ヒッポファミリークラブ横浜市泉区 TEL. 0120-557-761(平日9:00-17:30)
わたしたちは、誰でもいくつでも
ことばを自然習得する環境つくりをしています
ヒッポファミリークラブ横浜市泉区
(ウィズミーファミリー)
横浜市泉区で、身近な国際交流を一緒に楽しみませんか!
メンバー随時募集中!

Infomation

♪ワークショップでは・・・

「多言語、ことばが豊かに育つ環境」についてわかりやすくお話します。また、実際にいろんなことばを聞いたり、話してみたり、多言語の場を体験できます。子ども~多世代の体験談やホームステイ交流の体験談なども聞けます。お一人でもお子さんとご一緒でも、お気軽にご参加ください!

多言語で世界につながろうプロジェクトについて

編集画面では動画は再生されません。

ことばを歌おう!~多言語活動の魅力に迫る~

2018年9月にBS朝日にて放送されたヒッポファミリークラブの番組を元に、『ことばを歌おう!』として、6分のショートバージョンになりました。

動画はこちら

日曜日の夕方もヒッポの多言語活動を行っています。

平日の夜はなかなか参加しにくいご家族にも参加できるように、 
日曜日の夕方に「Sundyウィズミーヒッポ」を開催することにしました。
ぜひ、「Sundyウィズミーヒッポ」も楽しみましょう!

 

2019年4月~2019年6月のSundayウィズミーヒッポのスケジュール

(2019年4月)

  •  7 日()17:30~19:00 テアトルフォンテ  (横浜市泉区民文化センター)創作室
  • 21日()17:30~19:00 テアトルフォンテ  (横浜市泉区民文化センター)創作室

 (2019年5月)

  • 12日()17:30~19:00 テアトルフォンテ  (横浜市泉区民文化センター)創作室
  • 19日()17:30~19:00 テアトルフォンテ  (横浜市泉区民文化センター)創作室

 (2019年6月)

  •  9 日()17:30~19:00 テアトルフォンテ  (横浜市泉区民文化センター)創作室
  • 30日()17:30~19:00 テアトルフォンテ  (横浜市泉区民文化センター)創作室

申込はこちら

ヒッポファミリークラブの活動
について動画でご紹介しています。 
多言語活動(社会人編) 
私には世界中に友だちがいる。
横浜市泉区の活動スケジュール 
随時、多言語活動を体験できます。
横浜市泉区の活動スケジュール 
随時、多言語活動を体験できます。
人間はもともと、人間のことばを 
誰でもいくつでも話せる能力を持っています。
人間のことばの自然習得・・・赤ちゃんの方法
日本で生まれ育った私たちは、いつの間にか日本語を話すようになりました。自分で日本語を選んだわけでも、教室に通ったわけでもありません。ふり返ってみると、小さい頃、周りの人たちから日本語でことばをかけてもらい、日本語と共に育ってきたことに気づきます。また、ヨーロッパや、インド、アフリカなどたくさんのことばが飛び交う国の人たちも、周りで話されるいくつものことばを、自然に話せるようになっています。そして、このように複数のことばを話す人は、大人になってから出会うことばにも柔軟で、新しいことばを楽に習得しています。
人間は環境のことばを誰でもいくつでも話せるようになります。

人間はもともと「人間のことば」を話せるようになる能力をもって生まれてくるのです。このことは、○○語、□□語という表面的な違いの背後に、すべてのことばに共通の普遍的な基礎構造があるからだと考えられます。例えば、日本に生まれた赤ちゃんが、日本語を話すようになる時、家族や周囲の人たちの日本語に触れながら、人間のことばの基礎構造が育っていきます。5才くらいになってアメリカに移り住んだ子は、一年もすれば年齢相応の英語を話すようになります。それは、日本語を習得する時に育ったことばの基礎構造に支えられて英語が育つからです。そして同時に英語の側からも基礎構造が補強されていきます。多言語の人は、この構造がとても密になっているので、次のことばをあっという間に話せるようになるのです。
このように多言語になると、一つのことばではなかなか感じることができない真ん中の部分(人間のことばに普遍的な基礎構造)が豊かになっていきます。ヒッポでは、多言語の活動を通して、どんな人や国にも線をひかず、すべてのことばに開かれた心を持った人たちが育っています。

