若興人の家2018年度 
メンバー募集

若興人の家は岩手県陸前高田市で活動をする"地域おこし"の学生団体です。

一緒に「陸前高田と子どもの可能性を広げる」仲間を募集!

 東日本大震災によって大きな被害を受けた岩手県陸前高田市。深刻な少子高齢化に加え、津波は人の命だけではなく、昔ながらの街並みや産業、文化までも流してしまいました。しかし、そこで第二の故郷陸前高田への想いを持った大学生たちが『昔の高田』を受け継ぐお手伝いをすることで、地域の未来の可能性を広げる活動を立ち上げます。

日本で最も新しいことが起こっているチャレンジングなこの町で、一緒に地域の未来へチャレンジしませんか?

若興人の家 概要

 若興人の家は「何年先も陸前高田と交流し続ける若者を増やす」ために、第2のふるさと陸前高田への想いを持った学生が、陸前高田を定期的に訪れ活動する任意団体です。2012年9月、空き家となっていた高田町鳴石地区の古民家を「若(わ)興人(こうど)の家」と名付け、陸前高田を訪れる学生の拠点にするという構想からスタートしました。活動を5年半続ける中で、震災前からの人口減少により地域に自信の持てない市民がいることに気がつきました。2017年度は、大学生が陸前高田を知り、市民との交流や地域づくりを通じて「陸前高田が好き」と思えるような活動を行いました。大学生との交流を通じて、市民が陸前高田の魅力に改めて気づくことを願っています。

2017年度 活動実績

 2012年度、陸前高田を訪れる学生の拠点づくりがスタートし、空き家となっていた鳴石地区の古民家を「若興人の家(わこうどのいえ)」と名付けました。地元の大工さんに協力をいただき拠点の改修を続けながら、地域をより“深く知る”べく街歩きをしたり市民との交流会を開催したりしました。2015年度は、地域に“根付いた”活動にしたいという想いから、市内の小学生と椅子をつくりワークショップの実施、たかたる。の製作を行いました。2016年度からは、地域により“密着した”活動をするべく、陸前高田の魅力を再発見・新発見することを目的とした市民向けのイベントを、市民の方々と一緒に企画しました。2017年度は、イベントで市民の方々から大好評であった、東日本大震災以前の市街地模型の展示会を開催しました。

拠点づくり(民家改修)

子ども向け木工教室

魅力発見イベント

2018年度は「陸前高田と子どもの可能性を広げる」をテーマに新しい仲間を募集します!
メンバー募集に伴い下記の日程と場所で説明会を開催いたしますので、お気軽にご参加ください!!

募集メンバー像
・自分よりも他者のために行動できる人
・大変なことでも、目的を見失わず最後までやり遂げた経験のある人
・中学生と気兼ねなく話せる人

ポイント
・まちづくりに関心のある地元の中学生と一緒に地域おこしを考えます!
・市長のかばん持ちができるかも!?
・社会人や他大学・他学科の学生と一緒に活動することで、視野が広がり将来やりたいことが見えてきます!
・多くの人との繋がりや、パソコンを使ったプレゼン資料の作成などを、社会人になっても仕事へ活かすことができます!

活動スケジュール
・毎月1〜2回程度のミーティング。
・陸前高田市での宿泊を伴う活動は6、8、10、3月の年4回を予定(1〜2泊、長期 等)。
・長期インターン希望者に1〜2ヶ月短期、6ヶ月〜1年程度の長期 等、相談を受け付けております。
・交通費等の活動費を一部補助します。(予算調達状況により変動有り)

震災前の市街地模型の展示

高田の魅力インタビュー

子ども達の活動をサポート

 岩手県陸前高田市では、若年層の人口減少・地域住民の高齢化・東日本大震災による町の倒壊によって、『昔の陸前高田』について話す・知る機会は急激に減少し、これからそれらを知る人がどんどん減っていきます。そこで大学生による2つの活動を通して地元中高生に『昔の陸前高田』を伝承し、地域の未来を形づくるお手伝いをします。

(1)「のこす」プロジェクト

東日本大震災以前の市街地模型を活用し、子どもたちが『昔のり陸前高田』について知るプロジェクト。子どもたちに助言者として付き、新たな発見の機会を提供するとともに、一緒に地域の未来について考えます。

(2)「かたる」プロジェクト

冊子「たかたる。-高田の人が高田を語る-」を子どもたちと一緒に製作・発行するプロジェクト。アポイントメントから取材、文字起こしなどの製作過程を一緒に踏みながら、地域の魅力を発信していきます。

2017年度学生リーダーからメッセージ

【今、ここにあるチャンスを逃さないでほしい!】
 ページを最後までご覧いただきありがとうございます!若興人の家大学生メンバーの猿田悦子(さるたえつこ)です!ページの中で興味がわいた箇所はありましたか?「陸前高田」「子ども」「市長かばん持ちインターン」「冊子」「模型」…本当に沢山の要素があったと思います(笑)実際に私は当時「社会人になっても役立つスキル」にひかれて、飛び込んだメンバーの1人です。他にも「カメラ」「東北」への興味を持って飛び込んだメンバーがいます。そして同じように、ぜひこのページのどこか1つでも興味がわいた方にも、ぜひ新メンバー募集説明会に来ていただきたいです。ぜひあなたの興味のあることを、成長をもって、一緒に取り組んでいきましょう!お待ちしています!!

下記の日程と場所で説明会を実施します!
事前申込不要・無料なので、お気軽にご参加ください!!

2018年5月15日(火)
①12:20〜13:00 立教大学 復興支援交流スペース(池袋キャンパス5号館1階)
②19:00〜20:00 東京都渋谷区神宮前6-19-15 高野第1ビル6階

メンバー応募・相談・お問い合わせについて

メンバー応募や相談、お問い合わせに関して、下記のメールアドレスにお問い合わせください。

info@wakodohouse.org
担当:猿田、久保

また、普段の活動の様子などはfacebookで随時更新をしておりますので、ご覧ください。
https://www.facebook.com/wakodohouse.page/