講師

Makoto Oohashi
大橋 眞
称号名誉教授 (2019.4)
生年西暦1953年学歴1976.  3
京都大学薬学部製薬化学科卒業1978.  3
京都大学大学院薬学研究科修士課程修了学位医学博士 (宮崎医科大学) (1984年5月)職歴1978.  3.東京大学医科学研究所文部技官1979.  1
宮崎医科大学医学部助手1991.  4
徳島大学総合科学部助教授1997.  4
徳島大学総合科学部教授退職日2019.  3.31

専門分野○免疫生物学 (Immunobiology)
個人のホームページ○https://researchmap.jp/read0170968 (researchmap)
YouTubeチャンネル 『学びラウンジ』

医学博士

Mari Joko
上古 眞理
神経内科専門医、内科認定医
出身地:長岡京市 長岡第四小学校、長岡中学入学、長岡第三中学校卒業、乙訓高校 平成2年滋賀医科大学卒業

大学を卒業するまでは長岡京市居住。
大学院を卒業後は宇多野病院、京都岡本記念病院(前 第二岡本総合病院)で 神経内科医として勤務。
2018年1月からは彦根市立病院に勤務、 2019年12月に退職して会社を設立。
難病を多く診ていく中で薬ではなくて予防が大事なことに気づき数年前から本格的に勉強。
また薬やワクチンの副作用で神経系のダメージを受けた患者さんに接することで
気付かされることがたくさんあり現在に至る。

【株式会社Peak Health Energy】

医療・環境ジャーナリスト

Syunsuke Hunase
船瀬俊介

♦プロフィール
著書「買ってはいけない」200万部大ベストセラーで話題を呼び、
「抗がん剤で殺される」で一大センセーショナルを巻き起こす。
独特の語りで、現代医療の矛盾と問題点に鋭くメスを入れる。

1950年 福岡県生まれ。
九州大学理学部を経て上京し、早稲田大学第一文学部に入学。
日本消費者連盟に出版・編集スタッフとして参加後、独立。
独立後は消費者・環境問題を中心に評論・執筆・講演活動を行っている。
温暖化などの地球環境問題、シックハウスなど健康問題、さらに文明論的視点から建築・医療・健康・食品の鋭い批評を展開。

♦近著として、
『老人病棟』(興陽館)
『日本の真相3』(成甲書房)
『(暮しの手帖)をつくった男』
(イースト・プレス)
『できる男のメンタルコンディショニング』
(主婦の友社)
『年をとっても ちぢまない まがらない』
( 興陽館)
『できる男は金を呼ぶ!』(主婦の友社)
『健康寿命120歳説』(三五館)
『ロックフェラーに学ぶ悪の不老長寿』
(ビジネス社)
『未来を救う「波動医学」』
(共栄書房)
『まちがいだらけの老人介護』(興陽館)
『維新の悪人たち』(共栄書房)
『元気になりたきゃ、お尻をしめなさい』
(日本文芸社)
『60(カンレキ)すぎたら本気で筋トレ!』
(興陽館)『リニア亡国論』(ビジネス社)
『肉好きは8倍心臓マヒで死ぬ』(共栄書房)
『恐いインプラント』(光文社)
『世界に広がる「波動医学」』(共栄書房)
『牛乳のワナ』(ビジネス社)
『なぜ中国は認知症に音響チェアを導入したのか?』(徳間書店) 

など300冊以上。

タオ指圧創始者・僧侶・音楽家

Ryoukyu Endo
遠藤 喨及

♦プロフィール

東京に生まれ、10〜13歳までの少年期をニューヨークで過ごす。
ツボ施術、仏教、武道の修行を経てある日突然、氣が見えるようになり経絡に開眼。
東洋医学伝来の証診断を修得する。

そして、全身二十四経絡、超脈、気心脈など、従来の東洋医学にはなかった、全ての経絡の秘密を解き明かす。

「タオ指圧」創始者として、90年の初頭から、北米各地、ヨーロッパ各地、中東、オセアニアなど、世界十二か国で、講習やワークショップを行う。

 その足跡によって、現在、世界10都市で「タオ指圧」の施術と指導、また仏教修行が行われている。

※国内では東京と京都にセンターがあり、門下生による施術と指導が行われている。
個人ページ  https://endo-ryokyu.com/

<その他の顔>

和田寺住職

作曲&演奏家(楽曲は、内外のテレビに提供。CDアルバム6枚)

NPO法人アースキャラバン代表 https://www.earth-caravan.com/ 

<参考:海外講習での治療実演映像>

https://www.youtube.com/watch?v=pdRZocGsqoc

♦主な著書

『<気と経絡>癒しの指圧法』(講談社+α新書)

『気の経絡指圧法 安らぎのツボ 実技篇』(講談社+α新書)

『タオ指圧入門』(講談社α文庫)

『気の幸福力』(法蔵館)

『タオ、気のからだを癒す』(法蔵館)

『タオ指圧、東洋医学の革命』(ヒューマン・ワールド)

『タオ指圧、究極の経絡メソッド』(ヒューマン・ワールド)

『気心道』(だいわ文庫)

 DVD『<気の経絡>タオ指圧』(医道の日本社)

※また、著書の多くは、英独仏伊西、ヘブライ語など数か国後に翻訳されている。

のもと経絡療術院 臨床家

Jiyuu Nomoto
野本 竺佑

自らが十代に発症したアトピーやアレルギーなど、
心身の不調を自然療法や
気功などにより改善してきた体験を元に
これまで20年に亘り、経絡を基礎とした
療術の実践を続けている。

食事改善、断薬についての指導も行なっている。HanaGroupでのスタッフ向け講習会

【特別講習会】食と健康について
Part1【施療家:野本竺佑先生】
Part2【施療家:野本竺佑先生】
Part3【施療家:野本竺佑先生】

会津大学教授

サジ・ハミード
Hameed Saji N.

♦プロフィール

『サジ・ハミード会津大学教授』1967年インド・ケララ州生まれ。
1997年インド科学研究所(バンガロール)大気科学の分野で博士号を取得。
1998年~2002年海洋研究開発機構(日本)
2002年~2006年ハワイ大学(米国)
2006年~2009年アジア太平洋経済協力気候センター(韓国)研究員。
2006年~2009年アジア太平洋経済協力気候センター(韓国)勤務。
2010年より、会津大学で教鞭をとる。


https://www.u-aizu.ac.jp/research/facultylist/detail?cd=90027

1999年インド洋ダイポールモード現象発見。