人間は環境のことばを誰でもいくつでも話せるようになります。

人間はもともと「人間のことば」を話せるようになる能力をもって生まれてくるのです。このことは、○○語、□□語という表面的な違いの背後に、すべてのことばに共通の普遍的な基礎構造があるからだと考えられます。例えば、日本に生まれた赤ちゃんが、日本語を話すようになる時、家族や周囲の人たちの日本語に触れながら、人間のことばの基礎構造が育っていきます。5才くらいになってアメリカに移り住んだ子は、一年もすれば年齢相応の英語を話すようになります。それは、日本語を習得する時に育ったことばの基礎構造に支えられて英語が育つからです。そして同時に英語の側からも基礎構造が補強されていきます。多言語の人は、この構造がとても密になっているので、次のことばをあっという間に話せるようになるのです。
このように多言語になると、一つのことばではなかなか感じることができない真ん中の部分(人間のことばに普遍的な基礎構造)が豊かになっていきます。ヒッポでは、多言語の活動を通して、どんな人や国にも線をひかず、すべてのことばに開かれた心を持った人たちが育っています。

ヒッポファミリークラブの多言語活動
Multilingual Immerse
多言語が聞こえる環境づくり

世界のことばが我が家に! まずは家の中で多言語CDを流してみましょう。「聞く」のではなく、「聞こえてくる」環境をつくり出します。キッチンで、リビングで、車の中や通勤・通学の時に…。2台、3台と複数の音源を用意すると、さらに楽しめます。ポイントは「Immerse~多言語に浸る」より自然に、より楽ちんに「聞こえてくる」多言語の環境づくりをします。


Multilingual Activity
多言語の公園(ファミリー)で遊ぼう!
毎週のファミリーは、主宰者であるフェロウ(研究員)を中心に、地域の仲間や家族などメンバーみんなでつくる多言語の公園。どんなことばも、たった一言でも温かく受け止めてくれる場です。

Transnational Exchange
世界の人たちと出会おう!
どんなことばにも、どこの国の人にも、心を開くことを大切にするヒッポのホームステイ交流。最初は小さなきっかけから、ひとつひとつ出会いを重ね、交流をつくってきました。海外には、約30の国や地域へ年間約1500人以上が海を越え、新しい家族や友だちと出会う旅に出かけます。国内では、120ヵ国以上から年間約5000人がヒッポのメンバー家庭にホームステイにやってきて、お客さまではなく、家族の一員として過ごします。ホームステイもファミリー活動の一環です。仲間と一緒に準備をして、いざホームステイへ!交流後もファミリーなどで何度も報告し、ことばと心を育てていきます。

Transnational Exchange
世界の人たちと出会おう!
どんなことばにも、どこの国の人にも、心を開くことを大切にするヒッポのホームステイ交流。最初は小さなきっかけから、ひとつひとつ出会いを重ね、交流をつくってきました。海外には、約30の国や地域へ年間約1500人以上が海を越え、新しい家族や友だちと出会う旅に出かけます。国内では、120ヵ国以上から年間約5000人がヒッポのメンバー家庭にホームステイにやってきて、お客さまではなく、家族の一員として過ごします。ホームステイもファミリー活動の一環です。仲間と一緒に準備をして、いざホームステイへ!交流後もファミリーなどで何度も報告し、ことばと心を育てていきます。

私達の活動にご興味のある方は、普段の多言語活動に随時体験いただけます。 
まずはお気軽にお問い合わせください