイへの影響、ストレス検査の影響、マネージャーの労働時間、組織目標に対する達成度、個人目標に対する達成度等

Step
2
導入スケジュール確定

★導入決定〜社内周知(1週間程度)
現状と、貴社組織の動きから、実施に向けてのスケジュールのすり合わせをさせていただきます。
実施開始時期、対象者、実施期間等、既に実施している組織開発の仕組みと掛け合わせて、1番良い運用方法を検討します。

Step
3
1on1メンタリング実施

★対象者&導入スケジュール確定〜実施(1週間程度)
✓声紋分析による担当者の選定
 対象者の属性や、特徴などをヒアリングさせていただいたり、声の周波を取らせていただいて、最適な担当者をアサインさせていただきます。
✓定期的に面談を開始
 実際に受けた方の定性的な情報、声の周波による体調やストレスの変化等の定量的な情報を見ながら、個別の悩みに寄り添い、ご自身がより良く働くための目標を検討します。

Step
4
振返り〜組織開発

★実施〜導入してみての振り返り(月次)
✓定性・定量的なレポーティングと、組織開発設計
 実施によってわかったこと等を元に組織をさらに良くしていくための施策を検討していきます。

Step
2
導入スケジュール確定

★導入決定〜社内周知(1週間程度)
現状と、貴社組織の動きから、実施に向けてのスケジュールのすり合わせをさせていただきます。
実施開始時期、対象者、実施期間等、既に実施している組織開発の仕組みと掛け合わせて、1番良い運用方法を検討します。

こんな企業様にオススメ

  • マネージャーの負担が大きく、業務過多で、きめ細かなマネジメントに手が回っていない
  • 社員のエンゲージメント向上に真剣に取り組み、心理的安全性の確保に役立てたい。
  • 面談が属人的で、定量的に可視化できる指標がほしい。
  • 若手のマネジメント手法を模索しているが、良い手段が見つからない。
  • 在宅、リモート、育休産休、出向等多様な働き方が増え、マネジメントの範囲が拡がってどのようにコミュニケーションをとればよいかわからない。
  • 人事部も人数が限られており、コロナショックのフォローに苦戦している。
  • 面談が属人的で、定量的に可視化できる指標がほしい。

料金

料金について

人数やプランに応じます。お問い合わせください。

よくある質問

よくある質問について
Q
詳細を知りたいのですが、どうしたら良いでしょうか?
A
A. 以下のお問合せフォームまでご連絡ください。弊社担当者よりご連絡させていただきます。
Q
導入最短期間や価格を教えてください。
A
データをしっかり取り、PDCAをまわして成果をご実感いただくためにも、基本的には導入期間は3ヶ月〜でお願いをしております。価格は従業員数、契約プランによって異なりますので、まずは気兼ねなくお問い合わせください。
Q
どれくらいの規模の組織から導入できるのですか。
A
基本的に数十名以上〜の組織に効果を発揮するサービスです。現在のお客様は数十名規模から数千名規模と様々な規模の組織で、リーダー陣のリーダーシップ力の向上や組織全体のコミュニケーションの活性化等に取り組んで組織の成果に繋げたいとお考えの方に導入していただいております。
Q
導入最短期間や価格を教えてください。
A
データをしっかり取り、PDCAをまわして成果をご実感いただくためにも、基本的には導入期間は3ヶ月〜でお願いをしております。価格は従業員数、契約プランによって異なりますので、まずは気兼ねなくお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

お気軽にお問い合わせください!担当者が誠意ご連絡させていただきます。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。

会社概要

運営会社について
会社名 株式会社Crepe
住所 東京都品川区西五反田8丁目2−12
アール五反田7A
詳細
info@crepeinc.jp
住所 東京都品川区西五反田8丁目2−12
アール五反田7A