なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

WMSを改修せずにマテハン機器を物流倉庫現場に導入する方法と3つのメリット

物流倉庫の管理に必須ともいえるWMS(倉庫管理システム)。このWMSはマテハン機器と連携することで、倉庫業務・作業の生産性を向上させるのに役立っています。一方で、近年マテハン機器の技術革新が目覚ましく、さまざまなマテハン機が物流倉庫現場で利用されるようになりました。この新しいマテハン機器に対応するための課題の一つは、WMSを再構築・カスタマイズする必要があるということです。
この課題を解決する方法の一つが、WES(倉庫実行システム)の導入時です。WESを導入することで、WMSのカスタマイズや再構築をすることなく、物流倉庫現場に最新のマテハン機器を導入できるようになります。

物流倉庫現場の生産性向上に役立つ、さまざまなマテハン機器の登場

デジタル化・IoTの普及にともない、より便利に高機能化するマテハン機器
近年、物流倉庫のデジタル化が進んでいます。これに伴い生産性向上に役立つ、さまざまなマテハン機器も登場してきました。

 自動倉庫、AVG、AR、ドローン、ウェアラブルデバイスなど枚挙にいとまがありません。さらに、日々新しいマテハン機器が市場に投入されています。

 物流倉庫を持つ事業者側の視点では、生産性向上や物流品質向上のための選択しが増えたこと意味します。人手不足が懸念される昨今、マテハン機器の活用による自動化や効率化は魅力的な手段であるといえます。

最新のマテハン機器を導入する際に考えるべき課題

既存のWMS(倉庫管理システム)が新マテハン機器に対応できない?!
最新のマテハン機器を導入することで、物流倉庫現場の環境改善(働きやすい環境)したり、生産性が向上したりというメリットが挙げられます。

最新のマテハン機器を導入するうえでの課題はいくつかあります。この一つは、既存のWMS(倉庫管理システム)との連携をどうするかという課題です。

なぜこれが課題になるかというと、WMSは基幹システムとして利用されているもので、新しいマテハン機器が導入されるごとに設定変更を行う柔軟な対応をおこなえるような設計は一般機に難しいとされているためです。

なぜマテハン機器を新たに導入することが難しいのか

既存のWMS(倉庫管理システム)が対応できるかどうがかカギに
最新のマテハン機器を導入することは、WMSとの連携を行う必要があることを意味します。

一方で、既存のWMSは既存のマテハン機器に最適化されています。出荷指示、ピッキング管理、マテハン機器のマネジメントについて最適化されており、新しいマテハン機器を導入する場合はこの部分を再構築する必要がでてきます。

これには大きな投資となるため、結果的に最新のマテハン機器の導入がしにくいとう状況に陥り、物流倉庫現場の生産性向上が進まないという状態が継続します。

これを解決するにはどのような手段があるのでしょうか。

新しいマテハン機器を物流倉庫現場に適用する4つの方法

物流倉庫現場での個別対応

もっとも簡単な方法は、新しいマテハン機器を導入した作業だけ個別対応することです。マテハン機器を導入したことで、作業生産性の向上が期待できます。

一方で、WMSとの連携については人力での対応が必要になります。このため手間が増えることと、手作業を行うことにによる作業ミスなどに十分な注意が必要になります。

この個別対応が倉庫全体の作業と比較して割合が高すぎると、倉庫作業の標準化ができなくなるというデメリットがあります。

既存のWMSの再構築

WMSの再構築、すなわち新しいマテハン機器に対応したWMSを導入すれば問題は解決します。ただし、費用・時間・労力を考えると、現実的な対応方法だとはいえません。

物流倉庫で利用されるマテハン機器は、経験上耐用年数以上に利用することができると考えられます。

したがって、マテハン機器の入れ替え頻度は低く、同様にWMSもシステムの再構築を行う機会は他のITシステムと比較して低いのが実際です。

これにより新しいマテハン機器を導入しようとした場合、WMSのカスタマイズやアドオンなどがもうできなくなっているケースが少なからず発生します。

既存のWMSのカスタマイズ

現実的な解としては、既存のWMSを改修することです。

WMSはパッケージやサービスと提供されていますが、個別対応ができるWMSも多くあるため、WMSを改修すれば新たなマテハン機器の導入・増強が可能です。

デメリットは、今後あらたなマテハン機器が現れるごとに改修が必要になることです。

WMSはシステムとしては基幹システムに近い属性をもつシステムであるため、頻繁なシステム改修には向かず、システムの可用性が下がり、費用も高額になる傾向があるため、どう汎用性をもたせて改修するかがポイントになります。

