VR関連特許はお任せください!

VR関連特許に精通し、特許査定率が95.8%の代表弁理士が特許取得を強力にサポートします。
  • 特徴1
    簡易調査により特許化の可否を事前判断
  • 特徴2
    95.8%の特許査定率
  • 特徴3
    マネタイズが容易な強い特許を取得
営業時間 9:00 - 18:00
048-607-5781
土日祝日休み

こんなお悩みはありませんか?

  • どの特許事務所に頼んだらいいのだろう?
  • ほんとに特許が取れるのだろうか?
  • 費用はどれだけかかるのだろうか?
  • 特許でアイディアが本当に保護されるのだろうか?
  • ほんとに特許が取れるのだろうか?

弊所の特徴

弊所の特徴は「お客様にとって無駄な出願を避け収入に結びつく特許を取得すること」です。

特徴1
弊所では出願前に簡易調査をします。
弊所では、出願前に、原則として簡易調査(税別3万円)を実施します。もちろん、ご希望されない場合には簡易調査はしません。

簡易調査では、同じようなアイディアがすでに出願されていないか、半日から1日程度をかけて調査し、出願の状況をお知らせするとともに、同じような出願がある場合には、どのようにすれば特許を取得できるかをお伝えします。

簡易調査をすることで、お客様にとって無駄な出願(特許が取れる可能性が低い出願)を避けることができます。

また、同じような出願がある場合には、出願の方向性を検討することで、特許を取得する可能性を高めることができます。

弊所では約1/3のお客さんが簡易調査の結果、出願を諦められています。つまり、結果的には無駄となってしまう可能性が高い出願を3万円の出費で回避されています。

特徴2
弊所の特許査定率は95.8%です。
特許査定率は、特許庁の統計によると、通常、50%程度ですが、弊所の場合は95.8%です。

このように特許査定率が高い1つめの理由は、前述した「簡易調査」によって、特許が取れそうにない出願を排除していることです。

もう2つめの理由は、お客様のアイディアを骨格として、特許として必要な肉付けをしてから出願することです。

このように肉付けをすることで、特許査定率を向上させるとともに、簡単に回避できない強い権利を取得することができます。

弁理士の実力の一つとして、この肉付けの能力があると思います。

弁理士には、お客様から1を聞いて、10を特許書類に記載する能力が必要とされます。

このような能力がないと、特許査定率を高くすることができませんし、強い特許も取得できません。

少し話しが横道にそれますが、代表弁理士江村の子供(中学生)が、エアコンが自宅にあるにも拘わらず、熱中症で亡くなる高齢者がいることをニュースで知って、「熱中症になりそうになったら自動的にエアコンの電源をオンにする装置があればいいのに」と言ったので、そのひらめきを特許化することにしました。

こちらが、特許の明細書です。

また、「Raspberry Pi」という小型のコンピュータで、人工知能等のプログラミングにも使用されるPythonという言語を使って実際に作ってみました。実際の動画(熱中症防止装置)を以下に示します。


特許出願をする場合、実際に物を作る必要はありませんが、実際に作れるだけの知識があれば、特許取得のための書類(明細書)にも深みと具体性が増します。この結果、権利を取得できる可能性が高くなるとともに、強力な権利を得ることができます。

代表弁理士の江村は、京セラ(株)で研究開発を行った経験がありますので、その経験を生かして、「単なるひらめき」だけでも、強い権利を取得する自信があります。

なお、弊社のお客様のご感想で最も多いのが「ひらめきだけの発明なのに、ここまで詳細に記載してもらえるとは驚いた。」です。

特徴3
マネタイズが容易な強い特許権を取得します。

特許にはマネタイズ(現金化)しやすい権利と、そうでない権利があります。

例えば、侵害が見つけにくい権利は、そもそも、侵害を見つけることが難しいので、マネタイズしにくいです。

VR関連の特許の場合には、内部処理を詳しく書いても、その処理を本当に使用しているか否かを見つけることが困難なので、侵害の発見が困難です。このため、できるだけ侵害の発見が容易な部分にフォーカスして特許を取得する必要があります。

それ以外にも、プログラムとして特許を取得するのか、製品全体として取得するのか、方法として取得するのか、装置として取得するのか、特許の取得の仕方によって、マネタイズしやすいかどうか、もっと端的にはお金になるかならないかが変わってきます。

弊所では、打ち合わせの際に、マネタイズしやすい権利となるように考慮しながら、特許出願の書類を作成しております。

特徴4
全てのプロセスを含むお見積もりをいたします。
弊所では、お打ち合わせから、登録料を特許庁に支払うまでの全てのプロセスに必要な費用の御見積書をお渡ししております。

