「家族死生観」 残された家族が生きていくために 最近、延命治療の中止が行なわれるようになっています。

10年ほど前は法律で許されなかったことが認められるようになり、 “救命に尽くす医療”が変わりつつあります。

また、がん患者が100万人を超えると言われています。

これだけ多くの人が残された命の宣告を受けるという非常事態は、私たち自身に何か問いかけられているような気さえします。

日本は2035年まで多死社会に入り、急速に死が身近になると思われますが、心の準備ができている人がいるでしょうか。

思い当たる節はございませんか?

  • 怖くて考えられない
  • いざというときの話が家族でできない
  • 余命宣告を受けたがどうすれば…
  • 人はなぜ死ぬの?
  • 死ぬってどういうことだろう?
  • 自分ひとりじゃ決められない
  • 親の最期を決めるのは荷が重すぎる
  • うちの親はあれでよかったのだろうか?
  • 死に目に会えなかったことがずっと心に引っかかってる…
  • 怖くて考えられない
現代人が抱えるモヤモヤを 払拭するヒントがここにー
    「家族死生観」 残された家族が生きていくために

あなたは親に万が一のことがあったとき、延命するかしないか決心できますか?

私たちは何を頼りに決断すればいいのでしょう?

江戸時代の日本人は世界で稀に見る健康体と、崇高な精神性を持つ国民でした。

日本人の素晴らしさは諸外国から理解し難い不思議なもので、外国人が書いた本などに記されています。

小さな島国である日本が、なぜこのような性質を持っているのでしょうか?

遡れば日本の倭の時代、邪馬台国に至ります。

その頃の日本は家族をとても大事にしており、争いごとがなく平和に100歳まで生きたと言われます。

私たちの生命力の根源は、もしかすると“家族思想”にあるかもしれません。



「家族死生観」 私は死を避ける看護師でした。

死の意味がわからず、怖くてたまらなかったのです。

ところが15年前父の死を経験し、死が怖いものではなくなりました。

それから親の死、介護、抗がん剤治療などの相談に、「家族死生観」をもとに考え対応してきました。

人は常に人間関係を伴っています。

とくに日本人は家族を心の拠り所とし、価値観や人生観は家族の影響を強く受けます。

そんな私たちが最期の最期に考えるのは何…? 自分のことを考えるでしょうか…?

「亡くなった人にしか伝えられないことがある」

この言葉にピンと来る方は、ぜひご参加ください。

あなたのモヤモヤを解決するヒントがきっとあります。

そして、いざというときの心の準備が少しずつ可能になるでしょう。

最期の瞬間まで、家族がみな心穏やかに過ごせるように…

悲しみを越えて力強く生きていけるように… 残された家族が生きていくための「家族死生観」です。 
【家族死生観に込めた想い】
■看護 × 介護 × 家庭
経験と想いをシェアし、多角的に死を見つめます

■過去 × 現在 × 未来
過去を未来に活かせるよう、経験に意味を見出します

■自分 × 家族 × 社会
誰のための命なの?ひとりひとり考えられる社会を目指します


職業の枠を超え、病院の壁を超えて


「死ぬこと」「生きること」について考える1Day

死生観は、いざというとき考える余裕を持つための心構え。

ご講演

NHKクローズアップ現代出演
現役看護師僧侶/玉置妙憂さん
がご講演くださいます。


生きるヒントをいただきましょう。

タイムスケジュール

9:15~9:30 受付
9:30~
開会
9:45~
看護師体験談スピーチ
9:50~
介護士体験談スピーチ
10:00~
一般者体験談スピーチ
10:10~
玉置妙憂さま講演
11:00~
ディスカッション
11:45~ 代表者体験談スピーチ

12:30~
ランチタイム

13:30~
ワークタイム
16:30~
アンケート記入
16:45~
閉会
9:45~
看護師体験談スピーチ

順序・内容は変更になることがございます


■名前を伏せたい方は当日ニックネームでご参加ください

■玉置妙憂さま著書の販売ブースあります

■チラシを配布したい方は9時30分までに受付にご持参ください

■ご自身の活動を紹介したい方はランチタイムにスピーチできます (1人3分程度、先着10名様まで)

■17時30分~会場1Fにて懇親会あります おひとり¥3,000 参加チケットと一緒にお申し込みください

bondolfi boncaffē 赤坂 http://www.bondolfi-boncaffe.jp/


プロジェクト担当/Wellnessナースより皆さまへ

5月1日「令和」に変わりましたね。
時代変遷の幾を迎えたと言えるのではないでしょうか。

戦争で多くの人の命を失い、復興を目指す再建の時代が終わろうとしています。
一方で医療の躍進により、本来なかった苦悩が生じています。

死生観は一つの答えがあるわけではなく、ひとりひとりの観じ方があって然るべきだと思います。
命に優先順位はない。だけど体だけ生きていても意味がない。

死生観は自分と大切な人のための人生観。
ぜひあなたの体験や想いをお聞かせください。

Facebookご利用の方はグループに招待いたします。
随時情報を公開して参りますので、お早めにお申し込みください。

赤坂シティコンファレンス
外観&内観

エントランス

赤坂コンファレンスは、溜池山王駅直結の複合ビル
「赤坂インターシティAIR」内の
3F・4Fに位置します。
ゆとりのあるエントランスと
それぞれのフロアにグリーンを望むラウンジがあり
会場のロビーには自由に飲み物をご利用いただける
KIOSKUがあります。

