創業者からのメッセージ

和僑グループのスタートは、平成2年。バブル終焉を迎えていた福岡博多天神大丸前の小さな屋台「味平」にて創業。

人の絆を大事にするヒノマルの遺伝子はすべてここから始まった。平成6年 実店舗1号店となる「炉端焼みさお」開業 チェーン展開スタートさせる。その後、東京・新橋にて「ヒノマル食堂」を展開し本格的に外食産業に新しいカタチの挑戦を始める。

ヒノマルの第一のステップは、1店舗当たり、年間集客5万人。まず100店舗で年間500万人のご来店を頂くことを目標に掲げる。私たち和僑グループは、日本人の世界進出の王道として、日本国内はもとより和の食文化を背景とした世界進出を図っていくことが目的であり、正しい和の食文化と現地の食習慣がバランス良く融合した「現地和食」という世界観を広めていきたいとも考えています。

日本人にとって和食の源流とは、相手を想う愛。そこから素材の持ち味を最大限に引き出す技術や、繊細な味付け、美しい盛り付けなどへ広がる。外食産業である我々がそれを信念とする時には、食べる者の健康を気遣い、決して偽装などでごまかさない経営スタイルが見えてきます。日本再興の為の新たな道の模索。誇りある無名の日本人達が克服してきた様々な歴史の試練。哀しんでもなお、我々もまた、強い意志でこの苦難の時代を歩まなければならない。

和僑の役割分担として、我々には我々の出来ることを。

未来の日本のために、世界へ広がる和僑が人生の目標であるならば、その関わり合いの中で育っていく和僑の末裔、次世代の子供たちによる「和裔(わえい)」という新たな形が私たちの夢です。

平成の世に、小さな民間企業から世界を変える事が出来るか。

ここの場所が、我々の挑戦の第一歩だと考えております。

応募はこちらから

私たちの挑戦
和僑グループ旗艦ブランド ヒノマル食堂 有楽町店
博多天神で屋台からスタートした和僑グループは、東京・新橋に旗艦ブランド「ヒノマル食堂」をスタートさせます。ここから本格的に店舗展開・全国展開が始まりました。大衆居酒屋という激戦マーケットながら食材や産地、調理方法などにこだわり抜いたヒノマル食堂は同ブランド3店舗目となる有楽町店は、2014年、2015年アサヒビール調べにおいて2年連続坪単価売上げ日本一という偉業を達成します。そしてその後「ヒノマル食堂」ブランドは、東京を中心として九州などにFC店をオープンさせています。

さらにとどまることなく和僑グループは、有名ラーメン店「なおじ」ブランドをM&A。新潟を中心に「ヒノマルステーキ」「虎や総本舗」などを展開。

出身母体の九州地区においても「みさお」「魯山」「水匠」「ハンバーグ牛匠」などの飲食ブランドも構築し出店をしていく。

応募はこちらから

この夏、和僑グループの集大成ともいえる「不二楼」というブランド。約5年間という構築期間を経て、東京・日本橋茅場町に2017年7月グランドオープンを控えております。「総料理長・女将」という和を重んずる経営スタイルにこだわり、和僑グループ職人の技をすべて盛り込んだという業態。

