テープ起こしの基礎知識とおすすめ会社について

テープ起こしを依頼する際、どこに依頼をすればいいか悩む人もいるのではないでしょうか? インターネットで「テープ起こし 会社」を検索すると、さまざまな会社がヒットします。こちらではテープ起こしの基礎知識やおすすめ会社について紹介していきましょう。

テープ起こしの基礎知識

テープ起こしと言っても、馴染みがない人には「どんなもの?」と感じることもあります。こちらではテープ起こしの基礎知識について見ていきましょう。

 

・テープ起こしとは?

テープ起こしは音声を文章に書き起こす作業のことです。例えば記者会見の録音をそのまま文章にすると「あー」や「えー」など、文章では不要な音声もあります。意味のない発言を削除すること、ですます調をである調に整えるなどさまざまな作業があります。

発言削除の「ケバ取り」と言葉を整える「整文」のすべてをするわけではなく、依頼状況によってはケバ取りのみ、整文のみというものもあるようです。

 

・テープ起こしに必要なスキル

テープ起こしに必要なスキルはありませんが、国語力だけは持っておきたいです。なぜなら、文字に起こす際は語彙力が必要だからです。音声をそのまま文章に書き起こしても読みにくい場合は、分かりやすい文章に仕上げなければいけません。

 

・資格は必要?

テープ起こしは絶対に資格が必要というわけではありません。しかし、民間資格が複数種類あるので、取得しておいた方がテープ起こしの基礎知識、仕事を受けやすいメリットがあります。

テープ起こし会社の選び方

テープ起こし会社は数多くあるので、依頼する側が「何を重視するか」で決めなければいけません。こちらでは重視したいポイントについて見ていきましょう。

 

・スタッフの対応

テープ起こしの依頼に慣れていないと、依頼時に分からないことも多く出てきます。そんな時、スタッフの対応力を見ましょう。分からないことを素直に質問しやすいかどうか、質問にしっかり答えてくれるかどうかです。

分からないことを抱えたまま依頼するのは、とても不安なのでスタッフの対応力は決して軽視できないポイントと言えます。

 

・納期速度

依頼する際に注目したいのは、納期速度です。依頼者側から考えて「正確に早く納品をしてほしい」と考えるのは当たり前です。しかし慣れている人がテープ起こしをすれば早く終わりますが、慣れていない人に発注すると予想以上に時間がかかってしまうものです。

そのため、依頼時にはしっかりと納期について聞いておくようにしましょう。基本的に60分のテープ起こしで2日、3日という相場はあるようです。当然ながら時間が長くなればなるほど納期にも時間がかかると考えておきましょう。

 

・料金

料金については、会社によって形態が異なる場合があります。それは「文字数」で考えているか「時間」で考えているかです。どちらが正解というわけではありませんが、一般的に多いのは時間で料金を決めているところです。ただし、すべての会社が時間で料金を決めているわけではないので質問しておくといいでしょう。

少しでも安く済ませたいなら、複数のテープ起こし会社に見積もりを依頼してみましょう。ただ、極端に安価な場合は相応のリスクがあると考えられるので注意してください。

個人と会社に依頼する場合の違い

テープ起こしは個人で依頼を受ける人、会社で依頼を受ける場合と2種類あります。こちらでは、個人と会社による違いについて見ていきましょう。

 

・品質

個人だから品質が悪いというわけではなく、安定しない傾向があります。個人の場合は品質が良い場合もありますが、依頼主が求めているレベルに達していない場合もあるのです。逆に会社の場合は一定の品質が保たれているため安心して依頼できるメリットがあります。

 

・納期

素早く納品して欲しいという人は、個人よりも会社の方がおすすめです。テープ起こしはジャンルによって得意な人、苦手な人が分かれます。会社の場合は複数人が所属していることもあり、得意な人に振り分けて素早い納品が期待できます。

 

・セキュリティ

音声によっては他の人に知られてはいけないものもあります。会社に依頼することでセキュリティが保証されるので、依頼者側も安心できるのではないでしょうか。個人も機密保持契約を交わすことによってセキュリティは保証されますが時間がかかってしまう場合もあるので会社依頼の方がおすすめです。

おすすめのテープ起こし会社

テープ起こし会社は多くありますが、こちらで紹介する3つの会社は高い評判を誇って特におすすめされています。テープ起こしを検討している人は候補に入れてみてはいかがでしょうか。

 

・ジムプラン

ジムプランではテープ起こしだけではなく、映像起こしなどにも対応しています。スタッフも経験豊富な人が多いので、さまざまなジャンルに対応している特徴があるため依頼しやすいのではないでしょうか。

 

・テープリライト

専門性が求められるテープ起こしに対応している会社です。裁判法廷用、医療系など苦手とする人が多いジャンルを多く取り扱っています。創業45年の実績があるため、信頼して任せたい人におすすめの会社です。

 

・ボイテックス

料金体制が「文字数」なので、無駄な費用を省けることで有名です。セキュリティも万全なので、情報流出の心配がある人も安心して依頼できます。

 

テープ起こしは会社によって特徴が異なるため、比較検討をおすすめします。どんな特徴があるのかはこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

テープ起こしはさまざまなジャンルがあるため、依頼する際は「得意としているか」という部分にも注目しなければいけません。実績豊富な会社はさまざまなジャンルを扱っているので依頼しやすいのではないでしょうか。