会場設備

会場

天井高4m、2面ある大きな窓からは敷地内の豊かなグリーンが見渡せる、開放感のある会議室。ラウンジには、専用受付のほか飲み物とスナックが楽しめるKIOSKを常設。

KIOSK

会議の合間に飲み物とスナックが楽しめる「KIOSK」が常設されています。オンとオフの切り替えでコミュニケーションを活性化します。

ランチ付き

参加費に、おしゃれなサンドイッチランチ+フリードリンク込みです※アレルギーの方を配慮して希望された方に提供致します。
お弁当持参も可。

日本ナースオーブ WellnessNurse主催 イベント参加同意規約について

 

イベント参加同意規約

 

各種イベントの実施に際し、イベント主催者である 日本ナースオーブWellnesNurse(以下、「主催者」という)と参加講師、スタッフ、参加者の間で、以下のとおり取り決めることとする。

主催者が設けた全ての規約、規則、指示に従う事を同意します。 イベント最中に起きた怪我・事故に関して、自己の責任において一切を処理し、主催者、講師、スタッフ、参加者等イベント関係者の責任は問いません。 イベント最中、参加者自身の持ち物に関し、自己責任において管理します。 自己の過失により、施設、機材等に損害を与えた場合、その金額を弁償します。 健康状態は心身ともに良好でイベント参加に際して支障はありません。 会場内における音声、映像等の肖像権は主催者にあることを認め、イベントに関するスポンサー、主催者等に参加者の名前および写真、動画等を自由に使用することを許可します。 参加申し込みの際に記入したアドレス宛に主催者から告知メールが不定期に届くことを了承します。

 

♦︎ 個人情報の取扱いについて

個人情報の管理責任者

管理者名:日本ナースオーブ代表山咲凛子

個人情報の利用目的

主催者は、イベント開催にあたり、各種申し込みの受付を通じて、参加者の氏名・メールアドレスなどの個人情報をお預かりいたします。これらの個人情報は、次の目的で利用させていただきます。

【お預かりした個人情報の利用目的】

主催者は、個人情報保護法を遵守し、イベントに関するご案内、アンケートやアフターサービスの実施、参加者への連絡・通信、新しいイベント企画、および参加者に有益と思われる情報の提供などのために、参加者の個人情報を利用させていただきます。

具体的には、イベント活動の実現とともに下記のような目的等で利用させていただきます。

参加者からの意見・感想をいただくため 参加者からの問合せなどに対応するため 市場調査や新しいイベント企画のため 各種イベントなどの案内のため 電子メール配信サービスや刊行物などの発送のため 提携講師の各種サービスに関する情報提供のため 個人情報の共同利用について

主催者は、参加者の個人情報を次のとおり共同利用させていただきます。

個人情報の項目 参加者の氏名・メールアドレスなど 共同利用者の範囲(順不同) イベント参加講師 利用目的 上記、「 個人情報の利用目的」に同じ。 個人情報の第三者提供

次に掲げる場合を除き、参加者の個人情報を第三者に提供することはございません。

参加者本人の同意がある場合 法令に基づく場合 人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合で、参加者本人の同意を得ることが困難な場合

 

♦︎ 肖像権使用に関する同意規約

参加講師、スタッフ、参加者は、日本ナースオーブWellnesNurseに対し、写真撮影等の開始前に以下に定める諸条件を精読し、それらを十分に理解した上で、肖像権使用に関する全ての内容に同意します。

下記に定める範囲で写真等を無償で自由に使用することを認めること。

2.下記に定める範囲で使用している限り、

肖像権、プライバシー権、パブリシティ権等の一切の権利を行使しないこと 全身及び身体の一部を撮影し、撮影した作品の公表・使用・出版等一切の利用行為 に関する許可を与えること 公表・使用・出版等一切の利用行為にかかる写真、動画等の選択、創作・変形・合成等その作品の表現についての異議申し立てを一切行わないこと 著作権、著作者人格権等の権利の主張あるいは行使その他何らの請求も行わないこと 紙焼き・ネガ・ポジ・デジタルデータ等形態を問わず肖像等を使用した広告、印刷物、商品等の受け渡しを求めないこと 子どもの親権者として同意する資格があること、および親権者全員の同意を取得していること。 参加者本人以外の家族、親族の肖像等が写っている場合でも、参加者本人を代表者として、下記に定める使用範囲において無償で自由に使用することに同意します。 本同意規約に基づく肖像権の使用について、参加者または第三者からクレーム等の異議申し立てが一切なされないことを保証します。

6.同意者は成人であり、本同意規約の内容に自ら同意する権限が有ること、また記載する内容には偽りがないことを保証します。

使用媒体: 日本ナースオーブWellnesNurseの各媒体

(インターネット・放送・広告・印刷物・イベント展示など)

使用地域: 制限なし

使用期間: 期間を定めない

使用者: 日本ナースオーブWellnesNurse

 

♦︎ お問い合せ

日本ナースオーブWellnesNurseの個人情報取扱に関するお問い合せは下記までご連絡ください。
日本ナースオーブWellnesNurse Mail:info@nurseorb.com

会場:赤坂インターシティコンファレンス

東京メトロ 銀座線・南北線「溜池山王駅」直結 千代田線・丸ノ内線「国会議事堂前駅」直結

会場サイトはこちら