Book Camp

お家でカンタン スキマ時間に5分でできる
幼児からできる英語教育

現場での実践と、言語学、脳科学に
基づいた新しい英語学習法

英語ができたらカッコイイね、の時代から、
できたら有利だね、も通り過ぎ、
英語ができないと致命的!という時代に入っています。 
英語力のあるなしで、将来稼げるお金が1億円も変わると言われている時代。

社会が大きく変わっているのに、昔と変わらないのが日本の英語学習法。
本当に今のままで、大事なお子さんがAI時代を生き抜き、
社会で通用する英語力がつくのでしょうか?

おまけに、
日本の中高生の多くは、中学校の教科書の文章を正確に理解できない

という大規模な調査結果が出ているほどです。

多くの仕事がAIに取って替わられる将来、
「読解力」のない人間は、失業するしかないとも言われています。

また、
「英語力のない日本人」は、英語ができる海外の方に、
仕事を持って行かれている社会が、もう既に始まっています。
   

10数年後に社会に出る子どもたちには、
「使える英語力」と「読解力」がないと、
本当に生き残っていけない、そんな社会が待ち構えています。
 

では、どうやって使える英語力と読解力を身につけるのか?

Book Camp という新しい道をご紹介いたします。


Book Campの目的と、身に付く力

Book Camp をすると、何がいいの?

 

⬛︎ お家でスキマ時間に、お母さんがお子さんに英語の絵本を読み聞かせることで、お子さんが英語力を身に付けるだけでなく、他文化を通して違いを尊重する心、様々なことに興味を持つ好奇心が育ちます。(お母さんの英語力もつきますよ)

⬛︎ ただ、読んでおしまい、という訳ではありません。英語の絵本を読み、そこからどう発展させていけるかをお伝えしています。

⬛︎ 英語が苦手なお母さんでも大丈夫です。講座が終わるまでに、自信を持って、お子さんに英語で読み聞かせができるようになります。

⬛︎ 英語習得には、「量」「質」「継続」の3つが必要です。
  Book Camp 卒業後にも、お家で継続できるように、
  この3点をしっかりとお伝えします。

⬛︎ 英語を読む力を十分に養えば、書く、聞く、話すといった
  他の力も身につきます。

⬛︎ 英語力があっても、語る中身がなければ、英語は話せません。
  Book Campで学んだことをもとに、自分の考えや思いを発信していくことを想定してインプットを行うので、使える英語力が身についていく素地を養えます。

⬛︎ 絵本の読み聞かせ時間は、親子の大切なコミュニケーションです。お子さんが愛されている、と実感できる、幸せな時間となります。

⬛︎ 英会話に週に1回1時間通うより、毎日5分英語に触れることの方が、力がつきます。お母さんが英語で読み聞かせをすることで、幼児期から英語を使うのが当たり前、という環境を作ることができます。

⬛︎ お母さんが一度やり方を学べば、お子さんが大きくなる間ずっと使えますし、お子さんが何人いらしても使えるコスパの良さがあります。

⬛︎ 検定試験に合格することを目的とする講座ではありません
  ですが、Book Camp でしっかりと取り組めば、結果的に、
  検定試験や受験に通用する力が養われます。

Book Camp をすると、
どんな子どもに成長する?

⬛︎ 幼児期からBook Campを行ったお子さんは、読書習慣が身につきます。時間があったら、本を手に取り、自ら読むお子さんになります。

⬛︎ 幼児期に読み聞かせを通して本を読むおもしろさを経験したお子さんは、自ら学ぶ人に成長していきます

⬛︎ 小さい頃から他文化に触れることで、違いに寛容になり、
  様々な価値観から物事を考えられるようになります。

⬛︎ Book Campで学べることは英語だけではありません。絵本で知ったことを、日常生活に取り入れて、自分もやってみよう、と好奇心旺盛な人に育ちます

⬛︎ 日常に英語があるのが当たり前の環境で育つので、臆することなく英語で、自分の考えを伝える素地が養われます

Book Camp の実績例

Book Camp に取り組んで、得られた結果は山ほどあります。全ての実績をここでは書ききれないので、ほんの少しですがご紹介させて頂きます。
ここでの成果は、中学1年生から高校3年生までですが、幼児期から取り組んだ場合、こういった結果がもっと早い段階で起き、成果も大きくなる可能性が大きいです。

*検定試験や、受験対策を目的にはしておりませんので、
 検定試験対策は一切していない状態での結果です。

運用力、自主的に学ぶ姿勢

1.  中1の終わりに、生徒たちの希望で、各自が英語で物語を書き、冊子を作った。授業の時間を使わずに、生徒が自主的に取り組み、英語を習い始めてほんの1年弱で、英語で物語を書ける力と、書きたいという自主性が養われた

2.  中1から始め、中2の1学期に、文化祭で英語劇をしたいと生徒が申し出、自分たちで一から台本を作って、40分の英語劇を堂々と発表した

3.  中3の終わりに、パワーポイントを使って、一人15分で英語でプレゼンテーションをした。原稿作りから全て生徒が自分で行い、100名近い同級生と、先生の前で、堂々と英語で自分の考えを発表する力を養った。

