ホワイトIT企業への転職 

大手ブラック企業からホワイトIT零細企業に
転職しての実感とアドバイス

転職出来る準備

会社や職場に満足していても転職出来る準備を進めておくことが必須の時代になっている

現在は会社や職場に満足している会社員も常に転職出来る準備を進めておくことが必須の時代になっています。一度正社員として会社に就職すれば定年の年齢まで勤め続けることが当たり前という時代は、もう完全に終わってしまっているのです。

なぜ常に転職出来る準備を進めておくことが必須なのか、それは現在の日本は急激な社会変化の中で一寸先は闇の時代に突入しているからです。

たとえ現在働いている職場の労働環境や給与や待遇に満足していたとしても、技術革新によって急激にシェアを奪われ会社の経営が悪化したり破綻するかもしれない、またはAI(人工知能)の業務への導入によって仕事を奪われてしまうかもしれない、それによって大規模な人員削減や大幅な給与カットが行われたり待遇が悪化するかもしれない。

この様に激変の時代である現在では、たとえ現在は好調で経営の安定した大企業に勤めていたとしても一寸先は闇の状態なのです。


万が一に備えいつでも動ける様に準備をしておくしかない

この様な一寸先は闇の激変の時代で私達がなすべきことは一体何でしょうか。それは万が一の状況に備え、いつでも動ける様に準備をしておくことです。

たとえ将来安泰に思える大企業に正社員として勤めていようが、現在は業績が好調で待遇や給与にも満足していようが、たった数年後であってもその安定や待遇が続いている保障はどこにもありません。

企業が業績悪化や経営不振に陥れば、大企業であっても大規模な社員の人員削減が断行され、給与が大幅にカットされることは不可避です。

そして現在の待遇や環境に安心し切り、全く転職出来る準備などしていないままに、この様な危機を迎えてしまったら一体どうなるか、そこには悲惨な現実が口を開けて待っています。



会社に勤めながら転職サイトに登録しておこう

この様な万が一の備えとして最も有効であるのが、会社に勤めて働きながら転職サイトに登録して、他の企業や他の業界での求人状況や労働市場での自分の市場価値をチェックしておくということです。

転職サイトへの登録は完全に無料な上に、ただインターネットで登録するだけですので非常にお手軽で簡単ですし、もしも結局転職サイトが必要の無いまま終わったとしても、登録と求人のチェックだけして転職しなければいいだけですので、登録にはリスクも全くありません。

会社員やサラリーマンであるなら、万が一の備えとして、そして激変の時代を生きるリスクヘッジとして、いつでも転職に向けて動き出せる様に無料で転職サイトへ登録をして労働市場での自分の市場価値をチェックしておくことをお勧めします。

転職で重視すること

転職で失敗して後悔しないためには、求人の給与だけではなく、休日数・労働時間などの待遇や労働環境を軽視せずにしっかりとチェックすることが重要です。


いくら給与が高くとも辛い仕事は結局長くは続けられない

年収1,000万円、月収が手取りで40万円など良い給与を得られる仕事の求人も多くありますが、いくら給与が高くとも、辛い仕事は結局長くは続けられません。

転職活動で高給の求人の採用を勝ち取り、「やった転職成功!年収が100万円アップしたぞ!」などと喜んだのもつかの間、結局仕事が辛くて数年で辞めることになり後悔する。

この様な転職の失敗事例が決して少なくないのです。

たとえいくら年収が800万円だとか1,000万円の給与の高い仕事だとしても、仕事内容が辛くハードで身体を壊したりなどして、数年しかその会社や職場に勤め続けられないのであれば、結局長い目で見ると多くの給与は得られません。

そして、そうやって転職先の会社を辞めた頃には、年齢も30代半ばなどの就職市場での旬の年齢を完全に過ぎてしまっており、結局最初の会社よりも低賃金の職場に再就職して働き続ける結果となってしまう。

給与や収入を上げる為に会社を辞めて転職をしたつもりが、結果的に自分の生涯賃金を下げる結末になってしまうのです。

ですので、ある程度の水準の給与を得られる仕事を選ぶということだけでなく、無理なく長く勤め続けられる仕事内容や労働環境の転職先を選ぶこと。これが転職で失敗して後悔しないために重要なことです。


中途採用をされる高給の仕事は基本的に非常にハード

ホワイト大企業への新卒採用での入社であれば、それほど仕事内容が大変ではなくとも勤め続ければそれなりの給与が得られる職場に勤めることも可能ですが、中途採用での高給な求人の仕事は基本的に肉体的にも精神的にも非常にハードです。

