WHITE CROSS
留学基金

グローバルな視点で歯科医療を通じて日本社会の発展に貢献する歯科医療人の育成を目的とする

MBA留学奨学金 概要

募集人員:  1名/年
支給額:   200万円
基準:
・ 国内で3年以上の臨床経験を有する歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士
・ 世界ランキング上位の MBA の Full time/Executive Program 合格者
・ 卒業後、日本歯科医療に関わり、日本社会の発展に貢献し得る資質を持つ者
・ 私費留学者

選考方法

Step 1 指定大学合格後、フォームから応募する 
Step 2   合格大学に提出したエッセイなどの書類一式、各種試験点数および、合格通知書の写しを提出  
Step 3 対面での面接 (書類選考通過者)
Step 4 合否結果の通知

メッセージ

人口減少・超高齢化が進む日本国において、国家財政を圧迫する右肩上がりの医療費を抑制するため、医療システムはシックケア単体から、シックケアとヘルスケアの両輪で国民の健康寿命を伸ばしていく新たな社会システムとして再構築されようとしています。

日本社会からの歯科医療に対する期待は、かつてないほどに高まっています。2017年に、国家が「経済財政運営と改革の基本方針」において口腔健康と全身健康との関連性を認め、歯科検診と口腔ケアを推進することを明文化しました。そして2018年には、地域における医科歯科連携の構築が追記されました。

歯科医療は今まさに「生きる力を支える医療の代表」への転換点にあります。この時流に乗り、積極的・建設的に変化することで、歯科医療はその社会的価値を高めながら成長していくことができます。

これまで先人達が作り上げてきた日本の歯科医療の現在のあり方を単純に否定して、新しい歯科医療のあり方を模索することは不可能です。温故知新を旨に、現在の日本の歯科医療が次世代に引き継いでいくべき良い点、変わっていくべき点は何であるかを考え、日本の歯科医療の持つ可能性を知り、実際に行動していくことが求められます。そのためには、歯科医療に軸足をおきながら、日本および歯科医療の枠を越えた視座と政治経済についての知見を持ち、歯科医療を通じた日本社会の発展や日本国の成長戦略の立案・実行を担える人材の育成が必要不可欠です。

当MBA留学奨学金は、国家・国民そして歯科医療従事者自身にとっての歯科医療の価値の向上、および日本国の繁栄を願い、設立されました。

歯科大学留学奨学金 概要

Coming Soon
  • Q
    歯科大学留学奨学金の詳細について教えてください。
    A
    現在、
    募集人員: 1名/年
    支給額:  50万円
    を前提に、対象基準を検討中です。決定後に当ページにて情報更新をいたします。決定前のお問い合わせには対応いたしかねますので、お控えいただけますと幸いです。

基金について

設立者

赤司 征大|Masahiro Akashi
一般社団法人WHITE CROSS留学基金 共同代表理事
WHITE CROSS株式会社 代表取締役 CEO
歯科医師/MBA

2008:東北大学歯学部 卒業
2015:UCLA Anderson School of Management 卒業
田代 裕一|Yuichi Tashiro
一般社団法人WHITE CROSS留学基金 共同代表理事
WHITE CROSS株式会社 取締役 COO
歯科医師

2008:東北大学歯学部 卒業
田代 裕一|Yuichi Tashiro
一般社団法人WHITE CROSS留学基金 共同代表理事
WHITE CROSS株式会社 取締役 COO
歯科医師

2008:東北大学歯学部 卒業

社団情報

名称   一般社団法人WHITE CROSS留学基金
事業内容 グローバルな視点で歯科医療を通じて日本社会の発展に貢献する歯科医療人の育成
設立   2019年1月