結果的に、試験にも対応できる力を養える

1.  中1でBook Campに取り組み始め、高校中級程度と言われている英検準2級に、中2で受験した70名が全員合格した

2.  超難関校が受ける全国模試で、中2、中3と2年連続全国2位の結果をとった。
(中1ではデータを取っていなかったので、全国順位は不明)

3.  英語が苦手で、高1で英語の偏差値が40台後半だった生徒が、高2の秋で、60を超え、センター試験では満点をとった。

4.  1年間、TOEICの問題集を解き続け、1点も上がらなかった生徒が、Book Camp を始めて1ヶ月半で、TOEICが100点アップした。


<幼児から取り組んだ例>
1.  3歳からBook Campを始めた、現在4歳の男の子は、アメリカ英語、イギリス英語を理解し、英語での質問にも答えられる。

2.  読み聞かせを通して、対話をするので、記憶力が抜群に上がり、詳細なところまで気付ける観察力が身についている。


受講生の声

Q.Book Campをして、
お子さんの変化はいかがでしょうか?

A.岡田凛さん(小2、年長)

今までも、英語の絵本を読むことはたまにしていましたが、Book Campで教えてもらった絵本を読み聞かせると、子どもたちの反応が全く違い、今では寝る前に必ず英語の絵本を読むようになりました。隙を狙っては、「読んで、読んでー!」と言ってくれますし、一人の時間でも英語の絵本を手にしている姿を見かけるようになりました。

 日本語に全く訳していないし、日本語での解説もしていないのに、物語を英語のままで理解できているのは、講座で教えてもらった読み方をしているためです。英語力だけでなく、想像力や観察力も養われています。

 特に、講座で重点的に習う「問いかけの仕方」によって、子どもも英語で発話ができるようになってきました。英語でのアウトプット方法も学びますが、子どもたちととても盛り上がります。

 楽しく英語を学べるだけでなく、親子の関わり方がもっと楽しくなりました

 Book Campを取り入れたことで、子どもたちにも英語を学ぶ目標が見つかり、自主的に学ぶようになりました

Q.日本語がまだおぼつかない小さな子どもに、英語教育は必要でしょうか?

A.まつうらかなこさん(5歳、2歳)
(国語科教諭免許保持)

絵本で英語を習得する方法を学んでいて解りました。

乳幼児期に英語を学ぶことが、その他の言語習得の弊害になるわけではないんだ。

方法や子育ての問題なのだろうと。

Book Campなら
英語の語彙のインプットは勿論

絵本を通して読解力も身に付くから、
英語というツールにおさまらず

「コトバ」としてのコミュニケーション能力が

伸ばせるんです。

読解力、コミュニケーション能力は
英語だろうと日本語だろうとそれに限らない。

結局私たち日本人は特に
文法などの技術に固執してしまいがちですが、

私たち多くの日本人が英語を喋れないのは、
文法が出来ないからではなく、
英語を使ったコミュニケーションが苦手なだけらしいんです。

じゃあ、どうやってBook Campでは

我が子のコミュニケーション能力を引き出してあげるのか。

それが講座で何度も特訓している
「親が投げかける質問力」なんですね。

だから、胸を張って言えます。

英語だって、
親が読解力に重きを置いた教育をすれば、
日本語や道徳心も疎かにならずに済みそうだよ!

さて、5歳になったうちの長女は、
おかげさまで英語の絵本にあっという間に抵抗が無くなりました

絵本がとにかく楽しいから、
頑張るったって、楽しさしかありません

桐生さん、素晴らしい英語教育メソッドに
出会わせてくださり、ありがとうございます!

Q.日本語がまだおぼつかない小さな子どもに、英語教育は必要でしょうか?

A.まつうらかなこさん(5歳、2歳)
(国語科教諭免許保持)

絵本で英語を習得する方法を学んでいて解りました。

乳幼児期に英語を学ぶことが、その他の言語習得の弊害になるわけではないんだ。

方法や子育ての問題なのだろうと。

Book Campなら
英語の語彙のインプットは勿論

絵本を通して読解力も身に付くから、
英語というツールにおさまらず

「コトバ」としてのコミュニケーション能力が

伸ばせるんです。

読解力、コミュニケーション能力は
英語だろうと日本語だろうとそれに限らない。

結局私たち日本人は特に
文法などの技術に固執してしまいがちですが、

私たち多くの日本人が英語を喋れないのは、
文法が出来ないからではなく、
英語を使ったコミュニケーションが苦手なだけらしいんです。

じゃあ、どうやってBook Campでは

我が子のコミュニケーション能力を引き出してあげるのか。

それが講座で何度も特訓している
「親が投げかける質問力」なんですね。

だから、胸を張って言えます。

英語だって、
親が読解力に重きを置いた教育をすれば、
日本語や道徳心も疎かにならずに済みそうだよ!

