立川で介護福祉士として働くには
どうすればいい?

高齢化社会になり、需要と供給が追い付いていないのが介護福祉士です。ハードな仕事でありながら給料が低い、休みが少ないなどから介護福祉士を目指そうという人が少ないのです。今回は立川でおすすめの介護福祉施設や介護福祉士の仕事について紹介します。

 

介護福祉士の仕事について

介護福祉士と言っても、仕事内容はさまざまです。
こちらでは、介護福祉士にはどんな仕事があるのかを見ていきましょう。
 
・介護
一般的に介護福祉士と聞けば「介護」の仕事を連想する人も多いのではないでしょうか。食事、着替え、体勢の変更など身体が不自由な人のさまざまな介護を行います。
 
・日常生活のサポート
身体が不自由な人の介護だけが仕事ではなく、食事の準備や入浴介助、買い物代行など日常生活のサポートも介護福祉士の仕事のひとつです。
 
・アドバイス
自宅介護をする人にとって介護道具や介護食の作り方などが分からない人もほとんどです。そのため介護の専門家である介護福祉士に相談する人が多くいます。介護福祉士が家族の人に分かりやすくアドバイスをするのも仕事のひとつです。

介護福祉士になるためには?

介護福祉士になるためにはどうすればいいのでしょうか? 近年は家族が高齢者になった時のためなどに資格だけ取得する人もいます。こちらでは、介護福祉士になるための方法について見ていきましょう。
 
・国家資格が必要
介護福祉士は民間資格ではなく、国家資格が必要となります。資格取得の方法は大きく分けて3つあり、福祉系高校ルート、養成施設ルート、実務経験ルートです。どのやり方で資格を取得するかはライフスタイルに合わせて決めましょう。
 
・社会人は実務経験ルートがおすすめ
社会人の場合、学生のように通学が難しい場合もあります。働きながら資格取得を目指す人は実務体験ルートがおすすめです。実務経験3年異常であれば、最短1ヶ月の実務者研修受講を修了することで受験資格を得ることができます。他のルートと比較すると費用なども抑えられるのでおすすめです。
 
・介護福祉士として働くには登録申請が必要
介護福祉士の国家資格を取得しても、そのままでは介護福祉士として働けません。働くためには登録申請が必要なのです。申請をすることで登録証が郵送されてくるので、それが届いて初めて「介護福祉士」として働くことができます。

介護福祉士のやりがい

こちらでは介護福祉士のやりがいについて見ていきましょう。実際に介護福祉士として働く人はどのような部分でやりがいを感じているのでしょうか。
 
・介護者が自分でできるようになった時
介護福祉士は身体が不自由な人のさまざまなサポートをします。サポートを受ける側が、今までできなかったことを見ているとやりがいを感じると答える人が多くいます。
 
・家族から信頼を得られた時
家族にとって、介護福祉士は他人です。そのため最初は「大丈夫だろうか」という考えを持たれることも少なくありません。しかし、回数を重ねるうちに「〇〇さんに任せて良かった」と言ってもらえるようになった時、信頼を重ねられたとやりがいを感じるそうです。
 
・チームでのやりがいがある
介護福祉士と言っても、ひとりで行うわけではありません。複数の介護福祉士、理学療法士や作業療法士などとチーム体制で行います。そのため、チーム全体で喜びややりがいを共感できる部分を答える人もいました。

立川でおすすめしたい介護福祉施設「フェローホームズ」

立川にはさまざまな介護福祉施設がありますが、その中でもおすすめしたいのが「フェローホームズ」です。こちらでは、フェローホームズについて見ていきましょう。
 
・フェローホームズ 森の家
フェローホームズ 森の家では10人前後のグループを組んで生活するスタイルです。居室は個室であり、キッチンやリビングなどは共有となります。普段通りの生活を過ごしながら、日常生活に則したリハビリが行えるのです。
 
・フェローホームズ 仲間の家
一部屋に4人の多床室が特徴の介護福祉施設です。入居者たちのつながりを重視して、サポートを行ってくれます。生活目標を掲げたリハビリ、日常生活に則したリハビリの両方ができる特徴があります。
 
・ヴィラ・フェローホームズ
認知症によって自立生活が難しくなった人の心身機能訓練や自立支援などを行うスタイルの施設です。嘱託医による往診なども行われているので、健康面にもしっかり気を配ってくれます。

高松で介護福祉士として働きたい人は、こちらのサイトもご覧ください。

まとめ

高齢者社会を過ぎて、超高齢者社会に突入しようとしているのが現代です。そのため、介護福祉士の需要は高くなり、給料面なども見直しする施設が増えてきました。将来性のある仕事をしたい人に介護福祉士はおすすめしたいです。