ヨガで、軽やかな心身を

「毎日を元気に、健康に過ごしたい。」
心も身体も健康であるために。そのためのヒントが、自分の体の声を聞き、心に目を向けることだと私たちは考えています。

■目の下のたるみの原因

・筋肉の衰え

目の周りにある筋肉は、加齢により徐々に衰えていきます。すると脂肪を支える筋肉が弱くなってしまい、目の下がたるむのです。目の下にあるたるみの原因は、脂肪が押し出されたものです。誰でも年齢による多少のたるみは出てきてしまいます。

・肌の張りの低下

目の下がたるむ原因は、肌の張りに欠かせないコラーゲンやエラスチンの減少もあります。加齢によりこれらの美容成分が減少してしまうので、張りを失ってしまうのです。紫外線を多く浴びる機会がある方は、早い年齢からたるみが見られることもあります。

・長時間のパソコンやスマホの使用

現代人は、長時間のパソコンやスマホの使用で、目の下がたるみやすくなります。画面を見ると無表情になり筋肉が衰えやすく、眼精疲労で血行不良がおこるためです。瞬きの回数も減るので、目の周りの筋肉を使う回数が少なくなってしまいます。

■目の下のたるみにおすすめの美容成分

・コラーゲン

コラーゲンは肌の張りに必要な成分です。加齢によりコラーゲンが減少しやすくなるので、スキンケア成分にコラーゲンが入っているものを選びましょう。しかし、コラーゲンは肌に浸透しにくいため、低分子コラーゲンを選ぶ必要があります。

・ビタミンC

ビタミンCは、コラーゲン生成に役立つ成分です。スキンケア商品にビタミンCが入っていれば、抗酸化作用や美白作用も期待できるでしょう。同じように浸透させる必要があるので、ビタミンC誘導体がおすすめです。

・レチノール

レチノールはビタミンAの一種です。スキンケア成分にレチノールが含まれていると、線維芽細胞に働きかけることができます。線維芽細胞はコラーゲンを生成する部分のため、ここを活性化させることで、コラーゲン増加が期待できるでしょう。

■目の周りの筋肉を鍛える

・目の周りを鍛えるエクササイズ

まぶしいときのように目を細めます。このときに眉間にしわが入らないよう注意しましょう。次に目を大きく開くようにします。このときに眉毛が上がらないようにしてください。目を細めて大きく開く動作を繰り返しやると、目の周りの筋肉を鍛えることができます。

・初心者向けエクササイズ

目を細めたり大きくしたりする動作が難しい方は、おでこに両手を添えてから、目を細めたり大きくしたりしましょう。このようにおでこを抑えると、眉毛が上がりにくくなります。1回につき5セットを繰り返してください。動作に慣れてきたら、おでこを抑えないでやりましょう。

■美容外科によるたるみ対策

・美容成分の注射

美容外科では、ヒアルロン酸やコラーゲンを直接注射する方法があります。これらの成分は安全性が高いので、安心して利用できます。目の下のたるみに直接注入すると、しばらく効果が期待できるでしょう。たるみが目立ってきたら、また同じように注射をする必要があります。

・レーザー治療

クリニックにあるレーザー機器をたるみに照射して、コラーゲン生成を促します。肌に直接刺激を与える方法で、適度な張りが期待できます。加齢によりコラーゲンの生成が減少している方におすすめです。繰り返し施術を受けることで、目の下のたるみを目立たなくすることができます。

・外科手術

外科手術は、目の下のたるみから直接脂肪を除去する方法です。メスを入れる方法のため、最終的な対応として知っておくとよいでしょう。できるだけ傷跡が目立たないように施術してもらうことができます。脂肪を直接除去してしまうので、すぐに効果が期待できるのが特徴です。

■こんな人はたるみやすい

・アイメイクをしっかりしている

毎日アイメイクをしっかりやっている方は、目の下がたるみやすいです。しっかりメイクはクレンジングで擦ってしまう可能性が高いため注意しましょう。普段の生活でも目を擦る癖がある方も、目の下がたるみやすくなります。アイメイクを落とすときは、目に刺激がかからないよう優しく行いましょう。

・紫外線対策をしていない

肌の衰えの原因のひとつが紫外線です。紫外線を多く浴びてしまうと、コラーゲンやエラスチンが減少しやすいので注意しましょう。紫外線は室内にいるときでも届いているので、普段の生活でも紫外線対策が必要です。ちょっとした外出でも紫外線を浴びている可能性があるので、毎日紫外線対策を怠らないようにしましょう。

・顔がむくみやすい

顔がむくみやすいのは、血液やリンパの流れが悪くなっているからです。老廃物や余計な水分が顔に溜まってしまい、むくんでしまいます。顔のむくみがある方は、同時に凝りを感じる方も少なくありません。血行不良がある方は、直接温めるかマッサージで代謝を促しましょう。

目の下のたるみ対策は、下記リンクでも確認できます。

■まとめ

30代以降になってくると、誰でも多少なり目の下のたるみは気になってくるでしょう。しかし、生活習慣などの影響で、20代からでもたるみが始まる方はいます。たるみが気になってきたら、早い段階から対策してみてください。