スピード転職!!

リクナビNEXT

求職者にも求人企業にも圧倒的に支持されている、社会人のための転職サイト

転職活動を出来るだけ早く成功させるためには、とにかく情報量が大切になります。
求人サイトや情報誌、職業あっせん企業など、様々な求人情報をチェックして、自分の望む企業が無いかどうかチェックをしていきましょう。

情報媒体によって、当然ながら掲載されている情報は全く異なります。
自分が転職をしたい企業が多く掲載されているタイプの情報媒体を中心に、積極的に情報集めをしていきましょう。

情報集めをする際には、自分が働きたいという企業の情報の他に、同じ業種で似たような会社をいくつかピックアップすることが大切です。
企業同士の比較を行ってから面接に臨むと、企業をしっかり調べてきているという印象を持たれ、面接に通りやすくなるでしょう。
その点に関しても情報量というものは非常に重要になりますので、よく情報を集めて、転職活動をしてみてください。

期間を決めて集中的に転職

転職活動で最も多いのが、現在就職して働きながらも、転職活動をするというタイプです。
生活がありますので、働きながら転職活動をすることはもちろん一つの選択肢ですが、とらわれ過ぎてしまうと、転職に支障をきたす可能性があるでしょう。

転職活動は、だらだらと続けてしまうと、時間とお金だけが無駄になる可能性があります。
思い切って、一度会社をスッパリやめてしまってから、数か月集中して、就職活動をするというのも一つの手でしょう。

集中的に転職活動をすることで、自分にプレッシャーを与えると同時に、後がない分、集中して仕事を探すことが出来るでしょう。
だらだらと転職活動をして、結局良いところが見つからないとなるよりは、今のところに全く未練が無いのであれば、すぐにやめるというのも、選択肢として考えてみてください。

職種は様々!

高年収順

転職サイトを利用しよう
  • 一人で転職活動をすると情報がかぎられています。転職支援サイトを利用すると膨大な情報をみることができます。 (非公開求人情報等)
  • 転職支援サイトの専任の転職のプロが自分にあった転職先を紹介してくれ、転職までを無料で完全にサポートしてくれます。
  • サポートが無料で不安に思われるかもしれませんが、そのサイトに求人をだしている企業に入社(サービス利用者(転職希望者)が転職成功)した場合に、求人を出している企業から転職支援会社に報酬が支払われます。できるだけ、その企業にマッチした人材を紹介するわけです。
明確な選択基準に応える、最適な求人との出会い。
スピード転職に成功。

まずは、MBAを活かすことができて、その能力をしっかりと評価してもらえる企業を転職先の選択基準としました。そのため、第一希望は外資系企業。だから、外資系企業に強い人材紹介会社だけを利用して転職活動をスタートしました。

相談には自分で書いた棚卸シートを持参して行ったのですが、コンサルタントの方とこれまでの経験や自分の性格などの話をしているうちに、再度キャリアの棚卸しをするよう勧められました。コンサルタントと一緒に見直したことで、再発見と言うか、自分の中でブレない芯の部分がはっきりしてきて、条件も絞り込むことができました。それを元に、条件に合う求人をピンポイントで紹介してくださいましたので、思ったより早く転職ができました。