『講座』

1.

KaRaDaコーチング本講座

必要な知識や技術を学ぶことがいつの間に増えすぎ、しかも使いこなせていないことに気づいてしまった…

「セラピスト」
「コーチ」
「パーソナルトレーナー」
もう学ぶ必要はありません ディプロマ取得も必要ありません!

学び続けなくてはならないセラピストを育てる他とは違うセラピスト&トレーナーの情熱想いを伝え専門知識と手技を生かした『オリジナルメソッド』の作り方

セミナー受講しても2割しか結果が出ないという…常識?
画一化のセラピスト業界から自分らしさを見出す  
達成したい願望があるなら手技を学び続けるという選択にはならない

今までのディプロマとは一線を画す無駄を排除した
独学で結果を出す技術

心身にダイレクトに働きかけることで体はアップグレードされ続けられるようになってます


『講座』

1.

KaRaDaコーチング本講座

必要な知識や技術を学ぶことがいつの間に増えすぎ、しかも使いこなせていないことに気づいてしまった…

「セラピスト」
「コーチ」
「パーソナルトレーナー」
もう学ぶ必要はありません ディプロマ取得も必要ありません!

学び続けなくてはならないセラピストを育てる他とは違うセラピスト&トレーナーの情熱想いを伝え専門知識と手技を生かした『オリジナルメソッド』の作り方

セミナー受講しても2割しか結果が出ないという…常識?
画一化のセラピスト業界から自分らしさを見出す  
達成したい願望があるなら手技を学び続けるという選択にはならない

今までのディプロマとは一線を画す無駄を排除した
独学で結果を出す技術

心身にダイレクトに働きかけることで体はアップグレードされ続けられるようになってます


『About』

KaRaDaコーチングとは

KaRaDaコーチングとは、ゼロから1を創りパフォーマンスアップを
望むアスリート達に
「体のルール」を深く体感してもらうセッションです。
その「体のルール」は私たちにも元々インストールされています。

例えば…

「ジャンプは上から下へ跳べ」
「運動シンケイがよろしくない人は動きが速い」
「ストレッチは体にとって余計なこと」
「力比べは体力勝負でやらない」
「腰を捻るパワーの出し方は体は傷める」
「人の関節にマッチングするのは重さを扱う肉体改造より自重を扱う方が相性は良い」
「ラジオ体操の水平回転は危うい」
「回れ右、あるいは回れ左の連続で歩くと素早く移動できる」…

様々なトレーニング方法や理論がある中で、決め付けられたクローズ的な教科書だと本番や臨床の場では使えません。

実践に合うオープン的な教科書に仕上げました。

巷の情報を検証しつつ本来備わっている完成品の体の価値に気付く、それだけのことなんです。

『About』

KaRaDaコーチングとは

KaRaDaコーチングとは、ゼロから1を創りパフォーマンスアップを
望むアスリート達に
「体のルール」を深く体感してもらうセッションです。
その「体のルール」は私たちにも元々インストールされています。

例えば…

「ジャンプは上から下へ跳べ」
「運動シンケイがよろしくない人は動きが速い」
「ストレッチは体にとって余計なこと」
「力比べは体力勝負でやらない」
「腰を捻るパワーの出し方は体は傷める」
「人の関節にマッチングするのは重さを扱う肉体改造より自重を扱う方が相性は良い」
「ラジオ体操の水平回転は危うい」
「回れ右、あるいは回れ左の連続で歩くと素早く移動できる」…

様々なトレーニング方法や理論がある中で、決め付けられたクローズ的な教科書だと本番や臨床の場では使えません。

実践に合うオープン的な教科書に仕上げました。

巷の情報を検証しつつ本来備わっている完成品の体の価値に気付く、それだけのことなんです。
  • クライアントが施術による痛い怖い思いをされずに体調改善の手技を出来る様になりたい
  • 原因がよく分からない心身の不調を持った症状にはどう対応したらいいのか…
  • 手指を傷めず腰痛にはならない楽に仕事を続けていきたい
  • 働きながら指名を増やしていく技術を上げるには…
  • 今後の保険制度の先行きから自費を導入したいけど何か対策は?
セラピスト、トレーナーは目に見えないサービスを販売しています
そこでクライアントの方がサービスを受けた後にどうなるbefore and afterをイメージできるまでに伝えられているか、何よりも体感させられるかが大事なことです!

