心筋梗塞を
予防する方法とは?

高齢者に多いと言われている心筋梗塞ですが、近年は若年層にも増えていることが分かりました。心筋梗塞はさまざまな恐怖が潜んでいるものです。そのため、普段から予防に努めないといけません。今回は、心筋梗塞の予防について紹介していきましょう。

心筋梗塞のリスクを高める要因とは?

心筋梗塞は突然起こるものではありません。原因となるものが着実に蓄積されていき、その限界を迎えた時に発症するのです。こちらでは、心筋梗塞のリスクを高める要因について見ていきましょう。

 

・高血圧

中年世代から高齢者世代に多い高血圧は、心筋梗塞のリスクを高めるものです。血圧が高くなり、血管が傷ついて動脈硬化を引き起こす要因となります。その結果、心臓に負担がかかって心筋梗塞や狭心症を引き起こすのです。

 

・生活習慣やストレス

忙しさを理由に食生活を疎かにしていませんか。不規則な食生活、運動不足などは生活習慣病へとつながり、その結果動脈硬化を促してしまうことになります。ストレスも身体に良い影響は与えないので、食生活や運動の他にストレス解消などにも注目しましょう。

・肥満

メタボになると血液がドロドロになってしまいます。そのため、動脈硬化を促す要因となるのです。動脈硬化が心筋梗塞の原因であっても、動脈硬化を引き起こす要因としてメタボなどが挙げられているので「メタボ」も結果として心筋梗塞のリスクを高めてしまうのです。

心筋梗塞の治療方法は?

気をつけていても、健康ほど自分の思い通りにならないものはありません。万が一、心筋梗塞を患った場合はどんな治療方法があるのかを見ていきましょう。

 

・手術

心筋梗塞の治療方法として、一般的なものが外科手術です。バイバス手術と言われ、血流が悪くなっている部分を避けて新しいルートを作るのです。そこに血液を流すことで、血流改善に繋がります。

 

・薬物療法

薬によって体内の血栓を溶かす、症状を安定させるなどの治療を行います。比較的症状が軽い人に行われるものです。他にも、一度心筋梗塞を患った人が再発を予防するために薬物療法を行っている場合があります。

 

・カテーテル治療

冠動脈に細い管を通して、直接問題部分にアプローチする治療方法デス。カテーテル治療と言っても、さまざまな手法があるので症状や医師によって適切な処置は異なります。

心筋梗塞の基礎知識

心筋梗塞と名前だけは知っていても、知識が曖昧なために楽観視している人もいるのではないでしょうか。こちらでは、心筋梗塞の基礎知識について見ていきましょう。

 

・朝と夜に発症しやすい?

心筋梗塞は朝と夜に発症しやすいと言われています。時間帯としては、午前6時から8時、午後8時から10時と言われています。ただ、この時間帯にしか発症しないわけではなく、あくまでも起こりやすい時間帯と考えてください。他にも、心配停止になって一刻争う状態になる場合もあります。

 

・心筋が壊死する疾患

心筋梗塞は冠動脈が完全に詰まって、心筋が壊死する病気です。壊死した部分が大きいほど、命に関する危険度も高まっていくと言われています。

 

・生存率

発見が早ければ生存率も高くなると言われています。ただ、心肺停止状態になったら1分ずつ10%ずつ生存率が低下していくと言われています。目安としては5分以内に電気ショックをすることで50%の人が助かるという意味と同じのようです。

心筋梗塞を予防するためには?

こちらでは、心筋梗塞の予防について見ていきましょう。決して難しいものではなく、普段から取り入れやすいものが多いので、ぜひ実践してください。

 

・血液を綺麗にする

青魚や野菜、海藻などを積極的に食べて血液をサラサラにしておきましょう。動脈硬化は血液がドロドロになることで引き起こされるので、血液がサラサラしていれば動脈硬化、強いては心筋梗塞の予防となえるのです。

 

・サプリメントを取り入れる

DHAやEPAなどサプリメントを取り入れることで、血液を綺麗に保つことができると言われています。ただ、サプリメントだけに頼らず食生活や運動習慣などにも重ねて、身体の中のリスクを追い出しておきましょう。

 

・検査を受ける

どれだけ健康に気をつけていても、病気や怪我をしてしまうのが人間です。心筋梗塞や動脈硬化を防ぐためにも、適度なタイミングで検査を受けておきましょう。脳梗塞患者などは、基本的に脳神経外科で半年から1年に1度異常がないかMRI検査などを受ける傾向があります。

心筋梗塞予防について他の特徴などを知りたい人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

心筋梗塞は実際に患ってから後悔しても遅い病気です。
患者のほとんどが「もっと気を付けていれば良かった」と後悔する傾向があります。
そのため、病気なんて関係ないと思わずに若い世代から予防をすることが重要なのです。
食生活や運動習慣などを積極的に取り入れておきましょう。