男も美容

~男性の美容法~

メンズ美容ってたまに聞くけど、皆やっているのかな?必要なのかな?と、気になる方もいらっしゃるのでは無いでしょうか。

美容と言えば女性のイメージですが、「きれい」と「きたない」だったらもちろん「きれい」になりたいと思うのは男性でも同じでしょう。

「きれい」は女性だけのものではありません。

美容に関する知識を増やせば、お手入れや日常生活も少し気をつける様になって、 すこやかで清潔感のある肌や髪を保っていけるかもしれません。

今回は、メンズ美容の「肌」と「髪」に焦点を当てて基本的なお手入れ方法をご紹介していきます。

1.メンズ美容に必要なのは【清潔感】

服装や髪形を変えると、一瞬でその変化が目に見えますよね。

しかし、「美容」、つまり肌や髪の状態は一瞬では変わりませんので、意識を持ち続ける事が大切だと言えるでしょう。

男性には、是非清潔感を第一に意識して頂く事をおすすめします。

多くの女性は清潔感のある男性を好みますし、仕事においても「清潔感がある」という点は大きなメリットになるかと思います。

まず第一印象で見られるのは「顔」だと思いますので、綺麗な肌を保ちたいですよね。

また、「髪」も人の印象を左右するパーツだと言えます。

後姿では顔は見えませんが、髪の毛をきれいにしているかどうかは後ろからでもわかります。

顔も髪も、まずは「しっかりと汚れを落とすこと」を心がけましょう。

2.メンズ美容!「顔」と「髪」の基本的なお手入れを知ろう

顔も髪も、基本的なお手入れを知ってポイントを意識することがとても大切です。

ここでは、洗顔方法・スキンケア方法・洗髪方法の3つのお手入れについてご紹介したいと思います。

2-1.洗顔方法を見直そう

きれいな肌への第一歩は「基本的な洗顔」で、不要な汚れを落とすことと言えるでしょう。

男性は一般的に女性よりも皮脂の分泌が多いと言われており、毛穴汚れやテカリが気になる方が多い傾向にあると考えられます。

清潔感を保つためにも、毎日の洗顔で清潔な状態を保つように心がけましょう。

ただし、洗顔は単純にゴシゴシ洗えばいいわけではありません。

すこやかな肌を保つための、基本的な洗顔のポイントをお伝えします。

【洗顔のポイント】

①洗顔料はきれいな手でしっかり泡立てる

泡が汚れを包み込む→汚れを浮かせて落とす …

というのが洗顔の基本的な流れとなっています。

ぬるま湯で軽く顔をすすいだら、洗顔料を泡立てましょう。

さまざまな汚れ(汗・ほこり・皮脂等)を包み込み落としていくために、しっかり泡立てることが大切です。

洗顔ネットを使うと泡立てやすくなりますのでおすすめです。

②優しい力加減で丁寧に洗う

手で擦って洗うのではなく、手と顔の間にクッションのように挟んだ泡で、肌を撫でるようにして洗うようにしましょう。

基本的には、Tゾーン(おでこや鼻)→Uゾーン(頬)→目元と口元と、皮脂が多いところから洗います。

③ぬるま湯でしっかり洗い流す

洗顔料はしっかり洗い流しましょう。洗顔料が顔に残ったままの状態は、肌に負担となる可能性があります。

生え際やこめかみなどは洗い流し忘れやすい部分だと言われているので、しっかりと顔のキワまですすぎましょう。

また、35度程度のぬるま湯ですすぐようにすることが大切です。

それより熱過ぎるor冷たすぎると、肌の乾燥の原因となる可能性があると言われています。

2-2.スキンケアを見直そう

洗顔できれいに汚れを落としたら、スキンケアアイテムで肌を整えましょう。

せっかく汚れを落としても、その後乾燥してしまっていたら、肌悩みに繋がったり、老けた印象になってしまうかもしれません。

「脂っぽい」「テカリやすい」という理由で保湿をしないという方もいるかもしれませんが、それではお手入れは不十分。

そういう方は、油分が少なく水分(うるおい)を与えてくれる化粧水や美容液などを選ぶとよいでしょう。

自分の肌状態に合わせて、使うスキンケアアイテムを変えてみるようにしてみてください。

ひげ剃りあとの保湿も忘れずに行いましょう。

なお、スキンケアアイテムを選ぶポイントは、「しっかり保湿できるか」と、「継続できるか」です。

2-3.洗髪方法を見直そう

髪は人の印象を左右する大事なパーツの一つです。

これを機に、基本的な洗髪方法を見直してみましょう。

【髪を洗う時のポイント】

①シャンプー前にお湯でサッと洗う

これによって、整髪料や余分なほこり等の汚れが落ち、シャンプーの泡立ちが良くなると考えられます。

②シャンプーは手で泡立ててから洗い始める

シャンプーは髪に直接つけてから泡立てる、という方もいるかもしれませんが、手で泡立ててから洗い始めましょう。

泡立てるシャンプーの量は、記載されている適量を守って使ってください。

③髪の毛ではなく頭皮を洗う

髪の毛自体の汚れを落とすことも大事ですが、頭皮の汚れを落とす、と意識して洗うように心がけましょう。

まとめ

いかがでしたか?

以前は女性特有と思われがちだった「美容」というキーワードですが、「メンズ美容化粧品」「男性用化粧品」等を見かける様になった昨今、男性の間でも、美容への関心が高まってきているようです。

メンズ美容の関心を高め、さっぱりさわやかな、すこやかで美しい肌と髪を保てるようにしていきましょう。