歯の黄ばみで悩んでいる方必見

若い頃は気にならなかったのに、最近歯が黄ばんできた気がする...歯の黄ばみが気になって自分に自身が持てない。そんな方は多いのではないでしょうか。そんな方に向けて、歯の黄ばみの原因と対策を解説していきます。

そもそも歯の黄ばみの原因とは?

チョコレートを口に含む女性

原因その1 飲食物による黄ばみ

食事によって歯の表面のエナメル質が着色され、汚れが蓄積されることによって黄ばみになります。黄ばみの原因になりやすいものとして、コーヒーや紅茶は有名ですが、それ以外にもカレー、赤ワイン、チョコレート、ケチャップ、醤油などがあります。
またコーラなどの炭酸飲料も要注意。「歯の表面を溶かす」と言われる炭酸飲料と上記の食材を一緒に摂取することによって、より歯が黄ばみやすくなってしまいます。

タバコを吸う女性

原因その2 タバコによる黄ばみ

タバコも歯の黄ばみの原因として有名ですよね。喫煙者の歯が黄色くなりやすい原因はタールによるものです。保健の教科書などで、非喫煙者の綺麗な肺と喫煙者の真っ黒な肺を比較した写真を見たことがある人は多いのではないでしょうか。あの黒色はタールによるもので、歯が黄ばみやすくなるのは当然と言えそうですね。

虫歯で悩んでいる男性

原因その3 虫歯による黄ばみ

虫歯も歯の黄ばみ・変色の原因となります。虫歯の初期段階では、「脱灰」という歯の表面からカルシウムとリンが溶け出す症状が原因で歯が茶色くなっていきます。

原因その4 加齢による黄ばみ

歯の表面にあるエナメル質で覆われている象牙質は、肌と同じように歳をとるにつれて段々と色が濃くなっていきます。この象牙質を覆っているエナメル質が普段の食事で磨耗して薄くなり、象牙質の色を透過するようになることで歯が黄色く見えてしまいます。

原因その5 銀歯などの詰め物が劣化したことによる黄ばみ

虫歯治療で扱われる銀(正確には銀を含んだ合金)や樹脂(コンポジットレジンなど)は時間がたつと劣化し変色していきます。

原因その6 歯の神経が死んでいることによる黄ばみ

歯の神経である歯髄が死んだり、虫歯の治療で神経を抜いたりすると栄養がいかなくなり歯の黒ずみに繋がることがあります。

ちょっとした意識でできる黄ばみ予防

歯の黄ばみを予防する効果的な対策には、普段ちょっと意識するだけで出来ることもいくつかあります。その代表的な3つの予防法を紹介します。

食後に歯を磨く女性

食後の歯磨き

そんなの当たり前だと思うかもしれませんが、お仕事のある平日の昼食後もやっている人は少ないのではないでしょうか。忙しい人もいるでしょうし、今までやっていなかった事を習慣づけるのは案外難しいものです。そんな方は、食後に口をゆすぐだけでも試して見ると良いですよ。ベストはもちろん、しっかりと歯磨きをする事ですが、口をゆすぐだけでも口内環境の改善に繋がります。

食物繊維を多く含む食べ物を食べる

食物繊維に含まれる繊維質は最近のエサになりにくく、歯の表面に付着した汚れをすりおとす効果があるとされています。
野菜以外にも、ガムをよく噛むことで唾液の分泌を促すことも有効な黄ばみ対策に繋がります。

食物繊維を多く含む野菜

口呼吸ではなく鼻呼吸をする

普段口で呼吸をしている人は要注意です。口呼吸をすることによって、口内の唾液の量が減り、歯に付着した汚れを落としにくくなります。また唾液の不足は、歯の黄ばみ以外にも口臭の原因にもなりえるので、普段から鼻呼吸を意識してみてください。

結構やばいかも...歯の黄ばみについての意識調査

歯が黄ばんでいる人はモテ度が低い!?

アンケートサイト『Qzoo』(http://qzoo.jp/)「歯の白さに関する意識調査」によると、黄ばんだ歯は男女ともに実年齢+3才老けて見える、清潔感が感じられないなど、散々な印象を見る人に与えるそうです。

上の写真を見ると確かに、歯が黄ばんでいるのといないのではかなり受ける印象が違いますね...

出典:ガジェット通信|【調査】歯が黄ばんでいると「老ける・仕事で低評価・モテない」と人生マイナスだらけ!(http://getnews.jp/archives/690912)

歯の黄ばみを除去する為の治療法

ホワイトニング用の歯磨き粉

ホワイトニング用の歯磨き粉を買う

最も手軽な黄ばみ対策は、ホワイトニング効果のある歯磨き粉を使うことです。歯の表面をなめらかにしつつ、黄ばみのもととなる着色汚れを付きにくくさせる効果が期待できるので有効な対策と言えます。軽度の黄ばみだったらこの対策で問題ないですが、人によってはブラッシングだけでは黄ばみが落ちにくいこともあります。

歯をセラミックでコーディングする

セラミックは、砂や石を焼き固めた素材でできています。レジンなどのプラスチックの素材とは違い、色がつきにくいのが特徴で、長期間キレイな白い歯を保つことができると言われています。料金は使う素材や、施術する箇所によりますが、大体5万円から高くて50万円くらいを考えておくと良いと思います。

ホワイトニングのビフォーアフター

専門歯科でホワイトニングを受ける

最もオススメな歯の黄ばみ対策は、ホワイトニングを受けることです。歯医者でのホワイトニングは、専門の機材を使った施術を受けられるので、自宅でのホワイトニングよりも短期間でホワイトニング効果を実感できます。2万円から5万円程度で受けられるので、1年に一回程度なら気軽に背術を受けられる料金なのもオススメできるポイントですね。

ここまで歯の黄ばみに関する原因と対策について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

黄色人種である日本人は、白人や黒人と比べエナメル質の層が薄く、歯が黄色く見えやすい傾向にあります。しかし今の便利な世の中なら、ホワイトニングなどの即効性のある対策が手軽な値段でできるのも事実です。コンプレックスはいつまで抱えても仕方ありません。まずは専門の歯科で相談することから始めてみてはいかがでしょうか。