HP作成サイトW2Bのペライチサンプルサイト

W2Bが30分で作成したペライチサイトの事例です。


美しいパララックスアニメーション
スマホやパソコンでスクロールした際に、テキストや画像が浮かび上がっていくパララックスアニメーションがペライチでは無料版でも使えます。

このアニメーション機能はJavaScripttやjQueryなどのスキルが必要になりますが、ペライチではノンコーディングでアニメーションが実装できるので、完全に静的なWebサイトビルダーよりもリッチな見栄えになります。
Firefoxブラウザでも使える
ペライチの利用にはChromeを推奨されます。しかし、面倒普段使いのFirefoxの方がなれているので、Firefoxで作業してみました。

テキストがせっかく打ったものが消えるという障害はありますが、コピーアンドペーストすればいいだけなので、Chrome以外のWebブラウザでも利用できそうです。
画像周りは改善の余地あり
画像はサイズをあわせないとブロックのサイズ幅がデコボコになって美しくありません。

あとPNGで透過画像を使いたいのですが、透明な部分は自動で白色に置き換わる仕様っぽいです。会社のロゴとかは少し使いにくそうですね…

この画像まわりが自動で修正してもらえれば、デザインセンスのない方でもオシャレなWebサイトが作れるようになると思います。

2カラムで表組みもできます。

運営会社
株式会社ペライチ
設立年月日 2014年4月21日
衛生施設 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-19-9 第一暁ビル9F
代表取締役 橋田一秀
資本金 90,000千円
資本金 90,000千円

3カラム表示もできるのでLPには最適かも。
もちろんスマホ(レスポンシブ対応)
Google広告やYahoo!プロモーション用のキャンペーンページをサクっと作るにはいいかも。ペライチサイトは画像ではなくテキストなので、リスティング広告単価も下げやすい。
Google広告やYahoo!プロモーション用のキャンペーンページをサクっと作るにはいいかも。ペライチサイトは画像ではなくテキストなので、リスティング広告単価も下げやすい。

W2Bが思うペライチはこんな人におすすめ

1円のお金を払いたくなく、無料でホームページ作りたい人にとってはWixやJimdoと並んで選択肢となってくるでしょう。

サテライトサイトとして別のトップページやサービスサイトを用意したい場合にもいいかもしれません。

Wix以外でオシャレなアニメーションがある国産のWebサイトビルダーを探している方にはいいと思います。

このペライチ事例ではスクロールするたびに、画像やテキストが浮かび上がるパララックスアニメーションを実装していますが、この機能があると自作したとは思えないクオリティになります

複数のWebサイトを作成できるので、キャンペーンや広告用のランディングページを量産する際に便利だと思います。
基本的にペライチはLPや小規模なコーポレートサイト向けのHP作成ツールとなります。ブログ書きたいのであれば、やっぱりワードプレスが最強ですね。
基本的にペライチはLPや小規模なコーポレートサイト向けのHP作成ツールとなります。ブログ書きたいのであれば、やっぱりワードプレスが最強ですね。

ペライチのFAQ

  • Q
    ペライチスタート(無料)プランでで公式HPを作っても大丈夫ですか?
    A
    無料プランでも、アニメーション機能も使えますし、洗練された公式HPを作成することができます。ただしURLが「peraichi.com」となってしまうので、将来ペライチから他のHP作成ツールに引っ越しする可能性がある場合には、独自ドメインを使える有料プランがオススメです。
  • Q
    有料プランを使うならどれがおすすめですか?
    A
    ライトプランです。ただし、ライトプランだとペライチつかってHPを作っているのがバレてしまうので、ブランディング的にペライチ使っていることをバレたいくないのであれば、レギュラープランです。

    追記:無料版でもペライチ消せる仕様に変更されたっぽいかも…!
  • Q
    ペライチはSEOに強いと聞いたのですが、本当ですか?
    A
    個人的にはペライチがSEOに対してとびきり強いという印象はありません。ただ、アメブロなどと同じで、Webサービス系のドメインのHPは競合が弱ければ、露出させやすいケースもあります。ペライチだから検索上位表示できる時代は、何年か前に終わっていると思います。
  • Q
    ペライチはSEOに強いと聞いたのですが、本当ですか?
    A
    個人的にはペライチがSEOに対してとびきり強いという印象はありません。ただ、アメブロなどと同じで、Webサービス系のドメインのHPは競合が弱ければ、露出させやすいケースもあります。ペライチだから検索上位表示できる時代は、何年か前に終わっていると思います。