さて、5歳になったうちの長女は、
おかげさまで英語の絵本にあっという間に抵抗が無くなりました

絵本がとにかく楽しいから、
頑張るったって、楽しさしかありません

桐生さん、素晴らしい英語教育メソッドに
出会わせてくださり、ありがとうございます!

Q.私(母親)自身、英語が苦手なのですが、それでも子どもにできるのでしょうか?

A.F. M. さん(東京在住)(5歳)

 結論から申し上げると、「できます」。1回目を受けた時から、「わぁ、これはすごい」「これなら私も英語ができるようになる」と実感しました。

 英語が分からない私にも、「理解できる」と「実感」できているので、「継続」することができています。Book Camp を知ってから、今まで1日も欠かすことなく英語に触れているほど、楽しく学んでいます。Book Campを始めてまだ1ヶ月少々ですが、人生で一番英語に接しているおかげで、息子だけでなく、私も英語が分かるようになってきました。 

 お出かけする時も、いつでもカバンに英語の絵本を忍ばせています。

 親子でステップアップできるのがうれしいです。

Q.他の英語教室と、
 何が違うのでしょうか?

A.F. M. さん(東京在住)(5歳)

 ① 英語を英語のまま理解できる工夫がたくさんあります。

 ② スキマ時間に家庭で取り組めることで、週に1、2回英語教室に通うより、効果が出ているのを実感しています。

 他の英語教室にもアンテナを貼っていましたが、やめてよかったです。他だと続かなかったと思います。

 ③ 英語の発話につなげる方法もたくさん教えてもらえるので、学んだその日から、日常で英語を使う機会が増えています

 ④ 1冊の絵本を、何通りもの方法で学ぶことで、繰り返し英語に出会うので、身につきやすいです。



A.  Iさん

他の英語教室もたくさん見てきましたが、どれも一長一短でした。Book Camp に出会ったときに、「これなら、英語力がつく!」と確信しました。

Q.他の英語教室と、
 何が違うのでしょうか?

A.F. M. さん(東京在住)(5歳)

 ① 英語を英語のまま理解できる工夫がたくさんあります。

 ② スキマ時間に家庭で取り組めることで、週に1、2回英語教室に通うより、効果が出ているのを実感しています。

 他の英語教室にもアンテナを貼っていましたが、やめてよかったです。他だと続かなかったと思います。

 ③ 英語の発話につなげる方法もたくさん教えてもらえるので、学んだその日から、日常で英語を使う機会が増えています

 ④ 1冊の絵本を、何通りもの方法で学ぶことで、繰り返し英語に出会うので、身につきやすいです。



A.  Iさん

他の英語教室もたくさん見てきましたが、どれも一長一短でした。Book Camp に出会ったときに、「これなら、英語力がつく!」と確信しました。


講師の紹介

お家で簡単 
スキマ時間に5分で出来る
幼児から出来る英語教育

英語 Book Camp 主宰 桐生 凛

13年間、難関中高一貫校で実践し、結果を出してきた手法を、幼児の頃から「楽しく」「継続できる」方法にアレンジし、「自ら学ぶ人」になる学び方をお伝えしています。
TOEIC 980
国連英検A級
生まれも育ちも大阪市。
英語との出会いは、中学校の英語の授業。

大学入学時に、驚くべき英語学習法に出会い、一瞬で魅了される。
その方法を継続した結果、たった3年ほどで、

TOEICの点数が350点以上アップし、
日本にいながら軽く900点を超える。


大学時代にフィリピンで家を建てるボランティア活動に従事。
スラム街に住んでいて学校に行けなかった子どもたちが、家を手に入れ、学校に通い出したことで、生活が激変し、大学まで卒業したことを目の当たりにし、

「子どもの可能性を開かせるのは、教育だ」

と確信し、中3からの夢だった英語の教師に。

400倍以上の倍率をくぐり抜けた人だけが、難関私立の英語教師になることができるほど狭き門の中、超氷河期の時代でも、
本採用合格を4つ頂く。


趣味は旅行、読書、映画鑑賞、合氣道(三段)。

生まれも育ちも大阪市。
英語との出会いは、中学校の英語の授業。

大学入学時に、驚くべき英語学習法に出会い、一瞬で魅了される。
その方法を継続した結果、たった3年ほどで、

TOEICの点数が350点以上アップし、
日本にいながら軽く900点を超える。


大学時代にフィリピンで家を建てるボランティア活動に従事。
スラム街に住んでいて学校に行けなかった子どもたちが、家を手に入れ、学校に通い出したことで、生活が激変し、大学まで卒業したことを目の当たりにし、

「子どもの可能性を開かせるのは、教育だ」

と確信し、中3からの夢だった英語の教師に。

400倍以上の倍率をくぐり抜けた人だけが、難関私立の英語教師になることができるほど狭き門の中、超氷河期の時代でも、
本採用合格を4つ頂く。


趣味は旅行、読書、映画鑑賞、合氣道(三段)。