防水工事の必要性や
東京でおすすめの施工業者

防水工事になぜ行わなければいけないのでしょうか。今回は防水工事の必要性や種類、おすすめの施工業者などについて紹介していきましょう。防水工事と言っても複数種類があるので、各種類の特徴なども見ていきます。

防水工事の必要性とは?

こちらでは、防水工事の必要性について見ていきましょう。意外と防水工事は軽視されがちです。なぜ必要とされているのかを把握して建物をしっかり守りましょう。

 ・水漏れを防ぐ

建築時点でわずかなヒビ割れなどが生じてしまいます。これは工事をする上で仕方ないことなのです。完璧にヒビを防ぐことはできません。最初は問題なくても、経年劣化によってヒビが大きくなり、水漏れの原因になってしまうのです。水漏れが起こることで衛生的にも良くありません。さまざまな悪影響がでるので防がないといけないのです。

 ・建物の寿命を守る

水漏れなどが生じてしまうと、建物が内部から腐食していきます。そうなると建物全体の寿命が短くなってしまうのです。些細なヒビから始まったとしても、最終的には建物の寿命を削ってしまうので悪影響が出る前に防水工事をするのです。

 ・資産価値の維持

建物が劣化していくと資産価値も低くなってしまいます。せっかくの建物の価値が些細なヒビから下がってしまうのは嫌ですよね。そうならないためにも防水工事をしておきましょう。建物の資産価値が下がったら、再びあげるのは困難です。簡単に下がるけれどあげるのは難しいので「下げない努力」をしなければいけないのです。

防水工事の種類

こちらでは、防水工事の種類について見ていきましょう。各種類によってどんな特徴があるか見極めることで施工する種類を決めましょう。

 ・アスファルト防水

アスファルトが持つ独自の性能を活かした防水工事です。液状のアスファルト、シート状のアスファルトを重ねて防水層を作っていきます。実績が豊富であり、信頼性の高い防水工事として知られています。

 ・シート防水

シート状に加工した合成ゴムやプラスチックのシートを用いて行われる工事です。アスファルト防水と比較して性能が安定しているメリットや工期が短く済む特徴もあります。ただ、シートのつなぎ目などに欠陥が生じる可能性があることも覚えておきましょう。

 ・塗膜防水

液状の防水材を塗ったり吹き付けたりして行う工事です。手が届きにくい部分などにおすすめされている工法です。ただ、薄い部分ができてしまうことで均一の厚みにならないというデメリットもあります。

 

防水工事業者の選び方

こちらでは、防水工事業者の選び方について見ていきましょう。対応業者は多くあるので、しっかり比較して選ばないといけません。

 ・実績

当然ながら実績豊富であるかは必須条件と言ってもいいでしょう。防水工事はデリケートな部分もあるので、実績のない業者には任せたくないというのが本音です。

 ・見積もりの詳細

業者によっては「防水工事費用」と一式で見積もり書を出してくるところがあります。しかし、これではどこにいくら必要なのかを知ることができません。多めに請求されていても来受けないのです。騙されないためにも見積もりの詳細はしっかり提示してもらいましょう。

 ・アフターフォロー

防水工事は施工後にトラブルがあってはいけませんが、いざという時のためにアフターフォローがしっかりしているかにも注目しましょう。悪徳業者ほど「施工して終わり」というスタイルを取る傾向があるので、一般的な業者であれば問題はないと勧化られます。

東京でおすすめの防水工事業者

こちらでは、東京でおすすめの防水工事業者について見ていきましょう。どの業者も優良と評判が良い業者ばかりです。

 ・リバウス

毎日の作業報告なども欠かさずに行ってくれるので、安心して任せられます。工事の進行がリアルタイムで見られるのは依頼している側としても安心できるのではないでしょうか。

 ・東和工業

建築防水、土木防水、橋梁防水などさまざまな防水工事に特化した業者です。地域環境を考えた防水工事に取り組んでいます。防水技術のパイオニア的存在と言っても過言ではありません。

 ・プロタイムズ総研

一級塗装技能士が在籍している防水工事業者であり、実績や経験の豊富さには他の業者に負けないほどです。下請けには任せず、自社施工スタイルなので安心して任せられます。外壁劣化診断士によるビデオ診断もできるので、住宅の健康を守るために欠かせない存在です。

東京の防水工事業者について知りたい人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

東京にはさまざまな防水工事施工業者があります。
業者によって実績や経験、知識などが異なってくるので慎重に比較検討をしなければいけません。
実際に相見積もりを取ってから業者を決める人も多いです。
ただ、費用だけではなく丁寧さ、親切さなどにも注目するようにしましょう。