中国美術の魅力について

中国美術にはさまざまな魅力があります。興味がなかった人も、一度トリコになることでさまざまな知識を学ぼうとすることがあるようです。今回は中国美術にどんな魅力があるのかについて見ていきましょう。


中国美術の基礎知識

こちらでは、中国美術の基礎知識について見ていきましょう。中国美術の始まりや西洋文化が混ざり合った美術など意外と知らないことも多いのです。

 ・中国美術の始まり

中国美術の始まりは「青銅器」と言われています。殷の時代で王が祭祀で使う亀甲や獣骨、青銅器の祭器などが始まりとされているのです。想像上の生物などが描かれた当時の青銅器は貴重な歴史的資料として注目されています。

 ・中国美術の発展は漢民族

漢民族はさまざまな文化の影響を受け乍ら、書画や絵画、磁器や陶磁器など今でも重宝されている美術品を生み出しています。シルクロードを介して西方文化が伝わることで、更に中国美術の発展や形成を促しました。

 ・現在でも価値が高い

中国美術はさまざまな骨董店などで見かけることができます。価値が高いものは少数ですが、驚くような金額がつく中国美術品も多いのです。美術品と聞けば、まず最初に中国美術を連想する人が多いほど、多くの人に浸透しています。

魅力的な中国美術品とは?

こちらでは、どのような中国美術品があるのかについて見ていきましょう。こちらでは、コレクターの間でも垂涎の品と呼ばれる中国美術品について紹介します。

 ・白磁

日本を代表するやきものである「有田焼」は、白磁が祖と言われています。つまり、白磁がなければ日本のやきものもなかった可能性があるのです。ただ、白磁と言ってもさまざまな種類があり、特に価値が高いものとして「青白磁」があります。美しい水色を見せる青白磁は上流階級の人間に多く愛されました。

 ・刀剣

中国美術品の中には刀剣もあり、多くの人を魅了しています。ただ、中国刀剣を売買する際は登録証の確認をしなければいけません。刀剣類の所持や売買のためには、各都道府県の教育委員会に登録しなければいけません。登録証がないまますぐに売買すると罪に問われる可能性もあるので注意してください。

 ・書画

中国美術品の定番と言えば、やはり書画でしょう。約3500年前に中国に文字が生まれ、甲骨文字が最古の漢字として知られています。時代の変化などによって文字も変化していき、文字を美的に表現する芸術が生まれたのです。

中国美術品が見られる博物館や骨董店

こちらでは中国美術品を見られる博物館や骨董店について見ていきましょう。中国美術に興味がある人は、ぜひ一度足を運んでもらいたいものです。

 ・東京国立博物館

本館は日本美術を扱い、東洋館中国の文物を多く収蔵しています。貴重な美術品や工芸、考古遺物が多く展示されているので、時間を忘れて楽しむことが出来ます。

 ・本郷美術骨董館

中国書画や古美術をメインに扱っている骨董店です。40年を超える骨董品の買取実績があり、鑑定力には高い評価を持っています。自宅に中国美術品がある人は一度鑑定をしてもらうのもいいかもしれません。

 ・泉屋博古館

中国をはじめとする美術品を多く展示している美術館です。美術品の量や質が高いことに定評があり、現時点では3000点を超える収蔵品があります。多くの美術品を楽しみたい人におすすめの美術館です。

骨董品を買い取ってもらう際の注意点

骨董品は高く買い取ってもらうためのコツがあります。こちらでは、どんなコツがあるのかについて見ていきましょう。

 ・付属品を揃えておく

美術品は付属品がないだけで価値が大きく下がるものがあります。美術品本体だけではなく、付属品もそろってひとつ、という考えを持っている骨董店がほとんどです。鑑定書や保証書などがあるかないかでけた違いの価格になる場合があります。

 ・保管状態

美術品自体古いものですが、それでも保管状態は良くしておかないといけません。基本的に美術品や骨とう品は「古くて綺麗なもの」に高い価値があります。保管方法をしっかり考えて、湿気や日焼けをしないように心がけてください。保管状態が悪いことで、価値を大きく下げてしまったものは少なくないのです。

 ・業者選びは慎重に

骨董品や美術品の買取を行うところは多くあります。しかし、中には安く買い叩こうとする店、鑑定力がない店などがあるのも事実です。骨董品や美術品を売却する際は、本当に信頼できる業者かどうかをしっかり見極めるようにしてください。

中国美術について他の特徴などを知りたい人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

中国美術と言ってもさまざまな品物があります。
驚くような金額を提示されるものもあれば、
目を疑いたくなるような安い金額がつく場合もあります。
中国美術品は贋作も多く出ているので、購入する際も注意しなければいけないのです。
自宅に中国美術品が眠っているなら、価値を知るためにも鑑定してもらってはいかがでしょうか。