難民の若者たちへ、未来の投資をしませんか?

1日30円〜 
難民の若者たちに
未来の投資をしませんか?

紛争・差別・迫害などから逃れ
日本にやってくる「難民」と呼ばれる人たちがいます。

希望をかけて逃れてきた先の日本でも追い込まれ
自分は役に立たない人間だ」と
可能性を閉ざしている人たちがいるのが現状です。

実は彼らは将来的な故郷の担い手たちなのです。

そんな若者たちの直面する壁を崩し
未来に投資するマンスリーサポーターになりませんか?

想像してみてください。

独裁政権の中で

あなたの母国は独裁政権で、反対を唱える人々は
理由のない逮捕をされ続けています。

今日も大勢の市民が命を奪われました。

仲間が捕まり、脅迫文が送られてきました。

身の危険が、
ついにあなたまで迫って来ているということです。

生きるには?命をつなぐには?いま、この国を出るには?

唯一ビザが降りた、JAPAN

「難民になるためのビザ」なんて世界中どこにもないので、
もっとも早く取得ができそうな短期滞在のビザ、いわゆる「観光ビザ」。

でも、結果、ビザがおりなかったり、
何ヶ月も待たなくてはならない国がほとんど。

そんな時間は、残されていません。
唯一ビザが降りたのは、一か八かで申請してみた

JAPANでした。

JAPANか。車とアニメくらいしか知らないな...

英語が通じるかもわかりません。知っているのは小学校の時に習った、
ヒロシマとナガサキのことだけ。

でも経済も、テクノロジーも発展してる平和な国・日本なら、しばらくの間、人生をつなぐとっかかりになるかもしれない。唯一のチャンスでした。あなたはすぐに、国を出ることを決めました。

第二の人生が、始まりました。

こうして、成田空港に降り立ったあなたは、あまりの寒さに身震いしました。
相場がわからず1泊1万円のホテルに泊まっていたあなたは、
手持ちのお金がなくなるスピードに驚き、もっと安いゲストハウスに移動しました。

お金も尽きてしまった彼は途方に暮れます。
住む場所もない、日本人の知り合いもいない、何をすれば良いのかわかりません。

「これでいいのだろうか。
僕はここで何をやっているんだろう。」

少したって、食べ物を提供してくれる団体や
日本語を教えてくれるボランティアの存在を知りましたが、
それ以外は、とにかく日々なにもやることがありません。

寒さをしのぎに24時間空いている夜中のマクドナルドへ行ったら、wifiが繋がりました。
あなたにとって、持って来たスマートフォンだけが、家族との唯一の連絡手段です。

目に飛び込んでくるのは痛々しいニュースと写真。
銃を持った軍人、抗議する市民のデモ、重なった遺体、隣国に逃れる人々の疲れた顔。
こないだまではあなたはその中で、平和を作りたいと願う仲間たちと声をあげていました。

でも今は、遠く離れた安全な場所から、そのニュースを眺めています。

「これでいいのだろうか。僕はここで何をやっているんだろう。」

日本に希望を求めてやって来たはずの難民の若者たちが、
先の見えない生活の中で、腐ってゆく現実があります。

“爆弾は降ってこない、でも人間として生きている心地がしない”

日本の誰とも繋がれず、故郷とも繋がれずに、
生きる意思を無くしてゆく若者たちが、日本にも数多くいます。

難民 = 「かわいそうな人たち?」

しかし難民の中には、ユニークな人々がたくさんいるのです。


考えてみれば当たり前で、紛争・迫害になる前は、当たり前の日常を母国で送っていた人たち。
アフリカや中東から飛行機で逃れてくる彼らは、
もともと経済資本・社会資本に富んだ人たちでもあります。

こんな優秀で情熱のある若者たちの可能性を、潰してしまうのはあまりにももったいない。

彼らと作る未来は、きっとカラフルで面白い未来なはず。

NPO法人WELgee代表理事 渡部 清花

2016年7月、コンゴからやってきた難民の青年と出会いました。 わたしは上京して5ヶ月。彼は来日7ヶ月。 「東京に関してはあなたの方がちょっと先輩だね」 なんて冗談を言っていたのを
覚えています。 彼に対して抱いた感情は「かわいそう」でもなければ、
もちろん「怖い」でもありませんでした。

彼は、会うたびにいろんな話をしてくれました。 帰れない故郷、人が殺され続ける母国、
ブローカーの存在、生活の厳しさ、日本文化にまつわる葛藤、
来日後から始まった生まれて初めて独りでご飯を食べる日常・・・

