今年2月にオープンしたばかりの洗練されたモダンラグジュアリーが堪能できる芦屋ベイコート倶楽部。

完全会員制で会員と会員のゲストしか中に入ることはできません。

今回は会員の洲山先生がお招きくださり、ゲストとして関西中高年協同組合の仲間と宿泊して来ました!

普段は見ることのできない贅沢を極めた空間を紹介します。

ベルガールに荷物を預け、いよいよホテルの中へ。
ホテルの入り口はメタリックの扉で、壁のように見えます。開くのかなと不安になりましたが、扉の前に立つとスーと横に開きました。
 
中に入るとまず風除室が廊下になっていて、
少し歩きます。

この廊下が現実の世界から、
非日常空間へのトンネルになっています。

廊下の先にもう一つメタリックの扉があり、
その扉がスーと開いたときに目に飛び込んできたのは・・・
 
胡蝶蘭が
ふんだんにあしらわれたスタイリッシュな空間。

入って右手にフロント、左手にソファーがあります。
一面ガラス張りで左右どちらも海が見えます。

 

玄関から少し狭い廊下を歩いた後に
いきなり目の前に明るく開放的な空間が広がり、
あっと驚かされました。

最初ホテルの玄関扉がガラスでなかったが意外でした。

今まで、ホテルの入り口はガラスというイメージが
あったからです。

メタリックの扉は外から中が見えません。
 
高級感を醸し出すとともに
扉が開いたときのサプライズ効果を
高める演出だと思いました。

ロビーに入るとソファーに案内されました。

事前に宿泊者名と部屋割りをホテルから
聞かれていたので、
 
フロントでチェックインする必要もなく、
すぐに人数分のカードキーを持ってきて下さり、
スムーズに部屋に入ることができました。
お部屋は2ベットルームのロイヤルスイートです。
広いリビングと独立したベットルームがあります。
 
広い浴室には、2つの洗面台の他、トイレ、
ジャグジー
シャワースペース
(トイレの横のガラス張りスペース)
があります。
 
誰かお風呂に入っていたら、トイレに行けないのかと
心配したら、ちゃんともう一箇所トイレがありました。

ジャグジーは、湯船の中のライトをつけると
お湯がピンクや緑に染まる仕掛けもありました。

ホテルの一番端にあるスイートルームは
ロイヤルスイートよりさらに豪華なお部屋です。
ホテルについて一息したらお待ちかねの夕食です。
芦屋ベイコート倶楽部には和食、中華、イタリアン
の3つのレストランがあります。
 
今回はイタリアンのディナーを頂きました。

イタリアンレストランのシャンデリアは
花火みたいで、きれいでした。

味はもちろん、見た目も美しいお料理でした。
美味しいワインも頂いて、話もはずみます。
この日は島田さんのお誕生日でしたので、
みんなでお祝いしました。

島田さんのデザートに
ハッピーバースデーのプレートが。


ゆっくり歓談しながらディナーを楽しんでいると
暗くなってきました。
 
夜もライトアップされて、とてもロマンチックな雰囲気です。

食事の後はプレミアムスイートルームに集合。
吹く風も心地よく、バルコニーからの夜景を
楽しみました。


芦屋ベイコート倶楽部はスパ、プール、ジムと
スパ施設が充実しています。

3000円+税・サでチェックアウトまで使い放題です。

ナント、スパ専用のエレベーターがあります。

部屋からバスローブ、スリッパでスパに行けるのは
うれしいです。

朝食は洋食と和食の2パターンあります。
朝から豪華です。

チェックアウトは12時なので
朝もスパに行く人、お部屋でお仕事する人、
それぞれゆっくり過ごすことができました。

最後に記念写真をパチリ。

こんな素敵な時間を過ごさせて下さった
洲山先生に感謝です。

コンシェルジュにタクシーを呼んでもらって出発です。
「安全運転で参ります」とタクシーの運転手さんも
とても丁寧な対応です。
 
来るときは芦屋駅にいたタクシーだったので、
普通の対応でした。

ホテルから呼んでもらったタクシーは運転手さんも
教育されているのだなと思いました。
長い白い道をタクシーはゆっくり走ります。

その間、芦屋ベイコート倶楽部での楽しかった余韻に
浸ることができました。


芦屋ベイコート倶楽部はリゾートトラスト社が経営する
ホテルの中でも最高ランクのホテルです。

大理石の床やガラス張りの明るいロビーや客室。

いたるところに生のお花が豪華に飾られ、

家具、絵、調度品も選び抜かれた
こだわりが感じられるものばかりでした。

ホテルスタッフもいつも笑顔で
丁寧に対応して下さいました。


これからこのホテルでどんな素敵な時間が
過ごせるのだろうという期待感の高め方、

ロビーや部屋に入ったときにあっと驚かせる
構造

サプライズ演出が素晴らしかったです。

エクシブの最高ランクのホテルということで、
こちらもかなり期待して行くわけですが、

その期待を上回るサービスと
おもてなしさすがでした。

 
芦屋ベイコート倶楽部の、
「お客様の期待をいかに超えて、
顧客満足に繋げるか」という
取り組みはとても勉強になりました。

大好きな仲間とともに過ごすことができた、
豪華な非日常空間での経験をお仕事に
活かしていきます。

洲山先生、
ご一緒して下さった皆様、ありがとうございました。

今回残念ながら諸事情で参加できなかった方、
また親分が素敵な企画を考えて下さって
いますので、またご一緒しましょう。

読んで下さってありがとうございました。