あなたは自分のお子さんに
「お金とは何か?」
「お金を稼ぐとは?」
を正しく説明できますか?


あなたは私たち日本人が「お金の教育」というものを小さな頃からほぼ受けずに育ち、お金に対する知識が世界レベルで乏しい、という現実をご存知ですか?

お金の情報を自然に教えてくれるTVでは「お金持ちは悪い人ばかり」のようなネガティブな内容やニュースやドラマが流れ、そんな情報にすっかり刷り込まれてしまったがためにお金の話を公にするのは卑しい、大人になり商売をするようになってもお金の話は苦手。もらうのも気がひける…。
子どもの頃の刷り込みや記憶によるお金への苦手意識は相当根深いものなのです。

・お金についてお子さんにポジティブなイメージを持って欲しい…           
・お金や仕事に苦労して欲しくない…

そうは思いながらも「お金とは何か?」「お金を稼ぐとはどういうことか?」をきちんと伝えたくても、学んでこなかったが故にどう言えばいいかわからない。そんな思いのあなたにオススメしたい企画、それが商売人の学校小学生向け課外授業「商売人の小学校☆学校では教えてくれないおかねの自由研究」なのです。

子どもの頃に経験することがすべて

なぜこの企画を開催するのか。それには理由があります。
私が小学生のころ、親の経営している薬局の福引イベントを手伝ったことがあり、その際福引の係以外にも景品の作成や誘導係りもしていたのですが、その時の楽しかった記憶や人の役に立てている喜び、どうしたら楽しんでもらえるか?を考えていたことが今の商売に活きているのだと確信しています。それと同時に子どもの頃からのお金や仕事に対するイメージは大人になった時に影響するという事を身を持って知りました。今となってはそんな経験をさせてくれた親に感謝しています。

楽しいから学びが根付く

お金って何?お金を稼ぐとはどういうこと?そんな一見難しそうなお金や仕事の概念をお金に対してポジティブに理解できる授業とさらにリアルにお金を稼ぐ実践で学びを「楽しい思い出」としてインプットしお金に対する前向きな考え方、仕事をするって楽しさをはぐくむ、まさに「学校では教えてくれない」お金と商売の授業をお金と商売のプロがお伝えします。お子さんの夏の自由研究、学校以外のお金のおけいことしていかがですか?
お子さんにも、そしてあなたにも、将来に活きる楽しい思い出として残ること間違いなしですよ。

商売人の小学校では
こんなことが学べます

Step.1
お金(おこづかい)って何?どうしたらもらえるの?
あなたはおこづかいをお手伝い制でもらっている子どもたちに「なぜお金が発生するのか?」を説明することはできますか?
その答えが「お手伝いしてくれたから」というだけでは子どもたちの「働く」という概念に大きな勘違いが起きてしまいます。そしてそれは大人になってからもその概念に苦しむことに…。
お金って何なのか?おこづかい(お金がもらえる)とはどういうことか?を事例を踏まえて楽しくわかりやすくお伝えします。
Step.2
働くってなに?お金をたくさんもらうには?
「お金はなぜもらえるのか?」を理解した後は「お金はどうしたらたくさんもらえるか?」の授業。例えば
Q、喉が渇いている人、そうでない人、どちらの方がお水を売りやすい?
Q、遊園地や山頂にあるお水が高いのはどうして?
Q、お水を1本ではなく2本買ってもらうには?
そんな「お金はどうしたらたくさんもらえるか?」を子どもたちにわかりやすく、そしてこの後の実践に向けて楽しく学んでいただきます。
Step.3
実践!今すぐお金を稼いでみよう!

最後に「リアルお店屋さんごっこ」を開催。安全面に配慮した状態で実際にお金のやり取りや売り買いを実践していただきます。実践内容は「ミネラルウォーターをお客さんに販売しよう」。1本百円で販売することでフィーが10円発生、数をたくさん売れば売るほどお金がリアルに稼げるという本物のお金を扱う本格的な超実践型です。商売の楽しさや喜びを感じてもらうことで、お金に対する前向きな考え方や仕事をする楽しさ、やりがいを学んでいただきます。


※ミネラルウォーターの販売授業は外部ではなく商売人の学校の授業を受けられてる生徒さん向けの安全面を配慮した状態での実践となりますのでご安心ください

Step.2
働くってなに?お金をたくさんもらうには?
「お金はなぜもらえるのか?」を理解した後は「お金はどうしたらたくさんもらえるか?」の授業。例えば
Q、喉が渇いている人、そうでない人、どちらの方がお水を売りやすい?
Q、遊園地や山頂にあるお水が高いのはどうして?
Q、お水を1本ではなく2本買ってもらうには?
そんな「お金はどうしたらたくさんもらえるか?」を子どもたちにわかりやすく、そしてこの後の実践に向けて楽しく学んでいただきます。

先生紹介・長井美穂

商売人の学校講師。商売人の小学校発起人。
お金や仕事に対するブロックを外す授業やセールスを題材とした講義を得意とする。
子どもの頃、親の事業のお手伝いをする事で商売への喜びが開花。お金は労働での対価ではなく人の役に立った、人を助けた対価である事を子どもの頃から教えられて育つ。
子どもの頃からお金の教育や仕事への前向きな気持ちを育むことで、大人になることや働くことに憧れを持ちポジティブになってもらいたい。そんな想いを持って子どもたちにお伝えいたします。

商売人の学校プレゼンツ
超実践型!のお金のお勉強

【商売人の小学校】
学校では教えてくれない
おかねの自由研究

対象:小学1年生から6年生
定員:募集終了・定員に達しました
日程:8月4日 10時から12時半まで
会場:東京 神田(申込者にのみご連絡)
参加費:500円(当日決済となります)
応募締切:7月21日まで

・親御さんの同伴も可能です(無料)
・写真撮影OKです
・最後にみんなで記念撮影があります


【本件に関するお問い合わせ】
主催:一般財団法人商売人の学校
担当者:川村・長井
URL:http://shoubainin.com
E-Mail:info@shoubainin.com
事業内容:事業者向けのマーケティング企画、運営
【会社概要】
一般財団法人商売人の学校
代表者:代表理事 増田拓保
所在地:東京都渋谷区神宮前3-32-1-2F
TEL:03-6721-0530
FAX:03-6369-3812
URL:http://shoubainin.com