特許は費用がわかりにくいとのお客様が多いことから、お打ち合わせから特許査定が通知されて登録料を支払うまでの全てのプロセスに必要な費用をお見積もりとしてお渡しいたします。

これにより、出願前に必要な費用が全て分かりますので、費用対効果を考えて出願をすることができます。また、予期しない請求書が届くということが無くなります。

特徴2
弊所の特許査定率は95.8%です。
特許査定率は、特許庁の統計によると、通常、50%程度ですが、弊所の場合は95.8%です。

このように特許査定率が高い1つめの理由は、前述した「簡易調査」によって、特許が取れそうにない出願を排除していることです。

もう2つめの理由は、お客様のアイディアを骨格として、特許として必要な肉付けをしてから出願することです。

このように肉付けをすることで、特許査定率を向上させるとともに、簡単に回避できない強い権利を取得することができます。

弁理士の実力の一つとして、この肉付けの能力があると思います。

弁理士には、お客様から1を聞いて、10を特許書類に記載する能力が必要とされます。

このような能力がないと、特許査定率を高くすることができませんし、強い特許も取得できません。

少し話しが横道にそれますが、代表弁理士江村の子供(中学生)が、エアコンが自宅にあるにも拘わらず、熱中症で亡くなる高齢者がいることをニュースで知って、「熱中症になりそうになったら自動的にエアコンの電源をオンにする装置があればいいのに」と言ったので、そのひらめきを特許化することにしました。

こちらが、特許の明細書です。

また、「Raspberry Pi」という小型のコンピュータで、人工知能等のプログラミングにも使用されるPythonという言語を使って実際に作ってみました。実際の動画(熱中症防止装置)を以下に示します。


特許出願をする場合、実際に物を作る必要はありませんが、実際に作れるだけの知識があれば、特許取得のための書類(明細書)にも深みと具体性が増します。この結果、権利を取得できる可能性が高くなるとともに、強力な権利を得ることができます。

代表弁理士の江村は、京セラ(株)で研究開発を行った経験がありますので、その経験を生かして、「単なるひらめき」だけでも、強い権利を取得する自信があります。

なお、弊社のお客様のご感想で最も多いのが「ひらめきだけの発明なのに、ここまで詳細に記載してもらえるとは驚いた。」です。

熱中症防止装置
子供のアイディアを実現した装置です

お客様の声

ソフトウェア制作会社経営 T.K.様

江村さんに相談したのですが、技術に対する理解力が高いだけでなく、私が想像していなかった領域までアイディアを拡張することができて感謝しています。江村さんは、過去に1,000件近い特許に関わっておられるそうで、やはり、技術に対する洞察力というか、引き出しの多さにはびっくりしました。あそこまでやれば、特許が取得できる可能性は高くなるし、また、強い権利が取れるのも分かる気がします。
VOICE

IT関連会社経営 K.S.様

 実は、別の特許事務所に特許出願を依頼したのですが、拒絶理由に反論できずに、拒絶査定になってしまいましたので、祈るような気持ちで江村さんの事務所にお願いしましたところ、結果的に特許査定を得ることができました。以前の事務所は、請求金額が非常に高くて閉口しましたが、江村さんの事務所は、良心的な金額で、しかも、対応も的確で、待望の特許を取得することができました。また、打ち合わせでは、発明をブラッシュアップしてもらったので、江村さんも発明者に加えないといけないですね、と冗談をいうほど内容が充実した出願となりました。江村さんには、お忙しいところを再三の相談に関わらず、終始紳士的な対応を賜り誠に有難うございました。これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。
VOICE

ネット広告会社経営 S.E.様

 失礼かも知れないと感じつつ、漠然としたアイディアしかない状態で相談したのですが、先行技術と比較しながら、アイディアを具体化したり、ブラッシュアップしたりすることで、2件の特許出願につなげることができました。ブラッシュアップの際には、いろいろな観点から提案をいただいたので、アイディアを具体化することができました。漠然としたアイディアでも形にして特許にしてもらえるんだというのが正直な感想です。
VOICE

ゲーム制作会社経営 R.K.様

 江村先生は、弁理士は発明に付加価値をつける必要があると言っておられましたが、できあがって明細書を見て納得しました。御見積をいただいた当初は、正直、書類の作成だけなのに少し高いかなと思いましたが、あれだけ付加価値をつけてもらえるのならば、妥当というか少し安いかも知れないと思います。そもそも、1件1件オーダーメードで作成するので、それくらいは支払わないといけないのかも知れませんが。それから、江村先生の人柄がいいですね。まじめで信頼できるし、あの優しい口調がとっても癒されます。またお仕事ご一緒したいですね。
VOICE

