できるだけバイクを
高く売却する方法

自宅の駐車場やガレージのすみなどに乗らなくなって放置しているバイクはありませんか?または買い替えを考えていて少しでも高く売却できればと考えている人もいるでしょう。そのような時に役立つ、バイクを高く売却するための方法をご説明します。

■バイクを売却する手段

・個人経営の中古バイクショップ

近所にバイクショップがあればすぐに持ち込みやすく、査定も素早く出してもらうことを期待できます。しかし値段にこだわらないで処分の速さにこだわる場合は良いですが、よほどのことがない限り高額での売却は難しいでしょう。

・全国展開の中古バイクショップ

全国に店舗を持つ中古バイクショップはそれだけ在庫が必要になるため、個人の中古ショップよりは高値が付くことを期待できます。ですがショップによって金額はさまざまであることから、初めに査定してもらったショップですぐに売却してしまわず数店舗は査定を受けて買取額を比較することをおすすめします。

・バイク買取専門店

バイク買取専門であればその価値にも詳しいため、こだわりのバイクや大切にしてきたバイクの価値を正しく金額に反映してくれるでしょう。従ってできるだけバイクを高く売却するには専門店を選んだ方が良いです。

■乗れないバイクでも高く売却できる?

・廃車手続きは費用がかかる

動かなくて乗れなくなったバイクは排気量によって処分する場所が違っており、原付であれば市役所、排気量126cc以上であれば陸運支局にて廃車手続きをします。具体的な場所はナンバープレートにある地区の管轄の陸運支局です。そして軽自動車届出済証返納証明書交付請求書・ナンバープレート・軽自動車届出済証・認印を持参しますが、請求書の購入には費用がかかります。

しかし請求書購入費用は1000円を超えないとはいっても、陸運支局へ出かけて廃車手続きを取るために時間も交通費もかかってしまいます。動かないバイクであればそれを運ぶために軽トラを借りるかもしれず、その費用もかさんでしまうでしょう。

・乗れないバイクの買取業者がある

バイク買取業者の中には乗れないバイクの買取を行っているところもあり、そこで売却すれば費用がかかるどころか現金が手に入る可能性があります。そのためたとえ動かなくなったバイクであっても、まずは査定に出してみることをおすすめします。

■高額査定のためにできること

・メンテナンス状況が金額に反映される

それまでのメンテナンス状況は売却を考えた時に改善できるものではありませんが、屋根のある場所に保管されていた・エンジンが正常・バッテリーが使えるなどのポイントをチェックして売却金額が決まります。そのため、これからバイクを乗る人で将来売却を考える時は雨風をしのげて人に触られる危険性の低い場所で管理し、定期的に点検を受けて乗りましょう。

・売却する気があるとアピールする

査定をする人から冷やかしだと思われてしまうとそれ以上高額が付くことは難しくなります。そのため、自分はこのバイクをぜひ売りたいと思っていることをアピールしましょう。ポイントとしてはバイクに関する情報を詳しく知っていることもひとつの方法で、年式や走行距離、車検証などをすぐに出せるよう用意しておくと良いです。

・隠し事をしない

査定する人はこれまでに何台もバイクの査定を行ってきているため、何か隠しているのではないかという勘は働きやすいです。従って、事故歴や修復歴があるにも関わらず伝えないでいると疑われてしまい、金額が思うように上がらないケースも出てきます。そのため、売却に不都合だと感じることがあっても伝えておいた方が良いでしょう。

■納得のバイク売却ができた人の口コミ

・複数社に査定してもらって満足の金額に

これまで何度かバイクを売ったことはあったものの、いつも思うのは買取価格が業者によって全く違うことです。そのため今回も複数の業者に査定を依頼しましたがやはり万単位で金額に違いがあり、一番高い金額だったところへ売却しました。その業者は思っていたよりも高い金額を提示してくれたためすぐに決断しました。

・一括査定が便利だった

バイクを売る時はいくつかのショップで見積してもらうと良いと聞いていたのですが、1社ずつ請求することは大変だと思っていた時一括査定のサービスを知りました。おかげでどの会社なら最も高く買い取ってくれるかを比較検討しやすくなり、査定結果もスピーディーに出してくれるところが多かったことも便利で助かりました

■まとめ

家に乗らなくなったバイクや動かなくなったバイクがある時は、バイク専門で買取をしている全国展開のショップで買取査定をしてもらうと高額を狙えます。そして1社だけの査定ではなく、2社以上複数の業者にバイクを査定してもらった上で売却先を決めるような、納得できる売却を目指しましょう。