WES(倉庫実行システム)導入によるWMSの補完

上記以外の方法としては、WES(倉庫実行システム)を導入し、WMSが不得意な現場系の管理をWESで吸収するという方法です。

この方法であればWMSは改修せず、物流倉庫現場では外部環境に応じて必要なマテハン機器を導入することが容易になります。

物流倉庫関連のシステムは海外が先行していますが、WMS/WES/WCSを組み合わせることで、物流倉庫の最適化を行ている海外企業は少なくありません。


WES(Warehouse Execution System:倉庫実行システム)とは

WMSとWCSの中間の機能を持ち、物流倉庫現場の制御・管理に特化した倉庫実行管理システム

WESはWMSとWCSの中間に位置した管理システムで、物流現場の制御・管理に特化しています。

WMSとWCSをつなぐ役割を持ち、WMSからの各種指示を物流現場にあわせてWCSと連携することができます。

これにより、WMSをそのままに、WCSで必要なマテハン機器を最適制御することが可能になります。

日本国内ではWMS・WCSの導入が進んでいます。外部環境の変化にあわせ柔軟に物流倉庫現場を変えていくためには、このWESの考え方が有効です。

WES(倉庫実行管理システム)を導入する3つのメリット

WES(倉庫実行管理システム)を導入するメリットは3つあります。「WMSをそのままに物流現場の効率化・自動化を実現可能」「リアルタイムの進捗管理で倉庫作業・マテハン機器の稼働率を改善」「物流現場の見える化、KPI管理を自動化・効率化」の3つです。これらについて簡単に説明します。

WMSをそのままに物流現場の効率化・自動化を実現可能

物流・倉庫現場の効率化・自動化を進めると、既存システム(WMS等)との連携をどうするかが課題になります。大幅な改修には時間も費用も必要なためです。

WES(倉庫実行システム)はこの課題を解決します。WMSと連携し、物流・倉庫現場に合わせた柔軟な制御・管理を可能にします。

これにより、WMSを改修しなくとも効率化や自動化を進められるようになり、設備投資費用や時間を節約することが可能になります。

リアルタイムの進捗管理で倉庫作業・マテハン機器の稼働率を改善

WMSは物流倉庫への指示/実績をバッチで管理しますが、リアルタイムの管理には対応できない場合がほとんどです。マテハン機器や人材配置、稼働率は管理は難しいのが実際です。

WESでは人の作業やマテハン機器をリアルタイムで管理することが可能です。進捗管理を可能にすることで、現場のマネジメントレベルを高めることができます。

これにより、柔軟な計画の見直しや人材・マテハン機器の配置最適化など物流倉庫の稼働率を高めることが可能になります。

物流現場の見える化、KPI管理を自動化・効率化

物流倉庫現場のKPI管理は時間も手間もかかります。紙やエクセルで管理している場合は改善スピードや改善活動量にも限界があります。

WESは物流倉庫の様々なデータを見える化します。人の作業やマテハン機器のデータを様々な切り口で見える化することで、どこに課題があるのかが明確になります。

物流倉庫のKPI管理を効率化することで、どうすれば物流品質を高められるか、作業安全性を確保できるか、稼働率を高められるかなど改善活動が可能になります。

WESの適用イメージ

組み立て加工・製造業向け物流管理システム

自動倉庫と連携し、作業者の負荷低減・省人化を実現
組み立て加工・製造業様の部品管理に最適なシステムです。基幹システム・自動化設備と連携し、確実な部品管理を実現します。各工程の情報を一元管理できるため、進行状況の確認や手配の円滑化を図れます。

食品業向け物流管理システム

入荷から出荷までを見える化、食品業界に特化して物流センターを支援
物流現場で収集した運用データを一元管理し、様々な視点で物流現場の実績管理・分析を行います。食品業界特集の繊細でタイムリーな物流管理項目を実現することが可能です。

