あれ?会社に行く必要ある?

ZoomやTeamsがあれば、会社にいなくても、十分仕事ができた。
通勤時間がなければ、朝もう少し遅くまで寝れるし、ラッシュに揉まれることもない。
子育てや介護で会社を時短しないで良いし、自由な時間で働ける。

気付いちゃいました?

  • 会社に行かなくても仕事はできる
  • 通勤ラッシュは嫌い
  • 朝、もう1時間遅く寝れる
  • 仕事を辞めずに田舎や海外で生活できる
  • 子育てや介護でも仕事を続けられる
  • 仕事を辞めずに田舎や海外で生活できる

もう通勤は必要ない


STAY HOMEのかけ声の下、「そんなんで仕事になるのか?」と疑いながら始めた在宅勤務。

やってみたら、意外に出来た。

そして思う。

「もう在宅勤務で良いのでは? 週1~2回、数時間出社するだけで、あとは在宅勤務 そうなれば、通勤ラッシュのツラい時間を過ごさずに 済む。子育てや介護で仕事を辞めなくて良い。」

やっぱ、良いよね。在宅勤務。

あれ、もしかして・・・

週1回会社に行くだけで良いなら、そもそも都会に住む必要ないのでは? 

でも、田舎に住むって、どうなんだろう?
いまの会社が週1回勤務を許してくれなかったら、田舎にはどんな仕事があるのだろう?
生活コストは? 家はどうやって探すの? 子育ては? 閉鎖的っていうけど、大丈夫かな?
そもそも、定住する必要もないか。
海外の都市を転々とする生活もできるかもしれないな。

でも、どうやって?

すでに都会を離れて生活している
先人達の話を聞いてみませんか?

開催概要

東京
名 称
~アフターコロナ~
いま都会に住む理由を考える
日 時 2020年6月6日(土)
場 所 Zoom
主 催 兼安 暁
参加費用 無料
問合せ https://www.facebook.com/events/2573204106266559/
問合せ https://www.facebook.com/events/2573204106266559/

タイムテーブル

9:30
イントロダクション
プログラムおよび講演者のプロフィール紹介をいたします。
10:00
リモートファースト時代にアップデートされる
働き方・暮らし方 尾原和啓 氏
Google/McKinsey/楽天執行役員として Google Hangout, i-modeなどリモートを加速するプラットフォーム立上げをやってきた話者が五年前にリゾートワーカーとしてバリ島・シンガポールをベースに変えた理由とみていた未来を通して コロナで加速するリモートファースト時代を俯瞰します
11:00
田舎での子育て、森暮らし、田舎のシェアハウス暮らし 朝重たかはる氏、米田信吾氏、小林希典氏
東京を離れ、それぞれの想いを胸に地方で活躍する3人に、田舎での子育て、暮らし、仕事などについて聞いていきます
12:00
長崎の山奥にある実家で在宅プログラマーをやってみて 江藤光 氏
長崎県出身。2016年より東京のエンタメ系企業でプログラマーおよびPdMとして従事。東京での生活に限界を感じ、2019年の末に長崎に帰郷。福岡で就職活動をしようと考えていた矢先に新型コロナが流行し、なし崩し的に在宅プログラマーに。
13:00
東京の中の大自然の中で生活してみた カルロス
あきるの市在住 東京DIYスクール校長
川崎出身。千葉を拠点としていたが、今年に入ってキャンプ場で囲まれた秋川渓谷沿いの朽ちかけた古民家を購入して移住。東京にある田舎の魅力とライフスタイルについて語ってもらう。
11:00
田舎での子育て、森暮らし、田舎のシェアハウス暮らし 朝重たかはる氏、米田信吾氏、小林希典氏
東京を離れ、それぞれの想いを胸に地方で活躍する3人に、田舎での子育て、暮らし、仕事などについて聞いていきます
14:00
旅をしながら暮らす、多拠点生活の魅力 三川璃子氏、坂本治郎氏、齋藤秀男氏、石井啓介氏
4人のゲストを招いて、みずから多拠点生活を送るせんとくんに、それぞれのライフスタイルと、多拠点生活の魅力について語っていただきます
15:00
東京の会社勤めを続けながら愛媛の田舎に移住 増田茂樹さん
愛媛県今治市在住
田舎暮らしに憧れ、2016年に関西から勤めていた会社をやめずに、リモートワーカーとして祖父母が暮らす大三島に移住。
1年暮らして、地域の高齢化と空き家問題をなんとかしたいと思い、古民家を改装してワークスペース付きの宿を2017年に開業。
現在も会社員をしながら副業で宿を経営しているリモートパラレルワーカー。
15:30
今がチャンス!好きな場所どこでも暮らせる自分作り Moeさん
タイのリゾート、タオ島に2011年から移住、2016年1月にコワーキングスペース TAOHUBをオープンさせ、世界中からのノマドの滞在をサポートしている。今年、秋田県三種町にコリビングスペースTANEHUBをオープンさせるMoeさんに、コワーキング、コリビングの魅力について語ってもらいます。
16:30
交流会
講演者・参加者、参加自由の交流会をやります!
18:00
クロージング
15:30
今がチャンス!好きな場所どこでも暮らせる自分作り Moeさん
タイのリゾート、タオ島に2011年から移住、2016年1月にコワーキングスペース TAOHUBをオープンさせ、世界中からのノマドの滞在をサポートしている。今年、秋田県三種町にコリビングスペースTANEHUBをオープンさせるMoeさんに、コワーキング、コリビングの魅力について語ってもらいます。