スキルのない残念なセラピスト、経験値があるというヒューリスティックの罠、解剖学や知識による幻想  、、、

体を通して人と関わるには『からだの遣い方』に気づくことなんです

そもそも体は動くための仕様になってます
つまり静止した状態での体のチェックはNGです
見た目の力学的な運動は体にとってはストレスになります

そこでセラピスト、パーソナルトレーナー、コーチ、カウンセラーが動ける体になることが先なんです

巷の体幹トレーニングではなくてリアリストとしての『からだの遣い方』を目覚めさせるだけです

私たちの体は動くための仕様に生まれつきインストールされてます
『からだの遣い方』の方法は自信を持てるようにもなります
  • クライアントが施術による痛い怖い思いをされずに体調改善の手技を出来る様になりたい
  • 原因がよく分からない心身の不調を持った症状にはどう対応したらいいのか…
  • 手指を傷めず腰痛にはならない楽に仕事を続けていきたい
  • 働きながら指名を増やしていく技術を上げるには…
  • 今後の保険制度の先行きから自費を導入したいけど何か対策は?
セラピスト、トレーナーは目に見えないサービスを販売しています
そこでクライアントの方がサービスを受けた後にどうなるbefore and afterをイメージできるまでに伝えられているか、何よりも体感させられるかが大事なことです!

スキルのない残念なセラピスト、経験値があるというヒューリスティックの罠、解剖学や知識による幻想  、、、

体を通して人と関わるには『からだの遣い方』に気づくことなんです

そもそも体は動くための仕様になってます
つまり静止した状態での体のチェックはNGです
見た目の力学的な運動は体にとってはストレスになります

そこでセラピスト、パーソナルトレーナー、コーチ、カウンセラーが動ける体になることが先なんです

巷の体幹トレーニングではなくてリアリストとしての『からだの遣い方』を目覚めさせるだけです

私たちの体は動くための仕様に生まれつきインストールされてます
『からだの遣い方』の方法は自信を持てるようにもなります

object person

  • 『パーソナルトレーナー』『コーチ』
    …トレーニング法の様々な疑問や結果に繋がるワークアウト
  • 『セラピスト』
    …教科書には載ってない臨床で必要となる体の見方
  • 『アスリート』
    …ありのままで大丈夫、メンタルのせいにしない、能力を引き出してみせます
  • 『部活の顧問』『先生』『保護者様』
    …体には楽になる使い方があります 知っているか知らないだけです
  • 『パーソナルトレーナー』『コーチ』
    …トレーニング法の様々な疑問や結果に繋がるワークアウト

KaRaDaは間違えない

知識や施術の勉強は教科書ではなく、
すべては体から教わった…

世界に1つだけの大切な自分の体

introduction
KaRaDaコーチ『Junichi Yokoyama

目的地までの時間をショートカットさせ、
現状のフィジカルのレベルでパフォーマンスUpさせる

professional-trainer
指導歴 25年のキャリア

体の使い方によってアスリートワタシ史上、最高のタイムを更新させるセッションで現役時代よりも結果は出せることを実現させる

・高校生の部活のアドバイス
・未就学児と親子向けのイベント開催

初マラソン完走やサブスリー達成、50代女性の3時間30分台、そしてウルトラへのトライまでビギナーからでもステップアップを力強くアシスト

・美トレのメソッド 
・歩き方や見せ方のポスチャー

パーソナルトレーニングに
とどまらないクライアントの方々にはビジネスシーンや
ライフワークもバックアップ

・多くの生徒を指導される師範や先生業の健康管理
・コンサルタントの方へのコンディションづくり

Service