お楽しみノートづくり

街で集めてきた「気になったフォント」たち

マスキングテープ
切り抜いた文字に沿って貼ったり、
シワをつけるためわざとよじって貼ったり、
丸く切り抜いたり。
テープの使いかたもいろいろあります。
英字新聞
英字新聞は、欧文フォントの先生。
文章は読めなくても、
「どんなものにどんなフォントが使われているか」考えながらみると、
書かれていることがわかるような気がしてきます。
駅のパンフ
最寄りのJRでもらってきたパンフレット。
毎日たくさんの人が集まる駅は、情報の発信地。
パンフレットや広告がたくさんあるので、勉強になります。
CDショップのパンフ
CDショップは、最新のアーティストのアートワークにふれられます。
店員さんの手書きポップ、レコード会社のパネルやポスター。
お店の一角にはフリーペーパーやフライヤーを置くカウンターがありますので要CHECK。
海外のファッション誌
ふらっと入った古本屋さんで、
たまに買い溜めするのが「ファッション誌」。
海外の雑誌も一冊100円~の価格で売られています。
配色のいいグラビア、かっこいいロゴが見つかり、
デザインの教科書として「掘り出し物」です。
英字新聞
英字新聞は、欧文フォントの先生。
文章は読めなくても、
「どんなものにどんなフォントが使われているか」考えながらみると、
書かれていることがわかるような気がしてきます。
『センスがないと思っている人のための読むデザイン』
鎌田隆史