タイムテーブル別、講演者詳細

10:00~11:00 リモートファースト時代にアップデートされる
働き方・暮らし方

ゲスト:尾原和啓 氏
Google/McKinsey/楽天執行役員として Google Hangout, i-modeなどリモートを加速するプラットフォーム立上げをやってきた話者が五年前にリゾートワーカーとしてバリ島・シンガポールをベースに変えた理由とみていた未来を通して コロナで加速するリモートファースト時代を俯瞰します
インタビュアー:稲荷幹夫
東京と沖縄の2拠点生活を行う。
アクセンチュア出身。サイバード、KLab、レコチョクなどでCTOを歴任。沖縄にBPO事業を起業する傍ら、ITコンサルティング会社を経営。
インタビュアー:稲荷幹夫
東京と沖縄の2拠点生活を行う。
アクセンチュア出身。サイバード、KLab、レコチョクなどでCTOを歴任。沖縄にBPO事業を起業する傍ら、ITコンサルティング会社を経営。

11:00~12:00 田舎での子育て、森暮らし、田舎のシェアハウス暮らし

ゲスト:朝重たかはる 氏
長野県大町市在住 千年の森自然学校運営 旅行会社で世界中の辺境地をガイドしていたが、あるきっかけでツリーハウスの森の管理人を始める。現在、森の中に20以上のツリーハウスがある。
https://www.facebook.com/morinokurashinosato
ゲスト:米田信吾
長野県伊那市在住
東京出身。地域おこし協力隊員を経て、現在は長野の
企業に勤務。昨年こどもが生まれて、子育てスタート。
https://www.facebook.com/shingo.yoneda.10
ゲスト:キスケ
小林 希典
東京のITベンチャー5年働いた後起業しUターン。
実家から徒歩10分のシェアハウスに住む。
シェアハウスの内訳は地元民半数、移住者半数
https://www.facebook.com/KisukeKobayashi
インタビュアー:かねやすさとる
長野県飯山市、大町市、東京、その他の多拠点生活
DXコンサルタント。ジャワ島でゲストハウス経営。大町市に友人達と建てたツリーハウスで遊ぶのが最高の楽しみ。
https://www.facebook.com/skaneyasu/
ゲスト:米田信吾
長野県伊那市在住
東京出身。地域おこし協力隊員を経て、現在は長野の
企業に勤務。昨年こどもが生まれて、子育てスタート。
https://www.facebook.com/shingo.yoneda.10

