セントラル浄水器の特徴やメリットについて

近年注目されているものとして「セントラル浄水器」があります。今回はセントラル浄水器の特徴やメリットなどにスポットを当ててみましょう。現時点でセントラル浄水器にするべきか悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

セントラル浄水器のメリット

セントラル浄水器にすることで、どんなメリットがあるのでしょうか。こちらでは、実際に使っている人が感じているメリットについて見ていきましょう。
 
・肌当たりが良い
セントラル浄水器にすることで、お風呂やシャワーのお湯などの肌当たりが良いという意見があります。アトピーや肌荒れに悩んでいた人が改善したというケースもあるようです。ただ、効果は個人差があるので必ずしも同じ効果を得られるわけではありません。
 
・野菜の栄養を壊さない
水道水で緑黄色野菜を洗うとビタミンCの30%が破壊されると言われています。セントラル浄水器を使うことで野菜の栄養損失させずに100%摂取することができます。
 
・洗濯物が色落ちしない
これまで普通に洗濯をしていると衣類が色落ちすることが多かったと言う人も、セントラル浄水器に変えてから色落ちをしなくなったと言っています。

水道水と比較した場合は?

こちらでは、セントラル浄水器と水道水を比較した場合について見ていきましょう。水道水との違いを知ることで、セントラル浄水器を利用するきっかけになるのではないでしょうか。
 
・水道水が有害というわけではない
日本の水道水は厳しい水質チェックが行われているので、そのままでも無害な状態です。しかし、有害物質が完全に除去できているわけではありません。セントラル浄水器を利用することで完全に有害物質を除去できる結果が出ています。
 
・セントラル浄水器によって性能が異なる
有害物質を完全除去できるセントラル浄水器ですが、タイプによって若干性能の差が出てくるようです。ただ、性能の差が出たと言っても水道水と比較すると安全度が高いという意見の方が多くあります。
 
・安全のためにもセントラル浄水器の方がいい?
先述したようにセントラル浄水器に切り替えたことで、アトピーの症状が緩和されたというケースもあります。肌の悩みはなかなか改善されないものです。セントラル浄水器に切り替えて、少しでも症状を緩和してみてはいかがでしょうか。

メンテナンス方法の種類とは?

セントラル浄水器によってメンテナンス方法が変わってきます。こちらでは、どんなメンテナンス方法があるのかを見ていきましょう。
 
・カートリッジ式
使い捨てタイプのカートリッジ濾過材を交換するだけです。カートリッジを交換するだけなのでメンテナンスが楽な特徴があります。ただ、数ヶ月から1年に1回ほどフィルター購入と交換をしなければいけません。
 
・逆流洗浄式
ホースを繋ぎ変えて、水を逆向きに流して濾過材を洗浄する方法です。フィルター交換の手間や費用がかかりませんが、若干面倒な方法ではあります。活性炭などの吸着能力は復活できないのでフィルター交換を絶対にしなくていいというわけではないのです。
 
・メンテナンスフリー
濾過材を使用していないため、メンテナンスの必要がありません。ただし、大きな不純物を小さくする効果はあっても不純物除去能力はないと言われています。

おすすめのセントラル浄水器とは?

こちらでは、おすすめのセントラル浄水器について見ていきましょう。各セントラル浄水器の違いなどを比較してみてください。
 
・アクアス5
メーカー保証が充実していて、メンテナンスもすべて任せることができます。水漏れなどの緊急事態が起こっても、24時間対応をしてくれるので迅速に動いてくれます。メンテナンスフリータイプなので、メンテナンスの手間が面倒な人にもおすすめです。
 
・ウェル21
食器洗いや洗濯など汚れ落ちを良くしてくれる特徴があります。4種のセラミック層を通過することで、さまざまな効果が期待できるのです。コンパクトなタイプなので戸建てだけではなく、マンションにも取りつけることができると言われています。
 
・ソリューヴ
小さなボディでありながら、他のセントラル浄水器よりも高性能なものです。集合住宅でも問題なく設置できるので、さまざまな人にリピートされています。特許構造採用のおかげで水の勢いが通常の水道と変わらないのも魅力のひとつです。
セントラル浄水器について知りたい人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

セントラル浄水器は一度使ったことがないとその素晴らしさが分からない人が多いです。人気タイプの場合は設置までに時間がかかる場合もあるようです。気になっている人は、一度相談だけでもしてみてはいかがでしょうか? 水は毎日欠かせないものであり、決して使わなくなることはありません。だからこそ、安全度の高い浄水を日常生活の中に取り入れてみてはいかがでしょうか。