一方で、彼が語った平和への想いや、故郷への愛、弱い者への思いやり、日本がもつ可能性。 
何より「いつか平和になった祖国に戻ったら、
もっといい方法で幸せな人を増やしたい」と言うまっすぐな目を見て、

「彼らと創る未来は、きっとずっと面白いんだろうな」と思いました。

Not talk about refugee but talk WITH refugee
難民問題を話すのではなく、難民と共に話す

これが私たちの出発点でした。
「怖い」「かわいそう」「よくわからない」
本やメディアからの印象で、どうしてもそんなイメージを抱かれがちな人たちと、
実際に話してみたらどうでしょう? 友人として話す彼らはたくさんのことを教えてくれます。

スポーツの話、祖国の料理の話、希望あふれる夢の話、
ある日突然自分の家の前が爆破された時の話、、、

私たちの知りえない世界を、教えてくれる存在でもあります。
今、こんな空間が生まれつつあります。
WELgeeの3つの事業
「Talk WITH」「Live WITH」「Work WITH

①Talk WITH(ともに話す)

1)WELgeeサロン
日本に初めて来た難民の方が、日本社会へと繋がるための対話の場である「WELgeeサロン」を月に1回開催し、これまで26カ国、1000人以上の方が参加しました。
日本人との繋がりを持たず、孤独に陥りがちな難民の方が、日本人と出会い、第二の人生を始めるため初めの一歩の場です。

2)出張授業・講演会・企業研修
また、難民当事者とスタッフが学校に趣き、当事者たちが自らの体験を話し、『平和と民主主義』から『修学旅行前の異文化教育』まで様々な話題をともに考える出張講演を行なっています。

②Live WITH(ともに暮らす)

1)緊急シェルター

日本に初めて来た難民の方が、限られた公的サポートの中で、ホームレスになるケースも少なくありません。緊急で宿泊できるシェルターを作りました。

緊急性の高い人々をいつでも迎え入れるシェルターには、これまで3歳児のお子さんを持つ家族を含め、15名の難民の方々が宿泊しました。

2) 千葉ハウス(地域密着シェア型ハウス)
一時的な避難場所ではなく、長期的な暮らしや仕事に繋がるまでの「ただいま」と言えるような家です。難民の人と日本の人が、緑一つ屋根の下で長期間の共同生活を送り、第二の大きな家族のように、笑い合い、励まし合い、支え合う自立準備の拠点です。

日本人とアフリカ出身の2人のハウスマネジャーが、ゴミ捨ての時の挨拶などを通して、ご近所さんと少しずつ、関係性を築いています。

そして
"生きることは働くこと"

働き盛りの、元気で面白くて、ユニークで、
自国で個性を活かして働いていた若者たちはみな言います。
その一方で、「不安定なビザ、日本語ができない自分を雇ってくれるところは
日雇い労働しかなかった」と嘆く若者も多いのが現実です。
労災もない。雇用契約書もない。でも他に選択肢がない。

自己実現のための「働く」の方法を作りたい。

WELgeeは、そんな若者たちの働くを作る事業を始めました。

③Work WITH(ともに働く)

難民の方は自国で修士号を取得したり、企業経営者やエンジニア、デザイナーなど、知見や経験が豊富で、社会への感度も高いチェンジメーカーです。そんな彼らが民間セクターで「人財」として活躍することで、日本人も難民も、多様な働き方で日本経済に貢献でき、人材不足など他の社会課題の解決にも繋がります。

現在、多様な経験と志を持つ難民当事者と、彼らと新しい価値を創り出したい日本企業とつなぐ、就労マッチング事業を行なっています。WELgeeの繋がりのある難民の方々のうち3名々が企業への正社員雇用を果たし、1名の方がインターン採用を果たしました※。

※有料職業紹介業を持つパートナーと協働しています。


「難民」としてではなく、
「自分」として生きるための道を応援してください。

1日30円から
難民の若者たちの将来に、投資しませんか?

様々な評価をいただいています

メディア実績

英字新聞JAPAN TIMES、日本テレビNEWS24、TBSニュースバード、NHKハートネットTV、朝日新聞、AbemaTV、東京新聞...様々なメディアで特集されました。

受賞歴
  • INCO(フランス)主催『Woman Entrepreneur of the Year Award 2018(2018年女性起業家アワード)』でグランプリを受賞しました。
  • Forbes JAPAN『日本を代表する30歳未満の30人ソーシャルアントレプレナー部門に選出されました。
企業の方からの協賛
株式会社エイチ・アイ・エス、アクセンチュア株式会社、株式会社ジェイフィール、株式会社デジサーチアンドアドバタイジングなどからもご支援をいただいております。
企業の方からの協賛
株式会社エイチ・アイ・エス、アクセンチュア株式会社、株式会社ジェイフィール、株式会社デジサーチアンドアドバタイジングなどからもご支援をいただいております。
・国際問題に対してアクションを取りたい!
・難民問題に興味があり、何かしたいと思っていた...
・可能性のある若者を応援したい!

