このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください
03-xxxx-xxxx
受付時間:平日10:00~17:00

がんほっとけんは、
実践的ながん対策を提供!

日本初のがん対策に特化したコミュニティ。
それが、がんほっとけんです。
今や一般的に認知されているがん保険のように、みな様に当たり前のように入って欲しい。
だから、会員登録費は払いきりの5,000円(税込)で、家族みんなの分もサポートします!
がんほっとけんの会員登録をご検討ください。

\ まずは資料請求を /

実践的ながん対策を提供!
がんサポート俱楽部「がんほっとけん」
会員登録のお申込みはこちらから

こんな、自覚症状ありませんか?
がんリスクが高いかも・・・

がんになりやすい3大要因をご存じですか?
低体温、低酸素、高血糖といわれる3つの身体の乱れです。
低体温とは、とくに身体の奥の深部体温が低い状態で冷え性の方は要注意です。
低酸素は、ストレスの多い人のことを指します。
ストレスが溜まると自律神経が乱れて身体に十分な酸素が行き渡らなくなるのです。
高血糖は食生活の乱れなどから血糖値が高い方のことです。
また、がんになりやすい性格もあると言われていて、頭文字をとって3Gと言うのですが、がんこ、我慢強い、頑張り屋がこれに当てはまります。
これらのことに思い当たる方は、がんほっとけんを検討してみてはいかがでしょうか。

がん保険に入っているから
安心だと思っていますか?

がんに特化した保険の加入率は62.8%※で、一定の病気に特化した医療保険の中では入っている割合が高いといえます。
リスクに備えて、がん保険に加入しているに越したことはありませんが、入院や治療にかかるお金を手助けしているに過ぎず、その後の治療成績は病院に丸投げになってしまいます。
しかも、抗がん剤などの通院治療が主流の今は7人に1人ががん治療をしながら働いています。
それこそ、がん保険で給付されるお金は大事ですが、実践的ながん対策も大切だと言えます。
実践的ながん対策とは、そもそもがんにならないためのがん予防と、がんになってしまった時に早期回復に向けた準備を充実させることです。
がんサポート倶楽部「がんほっとけん」は、がん保険だけでは不安が残る実践的ながん対策を会員の皆様に提供しています。
がん保険に加入しているように、がんほっとけんにも会員登録していただき、100点満点のがんリスク管理で人生100年時代の備えを考えてください。

※公益財団法人生命保険文化センター調べ

がんほっとけんのサポート

がんほっとけんは、厚生労働省委託事業がん対策推進企業アクションパートナーである医療機器メーカー株式会社MOZUが、一般社団法人温熱療法協会の協力のもと、がん予防から早期回復、再発・転移防止までがんに関するすべてで役立つサポートを提供する会員制サービスです。
会員の皆様には、実践的ながん対策として
①がん治療専門家による情報発信
②治療費で困らない準備
③がん予防・早期回復の支援
といった、がんで後悔しないための3つのサポートを提供いたします。

しかも、会員登録費は払いきり5,000円(税込)で、ご本人とそのご家族を含めた5名を一緒に登録できます。
あなたやあなたのがん対策に、がんほっとけんをご利用ください。

【1】

がん治療専門家よる情報発信

最先端の知識で、がんから守る

 2人に1人が一生涯にがんと診断されるように、がんと関わりのない人がほとんどいないのが現実です。
そのため、2021年度から中学校、2022年度から高校でがん教育が始まります。
若いうちから、がんについて正しく理解することで、がん予防、早期発見に関心を持ち、適切に対処できる実践力を養うことが目的です。
当然ながら、がんを学ぶことの大切さは若者に限ったことではありません。
がんを防ぐには知識が必要だと言っているのですから、子育て世代や働き世代、がんの発症率が高くなる60歳以上の方もがんを学ぶ必要があるのです。
また、がんを学ぼうと思っても、どの本を読めばいいのか分からなかったり、そもそも難しくて理解しづらかったりと、がん教育が進まない理由は多くあります。
がんほっとけんに会員登録すると、難しいことも分かりやすく解説している動画「教えて!がんサポートDr.」シリーズで、いつでも簡単にがんを学ぶことができるため、がんリテラシーの向上が図れます。
あなたやあなたの家族のために、がんを学び始めてはいかがでしょうか。