特に中途採用で年収1000万円超の給与となると、その職場や仕事内容の過酷さは想像を絶するレベルになります。


それなりの給与で無理なく勤め続けられる職場が一番無難

結局の所、余りに高収入を高望みせずに、それなりの給与で無理なく長く勤め続けられる職場を選ぶことが、転職先の選択としては一番無難です。

中には過酷な競争を勝ち抜き上のレベルに上がって行けるタフな方もいますが、世の中の大半を占める普通の方にとっては、中途採用で年収800万円や年収1,000万円などの高給を得られる様な仕事を続けることは、非常にハードルが高く難しいことです。

給与アップを狙って転職したものの余りにハードな仕事内容に耐えられず会社を辞めることになり、最終的には最初に勤めていた会社よりも給与が低く待遇の悪い会社に転職する結果となってしまう。

この様な転職の失敗事例は非常に多いですので、たとえ求人に書かれた給与が良くともすぐに安易に飛びついてしまわずに、それほど負担が大き過ぎず無理なく続けられる仕事であるかどうかというポイントは、軽視せずにしっかりとチェックすることを強くお勧めします。

もちろん、チャレンジ精神と男気と挑戦心に溢れる方で「火の中に飛び込んでも自分の力を試してみたい」という思いを強く持っているのであれば、その決断を止めることはしません。

しかし、会社を辞めて転職をする前に、本当に荒波に立ち向かっていくだけの覚悟を持っているかどうかは、自分に繰り返し問いかけるべきです。

ブラック企業を辞める方法

「ブラック企業を辞めたいのに辞められない」「仕事を辞めさせてくれない」「現場を辞めさせてくれない」そんな悩みを抱えて苦しんでいる方も非常に多いと思います。

「ブラック企業を辞めたいのに辞められない」という方がブラック企業を辞めるにはどうすればいいでしょうか。ブラック企業を辞めたいのに辞められない理由毎にブラック企業を辞める方法とアドバイスをまとめました。


生活するお金が無くてブラック企業を辞められない

ブラック企業を辞めたくとも「生活するお金が無くてブラック企業を辞められない」という理由で会社を辞めることの出来ない方は非常に多いのではないでしょうか。

貯金も全くないので、会社をやめて給与が途絶えてしまえば、食費も家賃も払えず生活が出来なくなってホームレスになってしまう。

この様な方は、ブラック企業だから給与が凄く安い→給与が凄く安いからお金も貯金も全くない→ギリギリの生活を維持する為にブラック企業を辞められない。

という地獄の永遠ループにはまり込んでしまっています。

この様な方がブラック企業を辞めて地獄のループをリセットして、ブラック労働の底辺から抜け出すにはどうすればいいのか。

それはズバリ、すぐにアパートを出て家賃のほとんど掛からないリゾートホテルの住み込みや寮付きの工場の仕事をして貯金を作ることです。

ブラック企業で働きながら、こっそりとこれらの仕事に登録して予定を組んでおき、給料日に給料を貰うと同時に会社を辞めアパートを出て、住み込み先のホテルや寮に移り住むのです。

そうすれば会社を辞めたために家賃も払えず生活に困るということはありません。

これらのバイトは非常に時給や給料が高いですし、住み込みや寮生活でほとんど家賃や食費が掛からずに生活出来ますので、数ヶ月で50万円などのまとまった金額の貯金を簡単に貯めることが可能です。

この様な仕事をしてまとまった貯金を貯めることで、ブラック企業の永遠ループから抜け出してまともな仕事を探すこの出来る時間的・金銭的な猶予を得て、人生の再起を図ることが出来ます。

パワハラや脅迫で仕事を辞めさせてくれない

ブラック企業を辞めたくとも「パワハラで仕事を辞めさせてくれない」「脅迫されて会社を辞められない」という理由で会社を辞めることが出来ずにいる方も多くいます。

普通に常識的に考えれば信じられないことですが、この現代の日本でも実際にその様なまるでヤクザの様な会社や経営者はまだまだ多く存在しているのです。

会社を辞めたいけど何をすればいいのか分からない

「ブラック企業を辞めたい!」とは言っても、「会社を辞めるには一体何をすればいいのか分からない」とお困りの方も多いのではないでしょうか。

会社を辞めて職を失い収入が途絶えてしまうと日々の生活も困難になってしまいますので、理想を言えば、現在の会社を辞める前に転職活動を進めて次の就職先を決めておくというのが最も安心で確実なステップです。