IT関連会社経営 K.S.様

 実は、別の特許事務所に特許出願を依頼したのですが、拒絶理由に反論できずに、拒絶査定になってしまいましたので、祈るような気持ちで江村さんの事務所にお願いしましたところ、結果的に特許査定を得ることができました。以前の事務所は、請求金額が非常に高くて閉口しましたが、江村さんの事務所は、良心的な金額で、しかも、対応も的確で、待望の特許を取得することができました。また、打ち合わせでは、発明をブラッシュアップしてもらったので、江村さんも発明者に加えないといけないですね、と冗談をいうほど内容が充実した出願となりました。江村さんには、お忙しいところを再三の相談に関わらず、終始紳士的な対応を賜り誠に有難うございました。これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。
VOICE
営業時間 9:00 - 18:00
048-607-5781
土日祝日休み

プロフィール

テクノフォート国際特許事務所
代表弁理士 プロフィール

江村 美彦
1965年(昭和40年)4月16日生まれ。大学院卒業後、大手メーカ勤務、国立研究所を目指して国家Ⅰ種試験を受験して全国で38位の成績で合格するも目的の研究所に採用されず断念。メーカ勤務の経験を生かすため 特許業界に転職し、2003年に弁理士試験に合格する。中小企業の知的財産に関わる。セミナーも多数開催。TOEIC940点。中国語も勉強中。子どもとバイオリンを合奏することが趣味。週末は筋トレも。

よくあるご質問

  • Q
    遠方ですが対応可能でしょうか?
    A
    はい。日本全国対応しておりますので問題ありません。電子メールや電話やSkypeで充分な打ち合わせが可能です。
  • Q
    特許出願の総額はいくらでしょうか?
    A

    特許出願の費用はこちらのページで見ることができます。通常のボリュームの場合、総額は33万円程度です(特許庁へ支払う費用含む、税別)。
    ※通常のボリュームを超える場合には、その旨をお伝えし、別途御見積します。

  • Q
    相談から特許取得までの総額はいくらでしょうか?
    A

    拒絶理由が通知されないでストレートに登録される場合は40万円程度で、拒絶理由が1回通知されて登録される場合が50万円程度です。
    ※上記料金には特許庁へ支払う費用(印紙代)も含まれています。

  • Q
    何を準備すればよいですか?
    A

    もし、アイディアを図面に描くことができましたら、図面をご準備下さい。

  • Q
    できるだけ早く登録を受けたいのですが?
    A

    一定の要件を満たせば、早期審査制度を利用することができます。早期審査制度を利用すると、2~3ヶ月程度で審査結果が通知されます。早期審査をご希望の場合には、お申し込み時に「早期審査希望」とご記入下さい。

  • Q
    個人事業主または個人ですが出願は可能ですか?
    A

    はい。個人事業主または個人の方からもたくさんのご依頼をいただいております。

  • Q
    中小企業や個人事業主の場合には審査請求費用や特許料の軽減措置を受けられると聞いたのですが?
    A

    一定の要件を満たせば受けることができます。
    その場合、審査請求費用と特許料が通常の1/3になります。具体的には、審査請求費用は通常12万円~15万円が1/3の4万~5万円程度に、特許料は15万円~25万円が1/3の5万円~8万円程度に減額されます。なお、1/3軽減が受けられるかについてはお問い合わせください。

  • Q
    外国出願は可能ですか?
    A

    外国出願も対応可能です。米国、欧州、中国、ブラジル、タイ王国等の出願経験があります。

  • Q
    特許出願の総額はいくらでしょうか?
    A

    特許出願の費用はこちらのページで見ることができます。通常のボリュームの場合、総額は33万円程度です(特許庁へ支払う費用含む、税別)。
    ※通常のボリュームを超える場合には、その旨をお伝えし、別途御見積します。

登録までの流れ

特許登録までの流れは以下のようになります。

お問い合わせ(無料)

※相談だけで費用が発生することはありません。
※しつこい営業を行うことはありませんのでご安心してお問い合わせ下さい。
※弁理士は法律上守秘義務がありますので秘密が漏れることはありません。

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信

会社概要

テクノフォート国際特許事務所
会社名 テクノフォート国際特許事務所
所在地 〒362-0022
埼玉県上尾市瓦葺2433-15
連絡先 電話:048-607-5781
FAX:048-607-5782
代表者 弁理士 江村 美彦
設立 2012年3月1日
公式ホームページ http://www.tmjp.biz/
事業内容 知的財産権に関する業務
事業内容 知的財産権に関する業務
VR関連特許にご興味がある方は、
まずはお気軽にお問い合わせください