【2】
治療費で困らない準備

先進医療で、がんから守る

がんと診断されたとき、標準治療(手術・抗がん剤・放射)を選択する方が多いでしょう。
標準治療は保険診療の範囲のため、それほど高額な医療費になることもなく、高額療養費制度も利用すれば、大丈夫だとがん保険に加入していない方もいるでしょう。
ですが、すぐには職場復帰できるほど回復しなかったり、そもそもがん治療は長期戦になるため、がん治療費がかさんでしまうことも多いのです。
そのため、がん保険に入っておくに越したことはありませんが、がん保険なら何でもいいかと言うとそうではありません。
現在のがん治療は入院期間が短く通院治療中心のため、そこにマッチした保険である必要がありますし、医療技術が進歩し治療も多様化した今、自由診療や先進医療でも給付される保険に入っていれば治療の選択肢が広がります。
がんほっとけん会員で、がん保険の新規加入や見直しをご希望の方には、がんファイナンスアドバイザーががん保険選びのお手伝いをさせていただきます。
まだ、がん保険に加入していない方は、がん保険を検討するきっかけに、すでに加入している方はがん保険のメンテナンスを考えてみてください。

【3】
がん予防・早期回復の支援

免疫力で、がんから守る

新型コロナウイルスの予防に注目を集めている「免疫」ですが、がん予防や早期回復にも重要な役割を果たしています。
がん細胞は身体の中で毎日つくられていますが、免疫細胞が活発に働いている状態では、連戦連勝でやっつけてくれます。
しかしながら免疫細胞が弱ってしまうと、がん細胞はどんどん陣地を広げ、やがてがんと診断されるに至ってしまいます。
また、抗がん剤などのがん治療では、がん細胞だけを攻撃することが難しく免疫細胞を含めた正常細胞も傷ついてしまいます。
このことが原因で、吐き気やめまい、肌荒れ、脱毛などの副作用を引き起こします。
そうした、負の連鎖を断ち切るためにも、免疫を活発にすることが大切です。
がんほっとけんでは、この免疫の働きを活発にする温熱療法を普及するための活動をしています。
会員の皆様ががん予防や早期回復に向けて、もっと身近に温熱療法を取り入れられるように、自宅でできるセルフケアの温熱療法の導入を支援いたします。

【3】
がん予防・早期回復の支援

免疫力で、がんから守る

新型コロナウイルスの予防に注目を集めている「免疫」ですが、がん予防や早期回復にも重要な役割を果たしています。
がん細胞は身体の中で毎日つくられていますが、免疫細胞が活発に働いている状態では、連戦連勝でやっつけてくれます。
しかしながら免疫細胞が弱ってしまうと、がん細胞はどんどん陣地を広げ、やがてがんと診断されるに至ってしまいます。
また、抗がん剤などのがん治療では、がん細胞だけを攻撃することが難しく免疫細胞を含めた正常細胞も傷ついてしまいます。
このことが原因で、吐き気やめまい、肌荒れ、脱毛などの副作用を引き起こします。
そうした、負の連鎖を断ち切るためにも、免疫を活発にすることが大切です。
がんほっとけんでは、この免疫の働きを活発にする温熱療法を普及するための活動をしています。
会員の皆様ががん予防や早期回復に向けて、もっと身近に温熱療法を取り入れられるように、自宅でできるセルフケアの温熱療法の導入を支援いたします。

がんほっとけんの特徴

  • がんの最新情報を配信
  • がん治療費の準備をお手伝い
  • がん予防・早期回復をサポート
  • 会員登録費5,000円で5名まで登録可能
  • がん罹患中の方でも会員登録可能
  • がん治療費の準備をお手伝い
がんほっとけん

