児童養護施設やハンディキャップのある子ども達に
ヨガで笑顔を届ける
スマイルヨガプロジェクト

レインボーヨガ

(児童養護施設&放課後デイサービス&ハンディキャップのある方々その関係者のために)

【ヨガで家族を再生してもらいたい】
という依頼から始まったレインボーヨガ。
大きな目標に向かって進んでいます。


本来、家は一番くつろげる場所であるはず。
しかし、そうでないことが今の日本には多くあります。

そんな一番小さな社会である家族をより元気にしたい。

【育児に終わりがない】【家族が壊れるんです】
ハンディキャップのある子どものお母さんからの言葉を聞いて、ヨガで家族の再生をしていきたいという思いが強くなりました。

児童養護施設やハンディキャップのある子どもたちの施設は、社会からは見えにくく閉ざされた環境にあり、内部を知る機会は少ないのが現状です。

そんな施設内や虐待等の事件がおきた時にだけ注目される、
そしてまた記憶から消えていくように思います。

レインボーヨガではそんな方々にヨガを通して少しでも笑顔を安心を取り戻してもらいたいと活動を継続しています。

あなたがヨガクラスに参加することが、社会貢献につながります。ヨガクラスが開催される場所と同じ地域に住む方々にも、笑顔の輪が広がることを目指しています。

【レインボーヨガ~名前に込めた思い】

雨あがり、空を見上げて虹を見つけた時、なんとなく嬉しい気持ちになった経験はありませんか?
しとしとと柔らかく降る雨も、どんなに激しい雨も、止まない雨はありません。

雨の向こうには必ず、晴れが待っています。
雨あがりの虹は希望を感じさせてくれます。

虹には「どうかネガティブな感情を手放してください。
降り止まない雨はないのです。輝く未来を信じて突き進んでください」
というメッセージが込められています。
不安や恐れを抱いているあなたに、
未来は怖くないのですよと伝えているのです。
虹は下を向いていては見ることができません。
うつむきがちな心、ネガティブな感情はひとまず横に置いて、
勇気を持って前へ進んでいこう。
それが私達の思いです。

【ヨガで繋ぐ】

ヨガには”繋ぐ”という意味があります。
虹の架け橋という意味があります。

心と身体、そして社会的にも健康であるために、
ハンディキャップのある子どもが安心して過ごせるように、
暴力で苦しむ日々を送る子どもたちが少しでも減るように、
暴力によって傷を抱えた子どもたちに満面の笑みが訪れるように、
ヨガクラスとその後に続く時間が、
全員にとって肩の荷を下ろすものとなりますように、

ヨガを通じて、
暴力のない社会への虹の架け橋となりたいと願っております。

【虹の色】

虹の七色は、色の三原色とその中間色に藍色を加えたものです。

赤、黄、青の間の色は一つではなく、無限にあります。

人は多種多様であることを受け入れ、ひとつになる。

私達の願いです。

【ヨガで繋ぐ】

ヨガには”繋ぐ”という意味があります。
虹の架け橋という意味があります。

心と身体、そして社会的にも健康であるために、
ハンディキャップのある子どもが安心して過ごせるように、
暴力で苦しむ日々を送る子どもたちが少しでも減るように、
暴力によって傷を抱えた子どもたちに満面の笑みが訪れるように、
ヨガクラスとその後に続く時間が、
全員にとって肩の荷を下ろすものとなりますように、

ヨガを通じて、
暴力のない社会への虹の架け橋となりたいと願っております。

【ヨガで繋ぐ】

ヨガには”繋ぐ”という意味があります。
虹の架け橋という意味があります。

心と身体、そして社会的にも健康であるために、
ハンディキャップのある子どもが安心して過ごせるように、
暴力で苦しむ日々を送る子どもたちが少しでも減るように、
暴力によって傷を抱えた子どもたちに満面の笑みが訪れるように、
ヨガクラスとその後に続く時間が、
全員にとって肩の荷を下ろすものとなりますように、

ヨガを通じて、
暴力のない社会への虹の架け橋となりたいと願っております。

参加者の方々の声

施設の子ども達も環境に慣れ、ヨガの時間は笑顔や集中力をたくさん感じます。
多くの方に支えられ、一緒になっている、身体を動かしているということが精神的にプラスに向かっている。

