ダイバーシティ×VR

VR体験が起こすアングルシフト
異なる立場を「体感する」ことがダイバーシティ推進の鍵

-お知らせ-

5/5、5/6東京レインボープライドに出展します!

株式会社シルバーウッドが5月5日(土)6日(日)に代々木公園で開催される東京レインボープライド2018のプライドフェスティバルに、ブース出展し、最新作「LGBT×VR~レズビアンオフィス編~」をお披露目いたします。
(ブース番号:企27)

LGBTを『学ぶ』のではなく『体感』することが、新たな理解促進につながると信じ、この度、職場で働くレズビアンの当事者視点を体感できるVRコンテンツをレズビアンの仲間と共に作りました。LGBTの人もそうではない人も皆が心地よく過ごせる関係とは何かを改めて見つめ直すきっかけにしたいと企業向けのダイバーシティ研修プログラムの一環として開発したものです。

5/5 (土)11:00-18:00
5/6 (日)10:00-18:00

ぜひ体験しに来てください!
■東京レインボープライドHP
https://tokyorainbowpride.com/about/
■会場マップ(株式会社シルバーウッド ブース番号:企27)
https://tokyorainbowpride.com/assets/file/booth_map.pdf

プロジェクトについて

アングルシフトによるパラダイムチェンジ

立場や視点の違いにより発生している問題を解決するために、テクノロジーを活用したアングルシフトを通じて、それぞれがもともと持っているパラダイムに影響を与え、新たな関係性を構築することを目的としています。

コンテンツ概要


ワーキングマザー・ファーザーVR
株式会社リクルートと共同開発。
あるワーキングマザーにVRカメラで密着したコンテンツ。管理職がワーキングマザーやワーキングファーザー特有のライフスタイルへの理解を深め、強みを活かすマネジメントのあり方を検討出来るようにすることを目的に制作。
LGBT×VR
~レズビアン オフィス編~
ある職場でカミング・アウトしていないレズビアンの視点を体感するコンテンツ。LGBTの人もそうではない人も皆が心地よく過ごせる関係とは何かを改めて考えるきっかけを与えるコンテンツ。



VR認知症体験コンテンツ
15,000人以上が体験したプログラム。認知症の症状を体験することで認知症のある方との関わり方を見つめ直すきっかけを作るプログラム。仕事と介護の両立支援、介護離職防止にも活用いただけます。
■VR認知症プロジェクトHP
http://silverwood.co.jp/vr/

作成中のコンテンツ
・外国籍社員 -coming soon
・ミレニアル世代(新入社員)-coming soon
・女性活躍 -coming soon















VR認知症体験コンテンツ
15,000人以上が体験したプログラム。認知症の症状を体験することで認知症のある方との関わり方を見つめ直すきっかけを作るプログラム。仕事と介護の両立支援、介護離職防止にも活用いただけます。
■VR認知症プロジェクトHP
http://silverwood.co.jp/vr/

会社概要


会社名 株式会社シルバーウッド
所在地 〒107-0062
東京都港区南青山3-2-2MRビル7階
メールアドレス VR@silverwood.co.jp
電話番号 03-3401-4001
代表者 下河原忠道
沿革 ■2000年 株式会社シルバーウッド設立
■2011年 直轄運営によるサービス付き高齢者住宅を開設
■2016年 VRで認知症の症状を体験することで認知症のある方に対する理解を深める「VR認知症プロジェクト」開始。1年で15,000人に研修を提供。
■2017年   VR体験を認知症に限らず多様な異なる立場の理解に繋げる「ダイバーシティ×VR」プロジェクト始動。
代表者 下河原忠道
弊社へのお問い合わせ、取材依頼などはこちらのボタンからお願いいたします。