運転資金の借り方のまとめ

事業の運転資金を得るためには様々な方法がありますが、その中でも比較的利用されているのが金融機関から借りる方法です。

運転資金を得るために株式増資を行ったり、投資家に投資を募るといった方法もありますが、これらは会社の外的な評価に多大な影響を及ぼすので十分な注意をしなければなりません

株式増資

株式を増資する場合には、様々な公的機関にそのための手続きや届け出を行う必要があり、その状況が他の株主の影響を及ぼすため株価の下落など様々な面での影響が発生します。

投資家に出資を募る

投資家に出資を依頼する場合にはその利益性を十分に予測しなければならず、状況が悪化するに伴って資金を引き上げられてしまうといったリスクがあります。

金融機関から借りると言う方法は一定の契約に基づき、基本的にその期限まではお金を借り続けることができるので、一時的な資金の調達に非常に大きな効力を発揮するものとなっています。

この運転資金の調達先には様々なものがありますが、最近話題になっているものとしてビジネスローンとファクタリングが挙げられます。

ビジネスローン

ビジネスローンは事業者のためのローンで、金利手数料が一般のローンに比べて安い代わりに、様々な書類の提出や審査等が発生します。

ビジネスローンの借り方のポイントは、明確な計画性を持つことです。

基本的な審査内容につきましては、これまでの取引高や現在の事業内容、期日までに確実に返済することができる能力を持っているかということが判断されます。

ファクタリング

ファクタリングは売掛債権を金融機関に買い取ってもらう方法であり、借金やローンという位置づけではありません。

しかし、ファクタリングを利用しすぎるとキャッシュフローが狂ってしまい、場合によっては取引先の信用を失うことになるため注意が必要です。

借り方のポイントは期日までに返済を行うことを十分に想定し、必要最小限に留めて利用することです。

まとめ

これらの様々な方法を利用することで、効果的に運転資金を手に入れることが可能となっています。

ビジネスローンやファクタリングが広く利用される理由は、より計画性を持った資金調達ができると言う点になります。

一般に外部から投資を受ける場合にはその資金が途中で引き上げられたり、様々な要因により資金提供を受けることができなくなるといった問題があります、

それぞれの利用方法を十分に吟味した上で、効果的に利用することが重要になってきます。