NUMBER

第28節安宅丸 春の陣(2020/2月〜2020/5月)


「八方鏡月の舞」
作曲:須貝崇之 作詞:須貝崇之 振付:森健太郎 


宵闇に 結んで閃く 宴幕明け




「ワッショイ Ⅱ」
作詞:森健太郎 振付:森健太郎

北斎描きし富士の山より
高き夢見し人生なれば
己の真に一心不乱に
我を忘れて歌えや踊れ

熱き鼓動よ大和の魂
皆よ集まれ龍となれ
一度限りの人生なれば
さぁ皆歌えや踊れや歌え

ワッショイ ワッショイ ワッショイ さぁ皆一緒に
ワッショイ ワッショイ ワッショイ ワッショイ

※ ワッショイ:和を背負うが語源




「無辺の万華鏡」
作詞:須貝崇之 作曲:須貝崇之 振付:青井美文

万葉の
思い花咲き
散りたるも
無辺・現世(むへん・うつしよ)
万華鏡

訪れた遠き外れの夢の跡
君を探して打ち上げ花火

人波の合間を駆けて流れ風
うたう(謳う・歌う)海鳥岬に集う
今白い砂浜に散らばる
虹の夢のかけらのうた繋がる

万華鏡
カラカラ飛び交う羽・花弁誘われ幻影
瞬き閉じて開けば別世界

現世(うつしよ)の
限りあること
限りなく
終(つい)を廻れば
明けに源(皆もと)

映された鏡の中の宴舞
一つ手土産さあ通りゃんせ

日が沈み星々は囁(ささや)く
遠く高く限りない空繋がる

万華鏡
カラカラ響き合う鐘・波音誘われ 幻影
足音止めて振り向けば別世界
移り廻り流れる無辺の世界



「祭弥栄(まつりいやさか)」
作詞:須貝崇之 作曲:須貝崇之 振付:青井美文


祭り祭りじゃ 手をたたけ
巡り巡りて 笛をふけ
皆で輪になれ 手をつなげ
廻り廻りて 永遠になれ 

弥栄 弥栄 弥栄じゃ
弥栄 弥栄 弥栄じゃ
弥栄 弥栄 弥栄じゃ

皆で祝いじゃ酒を盛り
空を仰げば 逆月(サカズキ・盃)じゃ
笑い愛でたし喜ばし
皆で繰り出せ江戸祭

福を招いて声を上げ
供に歌おう江戸の民
手と手つないで和の調べ
開け日本(ひのもと)江戸祭り

祭り祭りじゃ 手をたたけ
巡り巡りて 笛をふけ
皆で輪になれ 手をつなげ
廻り廻りて 永遠になれ

弥栄 弥栄 弥栄じゃ
弥栄 弥栄 弥栄じゃ
弥栄 弥栄 弥栄じゃ
祭り祭りじゃ江戸祭り

時の運命(さだめ)と足るを知り
日々のお役を努むれば
願い還りて皆嬉し
神も総出じゃ江戸祭り

祭り祭りじゃ 手をたたけ
巡り巡りて 笛をふけ
皆で輪になれ 手をつなげ
廻り廻りて 永遠になれ

弥栄 弥栄 弥栄じゃ
弥栄 弥栄 弥栄じゃ
弥栄 弥栄 弥栄じゃ
祭り祭りじゃ江戸祭り


※ 弥栄:皆の益々の発展を願う日本古来の言葉




「大江戸宴舞曲(おおえどえんぶきょく)」
作曲:須貝崇之 振付:森健太郎