荒川区で信頼できる屋根修理業者とは?

マイホームを所持していても、しっかりメンテナンスをしないといけません。特に外観は雨ざらし野ざらしなので劣化しやすい特徴があります。今回は荒川区で信頼ができる、対応力に定評のある屋根修理業者などについて紹介します。

屋根修理が必要な理由

屋根修理をするとなると、少なくはない費用がかかってしまうので「できるならしたくない」というのが本音でしょう。こちらでは、屋根修理が必要な理由について見ていきます。
 
・耐用年数がある
すべてのものに耐用年数があり、それは屋根にも当てはまります。屋根の劣化を放置しすぎると、雨漏りを引き起こして、屋根だけではなく室内の修繕も必要になってしまうのです。屋根修理の費用を抑えたために、余計に大きな金額が必要になってしまったというケースは意外と多いので注意しましょう。
 
・住まいの寿命の7割は屋根で決まる
屋根は紫外線、雨、強風などさまざまなものから家を守っています。この屋根が劣化すれば、さまざまな影響を直接受けてしまうことになりかねません。そのため、住まいの健康を保つためにも屋根修理は必要なのです。
 
・目安は10年
屋根修理のタイミングは10年と言われています。しかし、状況によってはひび割れや色あせなど劣化の兆候が早く出る場合もあるので、目に見える兆候がある場合は専門業者に見てもらうことをおすすめします。
 

屋根修理業者の選び方

屋根修理業者にはいくつか選び方のポイントがあります。
しっかりポイントを押さえて後悔のない業者選びをしましょう。
 
・実績
一番注目したいのは、やはり実績です。ホームページなどを確認すれば、施工実績などを見ることができるので依頼前に必ず確認しておくようにしてください。
 
・屋根に関する知識
屋根と言ってもさまざまなタイプがあります。スレート屋根、瓦屋根、金属屋根などそれぞれで特徴や耐用年数が異なってくるのです。依頼する側は当然屋根に関する知識がない人がほとんどなので、分からないことを質問することもあるでしょう。その時に、知識がない業者だとしっかり答えてもらえないのです。
 
・アフターフォロー
屋根修理が終わっても、不具合などが生じた際にすぐ対応してくれるかも注目してください。中にはアフターフォローを追加オプションにしている業者もあるようです。

悪徳業者に気を付けよう!

屋根修理業者、外壁塗装業者、このふたつは残念ながら悪徳業者が横行しているようです。こちらでは、悪徳業者に騙されないよう、どんな部分に注意するべきかを見ていきましょう。
 
・いきなり屋根の状態を見てくる
営業マンと名乗る人物が屋根の状態を勝手に見て「今すぐ修理した方がいい」と言ってくる場合があります。基本的に正規の業者であれば、勝手に屋根の状態を見ることはありません。その前に、遠くからパッと見ただけでしっかり判断ができるはずがないので、いきなり「今すぐ修繕が必要だ」と言ってくる業者は避けましょう。
 
・驚くような低価格
屋根修理は意外と高額になることも多いので、少しでも安く済ませたいというのが本音です。しかし、悪徳業者はその心を逆手にとって「今なら〇〇円」と驚くような低価格を提示してきます。安く済ませられるならば、と思って契約しても技術力が高い業者ではないので、結局無駄にお金を支払ってしまったという状況のみが残るのです。
 
・業者の実態が見えない
緊急連絡先でもないのに、問い合わせ番号が携帯電話、住所を調べても空き地や使われていないビルだったなどというケースもあります。屋根修理業者と契約する場合は、しっかり実態のある業者かどうかを見極めてから行いましょう。

荒川区で対応力の高い屋根修理業者

こちらでは、荒川区で対応が良いと評判の屋根修理業者について見ていきましょう。
 
・維心瓦工業
地元密着型の業者で、当日、もしくは翌日対応という迅速な行動を心掛けています。施工後のアフターサポートもスピーディなので高い評価を集めている業者です。
 
・我妻工業
地元密着型の業者であり、連絡が来た時点で手が空いているスタッフがいればすぐに対応してくれます。ただ、即対応は難しいと考えた方がいいでしょう。スケジュールが詰まっている人気業者なので、事前の予約をおすすめします。
 
・JBR生活救急グループ
加盟店制度を取っていることで、依頼した最寄りの業者が対応してくれる仕組みになっています。電話は24時間対応となっていますが、加盟店からの折り返し電話などは午後7時までのところが多いです。
 

荒川区で他の屋根修理業者について知りたい人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

屋根修理は必要性があるのか、と軽視する人も少なくありません。
快適な生活、大切なマイホームを守るためにも重要なものです。
慌てないためにも、ある程度自分でもメンテナンスが必要なのか
業者に見てもらうことを心掛けるようにしましょう。