しかし、毎日会社に出社して忙しく働く会社員の方が、働きながら自分だけで無数にある様々な企業の求人情報を集め多くの応募書類を提出して転職活動を行うことは、現実には非常に困難だと思います。

そして会社の仕事の片手間で時間も余裕もない中でのいい加減な転職活動の結果、再びとんでもないブラック企業に転職してしまったら、元も子もありません。

かと言って会社を完全に辞めてしまってから転職活動を始めて次の職場を探すというのは、完全な無職期間や無収入期間が生じてしまうのでリスクが高い…

そこでオススメなのが、現在の会社で普通に働きながら、転職のプロが転職を手取り足取りサポートしてくれる「転職エージェント」に、あなたの転職活動をお任せしてしまうことです。

会社を辞めずに働きながら転職エージェントを活用すれば、あなたの満足する良い転職先が見つからなければ、転職を取りやめて現在の会社で働き続けることも可能ですので安心です。


苦痛から逃げる勇気と決断力と行動力が人生の幸福度を左右する

苦痛から逃げる勇気と決断力と行動力があるかどうか。それがあなたの今後の人生の幸福度を左右します。

1人の人間として幸せに生きて行きたいのであれば、苦しいことや辛いことからはあらゆる手を尽くし、そして努力を尽くして逃げてください。

その様に手を尽くして辛いことや苦しいことを自ら遠ざけた先に、苦痛の少ない幸福な人生があるのです。


辛いこと苦しいことから逃げるのが人間の正しい生き方

辛いこと苦しいことから逃げるのが人間の正しい生き方です。
そして、そのためにあらゆる手を尽くし工夫を尽くし知恵を絞って便利な道具や仕組みを発明し、高度な文明や科学やテクノロジーを発展させてきたのが人間の営みであり歴史です。

「辛いこと苦しいことから逃げるのが人間の正しい生き方だ」という考え方は、絶対的な正論であり人類や人間文明の本質であり人生の真理です。

ブラック企業の経営者を筆頭に、この正論を否定する人間は100%間違いなく社会の老害のゴミなので、その意見には一切耳を貸す必要はありませんし、幸福度の高い幸せな人生を送りたいと思うのであれば、そんな老害のゴミ人間には絶対に近寄ってはいけません。

ブラック企業の経営者や時代錯誤の昭和脳の老害が囁く「辛いことや苦労があっても我慢して続けていたら、いつか必ず報われる」とか言う甘い言葉は、シンデレラのおとぎ話や、昭和のドラマの「おしん」とかのフィクションの世界の中だけの話だと肝に銘じて下さい。

「辛い事から逃げること」「苦痛を避けること」「苦しいことを減らすこと」これは恥ずかしいことでも何でもなく、生物として当たり前の正しい行動です。

苦しいことや辛いことがあっても逃げようとせず、敢えて苦痛を避けずに向かって行くというのは、虫が目の前に燃え盛る炎に向かって自分から突っ込み焼け死んで行くようなものです。

その様な行為は立派でも勇敢でも偉くもなく、戦時中の日本の無謀な玉砕戦と同じただの思考停止であり、下等生物並みの愚かな蛮行であり、人類の進歩の原則に反する退化的で堕落的な行為です。

「辛いこと苦しいことから逃げるのが人間の正しい生き方」という人間文明の発展の本質を否定する退化的な思想の老害人間は、水道も電気も通っていない不便な山奥に住んで、人間を家事労働の苦労から解放するために発明された便利な電化製品も一切使わずに、川から水を汲んで、薪で火を焚いて料理をして、洗濯板で服を洗って暮らすべきです。

どうしようもない老害馬鹿の言うことなんか聞いて我慢を続けていると取り返しのつかない大変な結果になりますので、人生の苦労や苦痛からはあらゆる手を使って逃げ下さい。


苦しいことから逃げるには勇気と決断力と行動力が必要

しかし、苦しいことから逃げるには勇気と決断力と行動力が必要です。

この「行動力」には困難を乗り越える為の努力や根性なども含まれます。

人間らしく幸せに生きるためには、苦痛や苦労からは逃げなければなりませんが、その苦痛や苦労から逃れるための道程には山があり谷もあり、勇気と知恵と決断力と行動力と努力と諦めない根性で、様々な困難を乗り越える必要があります。

ここで勘違いしないで欲しいのは、「努力」や「困難への挑戦」であって、決して「苦労」や「苦痛を耐えること」ではないということです。苦労や苦痛は人生には不要な可能な限り避けるべき要素です。