職員さんの声

終わった後、体が軽くなり、血液の流れも良くなり、とても気持ちが良いです。

40代 男性

子どもはヨガに参加しなくても、楽しい雰囲気を感じるようで、見ているだけで嬉しそうです。

また、スキンシップがあり、とても良いと思います。

30代 女性

中高年のハンディキャップのある方は運動する機会が少ない。
このクラスは外出するきっかけともなり、ヨガも楽しんでいるので良かった。

40代 男性

中高年のハンディキャップのある方は運動する機会が少ない。
このクラスは外出するきっかけともなり、ヨガも楽しんでいるので良かった。

40代 男性

中高年のハンディキャップのある方は運動する機会が少ない。
このクラスは外出するきっかけともなり、ヨガも楽しんでいるので良かった。

40代 男性
3ヶ月活動を続けて

レインボーヨガプロジェクトインストラクター Naho 



2016年3月30日 Naho 

スマイルヨガプロジェクト活動履歴

毎回がワクワクの連続!
メンバー一同笑顔で開催しています!
子ども達ものびのび〜
タンザニアの子どもたち
タンザニアの子どもたち
タンザニアの子どもたち
タンザニアの子どもたち
タンザニアの子どもたち
子ども達ものびのび〜
スマイルヨガプロジェクトについて

VYS YOGIで開催するクラスやイベントなど、全ての活動を総称して
「スマイルヨガプロジェクト」と呼んでいます。

ヨガを通じて出会う方から笑顔を引き出したい。

笑顔の輪をヨガで広げていきたい。

障害のある方も、赤ちゃんからシニアまで
垣根を超え、健康になる場所でありたい。

どんなクラスでも、思いは同じです。

スマイルヨガプロジェクトに参加→
その収益の一部が地域の障害者や児童養護院のクラスの運営資金となります。

地域で支え合い、健康の輪を広げていく、ヨガはその架け橋となります。
ヨガは健康への切符です。

【レインボーヨガ】ご支援のお願い

児童養護施設へのヨガクラス、
そしてハンディキャップのある子どもたちと家族のためのヨガクラスは、
すべてスマイルヨガプロジェクトの収益の一部から賄われております。

より多くの子供達に会うために資金を必要としています。
ぜひ、お支援をお願いします。

ヨガを通して、
子どもたちが睡眠導入剤や頭痛薬を手放すことができるように。

その一助を担ってくださる方を募集しております。
温かいご支援お待ちしております。

活動の軌跡(抜粋)
2014年

「スマイルヨガプロジェクト」活動開始

2015年8月

日野市にて「シニアヨガ」
「社会還元プロジェクトヨガクラス」を開催

2015年12月

和歌山県みなべ町子育て支援事業「ママヨガクラス」定期開催スタート

2016年4月

AEON多摩平の森にて「木曜夜ヨガ」・
和歌山県由良町子育て支援事業
「産後ママヨガクラス」定期開催スタート

2016年5月

熊本地震被災地訪問 仮設住宅にて
「ヨガで心と身体のケア」クラス開催
(ボランティア活動)

2016年7月

新宿区・港区にて「介護予防クラス」を開催。
(週1回・半年間無料定期開催)
西東京市保谷デイサービスハミングにて
「シニアヨガ」定期開催スタート
(ボランティア活動開始)

2016年9月

日本赤十字社総合福祉センター
レクロス広尾にて「介護予防クラス」を開催
(ボランティア活動)

草加SKT24高砂コミュニティセンターにて
「草加健康都市宣言シニア対象
ヨガチャリティークラス」を開催

2016年10月

京都大原記念病院にて
「デイサービスボランティアシニアヨガ」
定期開催スタート

2017年2月

AEON多摩平の森にて
プーク人形劇団とのコラボレーション
「人形劇とヨガのワークショップ」を開催

2017年4月

辻堂海浜公園にて「リフレッシュヨガ」
定期開催スタート

草加市教育委員会生涯学習課主催
「体験ヨガクラス」を開催

2017年5月

西東京市田無ひまわり保育園にて
「ひまわりヨガ」定期開催スタート

2017年6月

VYS621「ヨガ奉り」開催

西東京市田無柳沢児童センターにて
「簡単!ベビーマッサージ&ママヨガ」
定期開催スタート(ボランティア活動)

2017年7月

スポーツクラブNAS西日暮里店にて
「腰痛改善2ヵ月集中コース」スタート

2017年10月

日野市「保育士のためのヨガクラス」を担当。
(参加者80名)

和歌山作業所にてヨガクラスを開催

西東京こそだてフェスタにて
「肩こり腰痛改善!ファミリーヨガ」を担当
(2018年度も担当決定)