12:00~13:00 長崎の山奥にある実家で在宅プログラマーをやってみて

ゲスト:江藤 光 氏
長崎県出身。2016年より東京のエンタメ系企業でプログラマーおよびPdMとして従事。東京での生活に限界を感じ、2019年の末に長崎に帰郷。福岡で就職活動をしようと考えていた矢先に新型コロナが流行し、なし崩し的に在宅プログラマーに。
インタビュアー:稲荷幹夫
東京と沖縄の2拠点生活を行う。
アクセンチュア出身。サイバード、KLab、レコチョクなどでCTOを歴任。沖縄にBPO事業を起業する傍ら、ITコンサルティング会社を経営。
インタビュアー:稲荷幹夫
東京と沖縄の2拠点生活を行う。
アクセンチュア出身。サイバード、KLab、レコチョクなどでCTOを歴任。沖縄にBPO事業を起業する傍ら、ITコンサルティング会社を経営。

13:00~14:00 東京の中の大自然の中で生活してみた

ゲスト:カルロス
あきるの市在住 東京DIYスクール校長
川崎出身。千葉を拠点としていたが、今年に入ってキャンプ場で囲まれた秋川渓谷沿いの朽ちかけた古民家を購入して移住。当日は、改装中の合間に出演してもらう予定。
https://www.facebook.com/kobayashi.katsuhiro
インタビュアー:かねやすさとる
長野県飯山市、大町市、東京、その他の多拠点生活
DXコンサルタント。ジャワ島でゲストハウス経営。大町市に友人達と建てたツリーハウスで遊ぶのが最高の楽しみ。
https://www.facebook.com/skaneyasu/

14:00~15:00 旅をしながら暮らす、多拠点生活の魅力

ゲスト:三川璃子(ミカワリコ) 氏
りこぴん無拠点女子
現在は家をなくし、全国の地方を転々としながら生活をしています。
会社を辞め、現在はフリーのWEBライター・イベンターとして活動中。
各地の魅力を記事にしたり、地方をPRする仕事をしています。
ゲスト:坂本治郎氏
里山ゲストハウス『天空の茶屋敷』代表長年の海外放浪の末に2015年、福岡県八女市黒木町の田舎へ移住、人とのつながりに恵まれ翌年には山奥の古民家を村長から譲り受け、それを有効活用して2017年より里山ゲストゲストハウス『天空の茶屋敷』を開業。
それ以降、観光客どころか人さえ来なかったところに、多くの人が集うようになり、地域のじいちゃんばあちゃんが元気になったり、移住者が増えたり、ここでカップルが増えたり、自分自身が悠々自適な生活をしながらも周りへのいい効果も生んでいます。
宿業を軸に、農業(お茶)、半自給自足、ガイド、地域で農業や山仕事をお手伝いしながら生計を立てています。
ゲスト:齋藤秀男氏
立命館アジア太平洋大学卒業
リクルート入社・退職
夜のクリーニング宅配会社「ヨルクリ」立ち上げ
株式会社ヌー 代表取締役
長崎の情報発信サイト「ボマイエ」の運営。
長崎市で現在1人だけの地域おこし協力隊。
琴海地区の魅力を発信&新たな魅力を作ります!
ゲスト:石井啓介氏
ソフトウェアエンジニア。
八ヶ岳の森の中(2018〜)/東京の蒲田(2016〜)/フィリピンのダバオ(2011〜)で多拠点生活。
専業禁止の理念を掲げている株式会社エンファクトリーに勤務(6月末で退職しちゃうけど)の傍ら、
フィリピンで地域開発の一環としてコーヒーを栽培し、輸出入、焙煎、コーヒーショップの運営なんかもしています。
7月からは八ヶ岳でIT支援を中心とした会社を設立して、地域創生に携わる予定。
最近はほぼ八ヶ岳、薪割りや土を耕す生活をしています。
インタビュアー:田中政敬氏
株式会社KabuK Style HafHコーディネーター
ニックネームせんとくんでお見知り置き下さい。ニックネームの通り実家が奈良。生まれは兵庫県西宮市、育ちは京都府長岡京市。
旅行業界で大阪•名古屋•東京と三大都市で20年間働き、東京の月島でAirbnb草創期に築100年の長屋宿管理人を行なっていた際に「人にとって本当に豊かな人生とは物心共に豊かな人生を生きること」という言葉に共感。地方での暮らしがより心を豊かにするとの思いから瀬戸内海の離島で3年間島お越しの仕事に従事したあと現職につき、昨年4月からは場所に捉われない働き暮らしを会社のサービスを使って実践。日本の地方を中心にリモートワークで拠点を持たない多拠点な生活を日本に留まらず世界をフィールドにしています。 
https://www.facebook.com/masataka.tanaka.1232
ゲスト:坂本治郎氏
里山ゲストハウス『天空の茶屋敷』代表長年の海外放浪の末に2015年、福岡県八女市黒木町の田舎へ移住、人とのつながりに恵まれ翌年には山奥の古民家を村長から譲り受け、それを有効活用して2017年より里山ゲストゲストハウス『天空の茶屋敷』を開業。
それ以降、観光客どころか人さえ来なかったところに、多くの人が集うようになり、地域のじいちゃんばあちゃんが元気になったり、移住者が増えたり、ここでカップルが増えたり、自分自身が悠々自適な生活をしながらも周りへのいい効果も生んでいます。
宿業を軸に、農業(お茶)、半自給自足、ガイド、地域で農業や山仕事をお手伝いしながら生計を立てています。