行動を起こす勇気もなく努力をする根性もなく、酒などに溺れて憂さを晴らして現実逃避しているだけの人間は、本当に苦しいことや辛いことからは逃れることは出来ません。

現実逃避はほんの一時的に苦痛を紛らわすだけの無意味で虚しい行為であり、現実逃避をしている間も実際には全く苦痛を遠ざけることなど出来ていません。

現実逃避で気付かないふりをしている間も、苦痛はずっと自分のすぐ傍らに存在し続けているのです。この様な現実逃避を続けても全く何の問題の解決にもなりません。

本当に幸せになりたいのであれば、現実逃避をして苦痛を紛らわせていては駄目です。

自分の望み通りの幸福な人生を送りたいのであれば、現実逃避をするのではなく、この現実の世界において勇気を持って一歩を踏み出して苦痛から逃げて下さい。

一歩を踏み出して苦しいことや辛いことや嫌なことを自分から遠ざけるための現実的な行動やアクションを起こして下さい。


本当に耐えられないほど仕事が辛いなら転職するべき

ブラック企業に勤めているために、もしくはパワハラ上司によるストレスなどのために、現在の会社での仕事が本当に耐えられないほど辛いのであれば、まだ若く転職市場での需要があるうちに、30代後半などの中年の年齢になって手遅れの状態になってしまう前に、すぐにでも転職活動を始めて現在の職場から逃げてしまうべきです。

「嫌なことから逃げること」「辛い事を避けること」「苦しいことを減らすこと」これは恥ずかしいことでも何でもなく、人間として当たり前の正しい行動です。

本当に苦しいことや嫌なことからは、あらゆる努力をして手を尽くして逃げるべきです。それが人間としての正しい生き方なのです。

ゲームをして憂さを晴らしたり、お酒を飲んで現実逃避しながら辛い現実を我慢していないで、さっさとこの現実の世界で一歩を踏み出して辛さや苦しみから逃げてしまいましょう。

将来の自分の為に積み上げていく努力と、目先の日銭を得る為に自分の時間と健康と精神を消耗していくだけのブラック社畜の忍耐や理不尽。これは似て非なるものですので混同してはいけません。ただ我慢して会社に勤め続けるだけで報われた終身雇用や年功序列という昭和の価値観が崩壊した現在、ブラック社畜の忍耐の先には全く何の見返りも残りません。

今の会社で働くことが苦痛だという方、仕事が余りにも辛過ぎるという方は、「中途採用だとホワイトな企業では絶対に正社員になれない」「転職をしてももっとブラックな中小企業でこき使われてさらに地獄を見るだけ」「転職失敗して非正規労働者やフリーターになったら人生は終わり」という先入観での思い込みや決めつけを一度捨てて、勇気を持って転職という選択肢を検討して下さい。

正社員就職にこだわるほど馬鹿らしいことはない

年功序列や終身雇用の崩壊した現在の日本で、安定のために正社員就職にこだわるほど馬鹿らしい・馬鹿馬鹿しいことはありません。

転職活動で武器となる様なまともな職歴もないのに「まともな会社に正社員就職したい」という高望みをして貴重な時間を無駄にするくらいなら、プログラムを学びプログラマーやITエンジニア職などの高賃金の非正規社員で働き始めた方が遙かにマシです。
現在の日本は年功序列と終身雇用が崩壊しており、昭和時代の頃の様な「正社員なら将来安泰」という時代は完全に終焉しています。

この様に正社員職の年功序列と終身雇用が崩壊している一方で、非正規社員であっても技術を身に付ければ高賃金と将来安泰を得ることが可能です。

働きながら専門技術を身に付けることで月収40万円を稼げるIT派遣エンジニアという仕事もあり、大手企業の工場勤務の非正規社員であれば残業も少ないホワイト待遇で年収400万円以上を稼ぐことも可能です。

また、手に職を付けて技術力を身に付けたIT派遣エンジニアは40代以上になっても需要が非常に高く引っ張りだこであり、非正規労働でありながら失職を心配する必要は全くありません。

正社員就職にこだわらなくとも、プログラマーなどのITエンジニアになり技術を身に付ければ、非正規社員でありながら人並み以上の賃金と将来安泰を得られるのです。

もうすでに30代・40代以上になってしまった方は年齢的に技術を身に付けIT技術者に転職することは難しいですが、大手自動車企業関連の契約社員であれば40代であっても未経験から人並み以上の賃金を稼ぐことができます。