助け合いの仕組み

みんなで持ち寄ったお金を、みんなのために使ってお互いに助け合うシステムです
会員制のがんほっとけんは、保険や互助会のような仕組みです。
みなさまの会員登録費で、会員のどなたかががんになったとき、早期回復・再発防止を援助する助け合いのシステムです。
お一人様当たりの会員登録費5,000円(税込)から、がんに罹患した方が保険診療料に含まれない温熱免疫アッププログラムを始めるにあたり、がん治療支援金25万円が支援されます。
また、ご家族5人まで登録可能ですので、最大5回(5人分の125万)の支援を受けることができます。
あなた自身や大切なご家族のためにも「がんほっけん」をご検討ください

\ まずは資料請求を /

実践的ながん対策を提供!
がんサポート俱楽部「がんほっとけん」
会員登録のお申込みはこちらから

専門家も推奨①

がんの原因は様々ですが、免疫低下が起因のひとつになっていることは間違いないでしょう。
逆に言えば、がん予防を考えるのなら免疫の働きを活発にすればよいのです。

免疫を刺激するためにはいくつかの方法がありますが、もっともお勧めなのが体温を上げるということです。
がん細胞は低体温を好みますが、免疫細胞は温かい環境が大好きです。
当然、体温が上がれば免疫細胞が優位になって、がん細胞を倒してくれるということです。
これは、身体の中のがん因子を免疫細胞が処理してくれるといことですから、がんになる可能性も下がるということです。
そこで、私が注目しているのが「メディカルマット」という、がん専門クリニックで使用している温熱マットです。
これは、育成光線という体温上昇効果が高い特殊な遠赤外線を出している医療機関向けの製品なのですが、とてもコンパクトで自宅でも使い勝手がよいのです。
がんほっとけんは、会員の方がメディカルマットを使えるプランもあるので、がん予防の意識が高い方は会員になってはいかがでしょうか。

一般社団法人温熱療法協会 代表理事
中村 健二

専門家も推奨②

私は、お金の小学校というマネーセミナーを主催しているのですが、がんとお金の話もさせていただいております。
というのも、私の母も弟もがんを経験しているからなのです。
母の時は、保険診療内の抗がん剤治療をしていたのですが、副作用がとても辛いらしく、もう抗がん剤治療はやりたくないと言っていました。
少しでも緩和できないかと調べたところ免疫療法や温熱療法など体調に合わせて治療も選択できることを知りました。
しかしながら、こういった治療は自由診療なのでお金の負担があります。
私は保険といっても資産運用の方が専門ですから、がん保険をもっと勉強しておけば良かったと痛感しましたね。
そんな折、今度は弟ががんと診断されてしまって。
治療を頑張ったおかげで、なんとか大事には至らなかったのですが、まだ若いですから再発や転移の不安を感じていたところ、がんほっとけんの存在を知りました。
弟は、がんほっとけんを通して「温熱免疫アッププログラム」という自宅でできる温熱療法のようなものを始めることができて、今は元気にしています。
がんほっとけんは入会するのに5,000円だけで済みますし、がん対策を考えたら入っておいて損はないと思います。

フィナンシャルアドバイザー
近藤 正樹

会員様の声

青野様の場合

40代 女性
母が数年前がんの手術をして、今は元気ですが再発や転移が心配だったので、がんほっとけんに会員登録しました。
すでに、がんを経験している母も会員登録できたので、入会してすぐに温熱免疫アッププログラムを母のために申し込みました。
がんの専門クリニックで使用しているような機械がお家に届くということで使いこなせるか心配でしたが、すごく小型で場所も取らないし使い方ややり方も簡単だったので安心しました。
60代の母でも毎日簡単に温熱療法ができてほっとしています。
私も冷え性が気になるので、予防プランを申し込もうと思っています。
VOICE

菱田様の場合

60代 女性
お医者さんは頼りになるけど、自分の体のことだから、まかせきりはダメだと思い、がんほっとけんの会員になりました。
以前からがんについて勉強したかったのですが、本屋さんにいっても難しそうな本ばかりで諦めていました。
でも、会員専用の動画サイトがあって分かりやすく解説してくれているんです。
2人に1人ががんになると言われていますが、だったら私はがんにならない方の2人に1人になろうと予防プランを始めました。
毎晩寝るときにメディカルマットを使っていますが、3ヶ月くらいで基礎体温が上がってきて、以前より疲れにくくなったと実感しています。
このまま健康寿命を意識して、せっかくの人生だから楽しんでいこうと思っています。
VOICE