まとめ:基幹システムとしてのWMS、現場の管理システムとしてのWES

WESはここまでに紹介したようなWMSを補完するメリットがある一方で、WMSと比較して在庫管理機能や基幹システム系との連携が弱いというデメリットがあります。

WESはWMSと比較して倉庫現場現場の管理に特化しているところで優れています。

WESを導入することで、物流倉庫現場の最適化が可能になります。WMSからの日次バッチを作業指示に変換し、リアルタイムな作業データの見える化と設備稼働監視・制御を両立。要員の作業と設備の稼働を一括管理することで最適なセンター運用を実現することが可能になります。

基幹システムとしてのWMS、現場の管理システムとしてのWESを導入することで物州倉庫現場の生産性向上が可能になります。

マテハン機器の導入を見据えて、WMSの入れ替え・改修を検討中であれば、WES導入を選択肢に含めることで、現在抱えている物流倉庫の課題が解決できる可能性があります。

富士電機 物流ソリューションF-WESのご提案

IT・IoT化を背景に、刻々と変わりゆく物流マーケット。富士電機では、そんな物流の在り方を、これまでに培った実績・ノウハウを活かしながらお客様の課題に合わせた物流ソリューションをご提案いたします。

F-WES(倉庫実行管理システム)は、WMS・倉庫管理システムとWCS・倉庫制御システムの中間に位置する機能を持つハイブリッドシステムです。実績データの見える化と倉庫設備監視・制御を両立することができるため、物流現場のさまざまな課題解決に役立ちます。

倉庫運用管理システムF-WESの詳細については当社製品Webをご覧ください。
WMSとWCSの中間の機能を持ち、物流倉庫現場の制御・管理に特化した倉庫実行管理システム

関連ソリューション


スマートフォン仕分けシステム
スマート端末はバーコードの読み取りやデータの入力・修正もできるため様々な入荷検品・出荷検品・棚卸作業などの倉庫作業に利用することができ、物流センター向けの出荷など、ケース単位での仕分けに適しています。
ロケーション/在庫管理システム

このシステムを導入することでフリーロケーション化することが可能になり、保管スペースの有効活用ができ、在庫の見える化・在庫管理の標準化が可能になります。

デジタルピッキングシステム/デジタル仕分けシステム(DAS/DPS)
デジタルピッキングシステム(DAS/DPS)はデジタル表示機を活用したピッキングシステムです。
タブレットピッキングシステム/RFID・カートピッキング
タブレットピッキングシステムには入出庫・在庫管理・棚卸等の管理機能が備わっており、タブレット端末上で出庫指示を確認したり、WESと連携した棚卸作業が可能です。
タブレットピッキングシステム/RFID・カートピッキング
タブレットピッキングシステムには入出庫・在庫管理・棚卸等の管理機能が備わっており、タブレット端末上で出庫指示を確認したり、WESと連携した棚卸作業が可能です。

物流システム導入事例

デジタルピッキングシステムによる出荷仕分けの効率化
株式会社富士達様は焼肉チェーン店「七輪焼肉安安」など、160店舗以上の外食チェーンを展開しています。事業の急成長とともに店舗数が増加していく中、全国の店舗に食材を配送する物流センターに、「デジタルピッキングシステム(DAS/DPS)」を導入し、紙のリストで行っていた仕分け作業をデジタル化することで倉庫内業務の効率化を実現しました。
タブレット・RFIDを活用した電子部品ストアの入出庫作業改善
インターネット端末(スマートフォン・タブレット等)やIoT化が進展したことから、企業の業務でもさまざまなインターネット端末やIoTを活用した業務改善や生産性向上にむけた取り組みが進んでいます。物流センターや物流倉庫の場合は、例えば従来紙を使って行っていた確認作業をペーパレス化したり、無線センサーを利用して作業を簡単化する等に活用することが可能になります。
タブレット・RFIDを活用した電子部品ストアの入出庫作業改善
インターネット端末(スマートフォン・タブレット等)やIoT化が進展したことから、企業の業務でもさまざまなインターネット端末やIoTを活用した業務改善や生産性向上にむけた取り組みが進んでいます。物流センターや物流倉庫の場合は、例えば従来紙を使って行っていた確認作業をペーパレス化したり、無線センサーを利用して作業を簡単化する等に活用することが可能になります。
お問い合わせ
富士電機株式会社 物流センターソリューション
https://www.fujielectric.co.jp/products/logistics/