2017年11月

児童擁護施設でのヨガクラスが定期開催スタート

2018年1月

スポーツクラブNAS姪浜店
「特別セミプライベートクラス」スタート

2018年2月

京都府社会福祉法人パブテストホーム
「認知症不安改善ヨガ」が定期開催スタート

2018年4月

スポーツクラブNAS博多店
「腰痛改善プログラム」スタート

2018年6月

渋谷区にて無料ヨガイベント
VYS621「ヨガ奉り」開催

2016年5月

熊本地震被災地訪問 仮設住宅にて
「ヨガで心と身体のケア」クラス開催
(ボランティア活動)

【レインボーヨガ】ご支援のお願い

児童養護施設へのヨガクラス、
そしてハンディキャップのある子どもたちと家族のためのヨガクラスは、
すべてスマイルヨガプロジェクトの収益の一部から賄われております。

より多くの子供達に会うために資金を必要としています。
ぜひ、お支援をお願いします。

ヨガを通して、
子どもたちが睡眠導入剤や頭痛薬を手放すことができるように。

その一助を担ってくださる方を募集しております。
温かいご支援お待ちしております。

皆様からのご支援をお待ちしております

クラスに参加する

VYS YOGIの行う
すべてのヨガクラスの売上の一部で
このクラスを開催しています。

あなたがヨガクラスに参加することが
社会貢献につながります。

ヨガクラスが開催される場所と
同じ地域に住む方々にも
笑顔の輪が広がることを目指しています。

クラスを依頼する

施設や学校、保育園や会社など
働くスタッフの健康管理のため
または子供や生徒の健康増進のために
ヨガクラスを開催しませんか?

【クラス例】
・不調改善クラス
・クロストレーニングとして
・集中力をつけるために
・心身のバランスを取り戻すために
・リラックスのために
料金など詳細はお問い合わせください。

寄付をする

活動を支援してくださる方を求めています。
ご支援してくださった方に代わり、
私たちVYS YOGIがヨガの効能を
社会に届けるべく活動して参ります。
まだ見ぬ誰かのために、
より助けを求めている方のために、

ヨガを通して
「心からの笑顔を取り戻す」お手伝いを、
是非一緒にしていただけませんか?
皆さまからの
温かいご支援をお待ちしています。

寄付をする

活動を支援してくださる方を求めています。
ご支援してくださった方に代わり、
私たちVYS YOGIがヨガの効能を
社会に届けるべく活動して参ります。
まだ見ぬ誰かのために、
より助けを求めている方のために、

ヨガを通して
「心からの笑顔を取り戻す」お手伝いを、
是非一緒にしていただけませんか?
皆さまからの
温かいご支援をお待ちしています。

お問い合わせ

クラスのご依頼、支援についてのお問い合わせはこちらから
お気軽にお問い合わせください。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信
プロジェクトを支援する

よくあるご質問

ペラウォータープロジェクトは、最初の協力国としてなぜタンザニアを選んだのですか?
タンザニアでは急性栄養不良の子どもの割合が高く、貧困もいまだに深刻な問題となっているのが大きな支援理由です。ほとんどの住民が農業を営んでいますが、生産性の低さや気候変動による雨水不足の影響も受け、約67%の家族が年間を通して十分な食糧を得ることが難しい状況です。
ペラウォータープロジェクトは、最初の協力国としてなぜタンザニアを選んだのですか?
タンザニアでは急性栄養不良の子どもの割合が高く、貧困もいまだに深刻な問題となっているのが大きな支援理由です。ほとんどの住民が農業を営んでいますが、生産性の低さや気候変動による雨水不足の影響も受け、約67%の家族が年間を通して十分な食糧を得ることが難しい状況です。
ペラウォータープロジェクトは、最初の協力国としてなぜタンザニアを選んだのですか?
タンザニアでは急性栄養不良の子どもの割合が高く、貧困もいまだに深刻な問題となっているのが大きな支援理由です。ほとんどの住民が農業を営んでいますが、生産性の低さや気候変動による雨水不足の影響も受け、約67%の家族が年間を通して十分な食糧を得ることが難しい状況です。
ペラウォータープロジェクトは、最初の協力国としてなぜタンザニアを選んだのですか?
タンザニアでは急性栄養不良の子どもの割合が高く、貧困もいまだに深刻な問題となっているのが大きな支援理由です。ほとんどの住民が農業を営んでいますが、生産性の低さや気候変動による雨水不足の影響も受け、約67%の家族が年間を通して十分な食糧を得ることが難しい状況です。