あなたがもしもそう思うのであれば、
今すぐWELgeeファミリーにお申し込みください!

WELgeeファミリーになると

①入会キットをお届けします
入会した方に、WELgeeパンフレットと年間報告書(初年度以降)をお送りいたします。
②活動を報告する
限定メルマガが届きます

毎月1回、WELgeeが関わる難民の方の活躍や、新しい取り組み、深く難民問題を理解するためのメールマガジン「月間WELgee通信」が届きます。
③Annual Partyへのご案内
WELgeeがお世話になった方を集めて、年に1度Annual Party(年次パーティ)を開催いたします。年次の活動報告と今後の方針についてお伝えする機会、日々を奮闘する難民当事者の仲間たちとの交流の機会です。
③Annual Partyへのご案内
WELgeeがお世話になった方を集めて、年に1度Annual Party(年次パーティ)を開催いたします。年次の活動報告と今後の方針についてお伝えする機会、日々を奮闘する難民当事者の仲間たちとの交流の機会です。

WELgeeファミリーの声

「自らの境遇に関わらず共に未来を築ける社会」と言うビジョンが魅力的で、その社会をマンスリーサポーターとして応援したいです。そして、周りの人たちを巻き込む力がとても強いので、日本のソーシャルセクターを盛り上げてくれることを期待しています。

水溜 智士さん
特例認定NPO法人e-Education 広報・ファンドレイジング担当

WELgeeは私自身を見つけるくれました。私の良い点や、悪い点と向き合う機会をくれました。
アフリカ出身の
難民Aさん
WELgeeは私自身を見つけるくれました。私の良い点や、悪い点と向き合う機会をくれました。
アフリカ出身の
難民Aさん

よくあるご質問

  • Q
    寄付の支払い方法はどのようなものがありますか?
    A

    お支払い方法は、クレジットカードまたは銀行・郵便口座の口座振替から選べます。

  • Q
    寄付金は何に使われますか?
    A
    難民当事者が安心して暮らせるシェルターの運営や、彼らが次のステップを話し合うオフィスを毎日解放するために大切に使用させていただきます。
  • Q
    WELgeeと関わるのは、どの様な難民の方々ですか?
    A
    最も多いのが、コンゴやチュニジア、カメルーンなどの国勢が不安定なアフリカ諸国から来た方々で、彼らの多くは祖国で安定した仕事を持ち、普通の生活をしていた方々です。
  • Q
    寄付金は何に使われますか?
    A
    難民当事者が安心して暮らせるシェルターの運営や、彼らが次のステップを話し合うオフィスを毎日解放するために大切に使用させていただきます。

あなたの寄付が、難民の若者たちへの
未来への投資になります。

毎月1000円の寄付で

仕事を得るための面談
1回行くための交通費になります。

毎月3000円の寄付で

来日間もない難民の方が
1週間緊急シェルターに泊まる食費になります。

毎月5,000円の寄付で

日本人と繋がる対話の場に参加する5人の難民の方々を招待できます。

毎月5,000円の寄付で

日本人と繋がる対話の場に参加する5人の難民の方々を招待できます。

“自らの境遇に関わらずともに未来を築ける社会”

自国での迫害や紛争等が理由で、彼らは、家族も友人も、キャリアも社会での役割も、慣習も言語も異なる新境地JAPANでの生活を始めました。

逆境を超えてきた彼らだからこそ描く夢やビジョンを新しい故郷となる日本で実現できるように。そして彼らが日本社会で輝くヒーローとして、また、いつか平和と再建に向かう自国のリーダーとして、共にもっとおもしろく、
ずっと平和で、寛大な世界を築いてゆく。そんな社会を目指します。

ここまで、読み進めてきてくださった皆さん、ありがとうございます。
あなたにできることが、ここにあります。

国籍問わず、意欲ある若者の背中を押せる仕組みづくりを一緒に仕掛けませんか?
単に明日生きられる家を与えるだけでない。
対処療法ではなく、難民が未来をデザインできる仕組みを作る。
意見を言っても逮捕されない国に生まれた 
声をあげても殺されない国で育った 
未来を選べる国で学校に行った 

それは、難民たちが平和を求めてやってくる国だった

難民」ではなく「自分」として
第二の人生に新しい選択肢を作る