15:00~15:30 東京の会社勤めを続けながら愛媛の田舎に移住

ゲスト:増田茂樹 氏
愛媛県今治市在住
田舎暮らしに憧れ、2016年に関西から勤めていた会社をやめずに、リモートワーカーとして祖父母が暮らす大三島に移住。
1年暮らして、地域の高齢化と空き家問題をなんとかしたいと思い、古民家を改装してワークスペース付きの宿を2017年に開業。
現在も会社員をしながら副業で宿を経営しているリモートパラレルワーカー。
インタビュアー:かねやすさとる
長野県飯山市、大町市、東京、その他の多拠点生活
DXコンサルタント。ジャワ島でゲストハウス経営。大町市に友人達と建てたツリーハウスで遊ぶのが最高の楽しみ。
https://www.facebook.com/skaneyasu/

15:30~16:30 今がチャンス!好きな場所どこでも暮らせる自分作り

ゲスト:Moeさん
タイ王国タオ島と秋田の2拠点生活

タイのリゾート、タオ島に2011年から移住、2016年1月にコワーキングスペース TAOHUBをオープンさせ、世界中からのノマドの滞在をサポートしている。

今年、秋田県三種町にコリビングスペースTANEHUBをオープンさせる。世界中からのリモートワーカーと日々を過ごし、ご自身もリモートで働くデザイナーとして活躍してきたMoeさんに、自分のキャリアを活かし自分らしく好きな場所で暮らしていける自分つくりを準備するヒントを学ぶ。