1階焼き鳥業態、2階は鉄板焼き居酒屋業態、3階は和食・鮨業態、4階は会員制Barというひとつの建物で様々な飲食が楽しめる新名所・新空間を創造します。

日本橋における飲食の新名所として君臨する「不二楼」は全国の和食職人が集まる最高のおもてなしの場として挑戦していきます。

応募はこちらから

2017年7月7日グランドオープン予定 日本橋茅場町「不二楼」

"つくれる"のその先へ

私たちは世の中の「つくりたい」を「つくれる」に変え、その先にあるそれぞれの目的を実現させるための全てのことを提供します。
大切にしている価値観

家族であること

東京を中心に日本全国に展開する和僑グループでは、皆が「家族」であると考えております。
古臭い言い方かもしれませんが、同じ釜の飯を食う仲間。
いわゆる家族という認識のもと、メンバーと付き合っていく。
メンバー・社員の人生と膝を付け合わせながら一生共に生きていくことを心に刻んでます。
オープンである
良いサービスを作るには、実際に使っている人々の声をいかに拾えるかが大事です。
そのためには社内外全ての人との関係をオープンにしていく必要があると考えます。
とにかくお客様との距離が近く、必要に応じて変化できる柔軟性の高い組織であり続けます。
早く、たくさんトライする
正解というのはやってみないとわからないものです。 挑戦を恐れることが一番のリスクです。
失敗を良しとする文化を標榜し、早く、沢山トライすることで ベストな選択肢を見つけお客様に対しより良いサービスを提供します。
成長に寄与する
弊社にとって最も大事な資産はスタッフであり、一人ひとりの成長が 会社およびサービスの成長にとって不可欠だと考えます。
提供するサービスを通じてお客様の成長に寄与し、お客様の成長を通してスタッフ一人ひとりが成長する組織でありたいと考えています。
全てのことに情熱を注ぐ
私達は、全てのスタッフが
「情熱を持ってビジョンを語り」
「多くの人々を巻き込みながらサービスを創り」
「情熱を持ってお客様の成長のために行動できる」
そんな組織でありたいと考えています。
全てのことに情熱を注ぐ
私達は、全てのスタッフが
「情熱を持ってビジョンを語り」
「多くの人々を巻き込みながらサービスを創り」
「情熱を持ってお客様の成長のために行動できる」
そんな組織でありたいと考えています。

飲食業界最高峰の福利厚生を用意

飲食業界のイメージは、どうしても長時間労働や大変なイメージがあります。私たちはスタッフが中心となり、福利厚生プログラムを作り上げました。今までの飲食業界がびっくりするようなプログラムを多く盛り込み、スタッフの満足度をあげることを考えてます。

そして最終的には、自分の店を持ちたいなどの相談にも応じ、起業支援プログラムも設定してます。

応募はこちらから

メンバー
佐藤 耕一郎
取締役/隊長/帝国フードクリエイト支配人
創業者高取と共に東京進出し、現在のヒノマル食堂の基盤を築く。あの「なおじ」再起にも大健闘。
西田 祐介
エリアマネージャー
東京・東海エリアを担当。
ヒノマルだけではなく他ブランドの立上げも多く貢献。
本吉 京
有楽町店 副店長
有楽町店の人気者、ムードメーカー。
榎本 武志
蒲田店 店長
大箱蒲田店を仕切る元気印
稲田 健人
有楽町店 店長
アサヒビール調べ日本一居酒屋を
仕切る誰もが愛する稲田店長。
千里
不二楼配属予定
不二楼秘蔵っ子。不二楼では大役が待つ存在。
野村 梨奈
マネージャー/人事
新橋総本店を支えながら、ヒノマル全体の状況を常に把握。なぜか「はなさん」と呼ばれる。
與那覇 有司
有楽町店/独立修行中
夢は沖縄でヒノマル食堂をオープンさせること。
高倉 純也
蒲田店 焼き師
バイトながら焼き師の称号を取得
日渡 竜也
焼き師/スーパーバイザー
創業者高取と共に東京進出した九州人。バイザーとして多くの店舗の立上げ隊長でもある。
高岸 友和
㈱ROZAN 代表取締役
創業者高取と共に和僑グループを立ち上げた和の職人。九州地区にて数店舗を経営及び管理
高岸 友和
㈱ROZAN 代表取締役
創業者高取と共に和僑グループを立ち上げた和の職人。九州地区にて数店舗を経営及び管理
採用に関するお問い合わせはこちらからお願いいたします
会社概要
会社名 株式会社 和僑ホールディングス
代表者 坂田 敦宏
設立年月 2017年1月(グループ創業は、1990年)
会社住所
東京都中央区日本橋茅場町2-9-12
設立年月 2017年1月(グループ創業は、1990年)
採用に関するお問い合わせはこちらからお願いいたします