読書会へようこそ

 

『対話することで心が満たされる時間』
『根っこは繋がっていると共感できる』
『とにかく誰か大人と話したい!』

という場を作りたくて、開催しています。

あなたとの対話の時間を楽しみにしています。

あなたがふと気になる1冊を持ち
読書会に参加すると…

あなたの世界
著者の世界
読書会に参加した誰かの世界

それぞれの世界が平行線で
スタートしたかと思ったら

ジワジワとその世界が入り混じり…
気が付いたら、
誰かの世界の中で楽しんでいたり、
みなが、あなたの世界に遊びにきてくれたり…

もしかしたら、
あなたが今まで知らなかったり、
気づかなかった
新しい世界へ足を踏み入れている…
そんな…

パラレルワールドのような体験が待っています。

そんな体験を共有することで
あなたの価値観が明確になる。

「みんなそういうものでしょ?」

そう思っていたことが、
あなただけの感覚だったことがわかったり、

そしてそれこそが、
あなたならではの、あなたの個性

感覚は人それぞれ、
あなたの感覚、みなの感覚
どれも大切な
自分の軸。

いろんな情報に触れざるをえない忙しい毎日…
気付かぬうちに揺れ動いてしまいがち

ときどき読書会に参加して
パラレルワールドの世界に遊びながら、

お互いの価値観を認め合い、
自分軸を整える時間を
一緒に作って行ってみませんか?


読書会の特徴


本を読んでこなくてOK

本は使いますが、本を読んでこなくてOK
しかし、いろんな気づき、ひらめき、考えの変化が起こってしまうのです。きっと、有意義な時間になると思います。普段、本を読む習慣がなくても大丈夫。読むつもりの本が積み重なっている方もチャンスです。

安心・安全な場

相手の発言を批判しない、話した内容については口外しない、といったルールを設定することによって、安心、安全な場を作っています。お互いにどんな小さな気づきでも積極的にシェアすることで対話を深め合いましょう。
仲間と繋がれる

読書会を通して、対話をすることで、終了するころには初対面の方とも人となりを少なからず理解し合えます。
その後の交流が生まれているケースも良くあります。

仲間と繋がれる

読書会を通して、対話をすることで、終了するころには初対面の方とも人となりを少なからず理解し合えます。
その後の交流が生まれているケースも良くあります。

となりのわかなさんの読書会開催予定

オンライン読書会
日程 2021年1月以降はお問合せ下さい。
時間  10:00~12:00
定員  5名
参加費 2000円
ビジョナリー読書会とは?
ビジョナリーな人になりたい!というファシリテーターの希望でつけたタイトルです。
自分だけでなく、参加して下さる皆さんと一緒にビジョナリーな人になれたら、それぞれが理想の人生を生きる、幸せな社会が実現することと思います。
ビジョナリーな人とは?
データや論理に関わらず「これがやりたい!」という望む未来を描くことができ、その実現に向けて道筋をつけることが出来る。行動することが出来る人のことです。
結果を出している組織・チームにはビジョナリーな人の存在が欠かせないそうです。
どうしたらビジョナリーな人になれるの?
ビジョン思考が必要です。
コツがいくつかあるのですが、
インプットの幅を広げることもその一つです。
また一緒に取り組む仲間がいると効果も上がります。
どうしたらビジョナリーな人になれるの?
ビジョン思考が必要です。
コツがいくつかあるのですが、
インプットの幅を広げることもその一つです。
また一緒に取り組む仲間がいると効果も上がります。
読書会とビジョン思考にどんな関係があるの?
毎回の読書会に選んでくる本やテーマは、その時その時のご自身の関心のあるテーマで構わないのです。
読書会の流れの中にビジョン思考の要素を盛り込んで進行します。
読書会を積み重ねているうちに、気づけばビジョン思考が手に入り、ビジョナリーな人になっていることを目指しています。
ビジョン思考とは?
「それはただの妄想だ。まず根拠を示せ!」と言われてしまうような、「根拠のなさそうな直感」「途方のない妄想」からスタートして、望む理想を実現に導く思考の新技法です。周囲の要望に対応するのが上手くなりすぎて、自分の本当の要望が分からなくなっている人は、ビジョン思考によって本当の要望が見えてくるかもしれません。


Read For Action(リードフォーアクション)の読書会とは?

リードフォーアクションは、日本最大級の、“行動するための読書会”ネットワークです。
読書を、知識を得るための個人の経験に留めず、
話題の本の感想を分かち合ったり、仲間と一緒に読むことで、
内容をより深く理解したり、新しい自分に出会ったり、
同じ問題意識をもった仲間たちと解決方法を見つけ出すことができます。

読書の場から、一人ひとりのストーリーが生まれる読書会、
ダイアログを通じて、行動するきっかけを紡ぎだす読書会、
それがリードフォーアクションです。

リードフォーアクションが誕生したのは 2011年9月。
同年 3 月に起きた東日本大震災で、日本社会全体が大きく揺らぐ中、
多くの人が、新しい時代を自分たちの手で創っていく必要性を感じていました。
その一歩をともに踏み出すため、人と人をつなげ、
知を共有するソーシャルリーディング・コミュニティ
「リードフォーアクション」はスタートしました。

多田 わかな プロフィール

2017年 読書会ファシリテーター 取得
長野県 松本市 在住  趣味はガーデニング

読書が好きだったので、複数で読むソーシャルリーディングという読み方に興味を持ったのがきっかけで読書会に出会いました。

それまでの私は、ワークショップなどに参加することもほとんど無く、自分の本音や悩みをみなにシェアするなんて怖くて出来ませんでした。
下手に外で弱みを見せると何かセールス等の「ターゲット」にされてしまうんじゃないかという漠然とした不安がありました。

でも「安心安全な場」を保証されている読書会に出会ったおかげで、安心して自分の話が出来るようになりました。
何回か参加しているうちに、出会った皆さんとの信頼感を得られるようになり、社会に対して強すぎる警戒感を持っていたのも、信頼感へと変わっていくことを体感しました。

この活動で一番の喜びは、参加者同士の対話が深まり、自分一人ではたどり着けない答えが導き出されることです。またその発見によって私の強すぎる警戒感が信頼感へと変容していったように、みなさんの変容する様を共有できることです。

そして、この活動を通して、「対話することで満たされる」「自分軸を整える」「安心安全な場」を作りたいと思っています。