自営業がカードローンの審査に通るコツ

カードローンとは一般的に借入専用のサービスで、クレジットカードの付帯サービスとキャッシングとは違います。

審査が簡単で即日融資も受けられるカードローンは自営業や個人事業主の強い味方ですが、「審査に落ちてしまった・・・」という方は少なくありません。

こちらでは、自営業がカードローンの審査に通るコツをまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

自営業向けのカードローンのメリット

個人でキャッシングを行う方法とは違い、自営業には事業者向けのカードローンがおすすめです。

「資金が足りなくなった」「急な支払いが出た」など、事業経営に沿った特別なサポートをしてくれるからです。

まず最初に、自営業向けのカードローンのメリットについて見ていきましょう。

  • 審査の手続きが簡単で、銀行融資よりもハードルが低い
  • カードローンによっては即日融資にも対応している
  • 借入の総量規制に引っ掛からないため、年収の3分の1以上の融資も可能

一昔前までは、「カードローンは給与所得者(サラリーマン)だけが利用できる」というイメージがありました。

しかし、現在では自営業や個人事業主でもカードローンで借入ができますよ。

自営業がカードローンの審査に通るコツ

サラリーマンでも自営業でも、カードローンを利用するにあたっては審査が行われます。

審査基準はどのカードローン会社も公開されていませんが、審査に落ちると借入はできません。

毎月安定した収入を得られるサラリーマンと比べてみると、自営業や個人事業主はどうしてもカードローンの審査に通りにくい傾向があります。

それでも、「自営業はカードローンを申し込むことができない」わけではないので、審査に通るコツを紹介します。

事業用資金として使えるかを確認

ほとんどのカードローンでは、個人だけではなく自営業や個人事業主でも申し込みできます。

しかし、金融機関によっては「資金の使途が自由」「事業資金を除く」と決められていますので注意が必要です。

生活資金として使うことが条件のカードローンは、当然のように事業用資金としては使えません。

そのため、事業用資金として借入を行う予定の自営業は、あらかじめ資金の使途を確認しておいてください。

必要書類を全て用意する

自営業がカードローンの審査に通過するには、全ての必要書類をしっかり用意するのが重要です。

カードローンの審査基準は、「しっかりと返済できるのか?」「この人にお金を貸しても大丈夫か?」といった点で判断されます。

その判断基準になるのが必要書類ですので、当然のように不備があってはいけません。

以下では、カードローンの申し込みに必要な書類をいくつか挙げてみました。

  • 身分証明書や収入証明書
  • 事業計画書(事業用資金として使う場合)
  • 確定申告書(第一表及び第二表)
  • 所得証明書に当たる納税証明書

確定申告に関する書類など、個人事業主になってからの経験が加味されることもあります。

債務や滞納を速やかに解消する

カードローンの申し込みでは収入が安定しているかはもちろんのこと、債務や滞納もチェックされます。

万が一債務や滞納がある自営業は、カードローンの審査に通ることは困難です。

もし、債務や滞納している支払いがある場合は、カードローンの申し込みをする前に速やかに解消しましょう。

解消してから一定期間を空けて申し込みをすると、遥かに審査に通りやすくなりますよ。

「債務や滞納の事実をどうにかして隠せないのか?」と思うかもしれませんが、審査の際には全てがバレてしまいます。

また、その情報が他社に共有されると、カードローン自体の利用ができなくなる恐れがありますので気を付けてください。

実績を作る

事業をスタートして間もない自営業は、カードローンに申し込んでも審査に落ちることがあります。

これは全てのカードローン会社で収入の安定を一番に重視しているからです。

そのため、一度カードローンに申し込んで審査に通らなかった自営業は、実績を作ることから始めましょう。

カードローンの申し込み条件として、1年以上の営業実績を掲げている会社が多いのですが、長ければ長いほど審査の通過率はアップします。

明確に決められているわけではないものの、3年間以上の実績を作った後にカードローンに申し込んでみてください。

最後のまとめ

至急で資金が必要になったのであれば、カードローンの利用が便利です。

自営業や個人事業主の中で公的融資や銀行・信用金庫からの融資を受けようとする方が多いですが、
「手続きが複雑」「審査が厳しい」「融資まで遅い」といったデメリットがあります。

一方で、カードローンは比較的審査が緩く融資までのスピードが早いので、サラリーマンだけではなく自営業や個人事業主にはとてもありがたい存在なのです。

ただし、今までの実績がないと審査に落ちやすいため、「安定した収益を出す」「必要書類を全て用意する」「債務や滞納を速やかに解消する」などの点に気を配ってみてください。