地方の空き家で、ノマド・リモートワーク・ワーケーション・多拠点居住の人たちを受け入れるためのヒントもシェアしていただきます。
インタビュアー:田中政敬氏
株式会社KabuK Style HafHコーディネーター
ニックネームせんとくんでお見知り置き下さい。ニックネームの通り実家が奈良。生まれは兵庫県西宮市、育ちは京都府長岡京市。
旅行業界で大阪•名古屋•東京と三大都市で20年間働き、東京の月島でAirbnb草創期に築100年の長屋宿管理人を行なっていた際に「人にとって本当に豊かな人生とは物心共に豊かな人生を生きること」という言葉に共感。地方での暮らしがより心を豊かにするとの思いから瀬戸内海の離島で3年間島お越しの仕事に従事したあと現職につき、昨年4月からは場所に捉われない働き暮らしを会社のサービスを使って実践。日本の地方を中心にリモートワークで拠点を持たない多拠点な生活を日本に留まらず世界をフィールドにしています。 
https://www.facebook.com/masataka.tanaka.1232

16:00~18:00 交流会

講演者・参加者交えての交流会

コアメンバー紹介

かねやすさとる
DXコンサルタント。ジャワ島でゲストハウス経営。大町市に友人達と建てたツリーハウスで遊ぶのが最高の楽しみ。
稲荷幹夫
アクセンチュア出身。サイバード、KLab、レコチョクなどでCTOを歴任。沖縄にBPO事業を起業する傍ら、ITコンサルティング会社を経営。
米田信吾
横浜から長野県に移住して3年目。県内で何度か仕事と住む場所を転々とするも、現在は伊那市でごく普通のサラリーマン生活。
在宅勤務しながら、子育てしたり、庭の畑をいじったりの田舎ライフ。
田中政敬
株式会社KabuK Style HafHコーディネーター
ニックネームせんとくん
ニックネームの通り実家が奈良。生まれは兵庫県西宮市、育ちは京都府長岡京市。
旅行業界で大阪•名古屋•東京と三大都市で20年間働き、東京の月島でAirbnb草創期に築100年の長屋宿管理人を行なっていた際に「人にとって本当に豊かな人生とは物心共に豊かな人生を生きること」という言葉に共感。地方での暮らしがより心を豊かにするとの思いから瀬戸内海の離島で3年間島お越しの仕事に従事したあと現職につき、昨年4月からは場所に捉われない働き暮らしを会社のサービスを使って実践。日本の地方を中心にリモートワークで拠点を持たない多拠点な生活を日本に留まらず世界をフィールドにしています。
稲荷幹夫
アクセンチュア出身。サイバード、KLab、レコチョクなどでCTOを歴任。沖縄にBPO事業を起業する傍ら、ITコンサルティング会社を経営。

このイベントを開催した理由

コロナ禍のなか、世の中がSTAY HOMEの呼びかけによって、在宅勤務をする人が増え、Zoomによるオン飲みが流行りはじめました。個人的にも、リアルなイベントが急遽オンラインイベントに変更されたり、クライアントとの打合せはすべてTeamsになりました。
こうした新たな機会によって、気づいたことが3つあります。どれも、新たな可能性を拓いてくれました。

ひとつは、意外にオンラインでも仕事が回るということです。ブレストはやりづらいですが、多くの人が実感しているのではないでしょうか? 会社に行かなくても良いのでは?と思ったのはこの発見が大きいです。

そしてふたつめは、遠距離にいる人との関わりが増えたということです。リアルなイベントや飲み会では、そこにいる人としか会って話すことができませんでしたが、オンラインになることで全国から、あるいは海外から参加する人達が半数以上を占めることもありました。

みっつめは、その裏返しで、地方や海外に住んでいる人が、いきなりアクセスできるマーケットが広がったような気がします。これまでもSNSで地理の壁を越えて交流は広がっていましたが、Zoomなどで同じ場を共有することで、グッと近づいた気がします。むしろ、どこからアクセスしているのかが気にならないくらいです。

このイベントは、このような新しい可能性にわくわくしているあなたのような人達と繋がりたい。そして、この可能性をもっと追求したい。そうすることによって、大きく変化している時代のうねりの先頭にいれるのではないか。そんな思いでやることにしました。

これを見ているあなたは、きっと同じように感じていると思います。あなたも、このイベントをきかっけに、私たちと一緒に、新しい時代を切り拓いていきませんか?