渡邊様の場合

30代 女性
がんほっとけんに入ったことをきっかけに私と夫のがん保険を見直してもらったんですが、保障内容が十分ではなかったので、切り替えることにしました。
がん治療も新しい技術が研究されてどんどん進歩している中で、未来に対応していない保険では入っていても意味がないですもんね。
担当してくださった方も普通の保険屋さんではなく、がんのことを勉強している方だったので安心感もありました。
それに、私の家族ががんになることなく、がん治療支援金を受け取ることがなかったとしてもそれはよいことだし、私の払った5,000円が会員の誰かのお役に立つなら、もったいないとも思わないですね。
VOICE

菱田様の場合

60代 女性
お医者さんは頼りになるけど、自分の体のことだから、まかせきりはダメだと思い、がんほっとけんの会員になりました。
以前からがんについて勉強したかったのですが、本屋さんにいっても難しそうな本ばかりで諦めていました。
でも、会員専用の動画サイトがあって分かりやすく解説してくれているんです。
2人に1人ががんになると言われていますが、だったら私はがんにならない方の2人に1人になろうと予防プランを始めました。
毎晩寝るときにメディカルマットを使っていますが、3ヶ月くらいで基礎体温が上がってきて、以前より疲れにくくなったと実感しています。
このまま健康寿命を意識して、せっかくの人生だから楽しんでいこうと思っています。
VOICE

\ まずは資料請求を /

実践的ながん対策を提供!
がんサポート俱楽部「がんほっとけん」
会員登録のお申込みはこちらから

よくあるご質問

Q
会員登録に医師の審査が必要ですか?
A
いいえ、必要ありません。
既往歴に関係なく、がんを経験された方も、がん治療中の方もどなたでも会員登録していただけます。
Q
会員登録に年齢制限はありますか?
A
年齢不問です。
がん保険とは違い、年齢制限や年齢による価格の変動もありません。
Q
同時に5人まで登録できるとはどういうこと?
A
会員登録費5,000円で最大5名を会員登録できます。
ご本人様と家族登録分として配偶者、兄弟、両親、子供など血縁関係者なら誰でも最大5名まで会員登録できます。
Q
温熱免疫アッププログラムって?
A
一般社団法人温熱療法協会が提供しているがん治療在宅ケアです。
がん専門クリニックで使用する小型の温熱療法機器(メディカルマットと温熱ドーム)を自宅にお届けいたします。
休息時間や睡眠時などお時間の許す限り使用することで、基礎体温を上げて免疫の働きを活発にし、がんを克服しやすい身体をづくりを目指すプログラムです。
詳しくは、資料請求でご確認ください。
Q
がん治療支援金25万円とはどういうことですか?
A
保険診療に含まれないは温熱免疫アッププログラムは、5年間のサポートで通常43万円の実費がかかります。
がんほっとけん会員の場合は、皆様の会員登録費から25万円をがん治療支援金として分配いたします。
そのため、5年間のプログラムを18万円(月換算3,000円の負担)で始めることが可能です。
また、会員登録した方全員(最大5名)に25万円が適応されるため、最大で125万円分の支援となります。

Q
温熱免疫アッププログラムを予防に利用できますか?
A
温熱免疫アッププログラムは、がんと診断された方専用のプログラムです。
ただし、温熱免疫アッププログラムで使用するメディカルマットはと温熱ドームは予防にも有効だと考えられているため、メディカルマットを月額5,000円で貸出するプランもご用意しています。
また、温熱ドームは会員限定価格(40%OFF)でお買い求めいただくことも可能です。
Q
会員登録に年齢制限はありますか?
A
年齢不問です。
がん保険とは違い、年齢制限や年齢による価格の変動もありません。

資料請求フォーム

下記、フォームにご入力のうえ、送信ボタンを押してください。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。
会員登録のお申込みはこちらから

がんほっとけん運営事務局

株式会社MOZU 第二種医療機器製造販売
〒160-0023
東京都新宿区西新宿3-17-7 西新宿TOKビル10F
☎︎0120-365-132
✉contact@mozu-global.co.jp