ずっと使いたいものだけを。

再生瓶をつかった

ピッチャー

オーガニックの麦茶を地球に優しいグラスと青森のおばあが作った世界に1枚しかないコースターにのせて

すごく香ばしい香りがするオーガニックなお茶

こんにちは。”元”広報の南雲です。

基本はコーヒーフリークもいいけど、たまには日本茶もいただきます。

このお茶は、すごく香りがよい。
しかも、抽出中にも空間に広がるスモーキーな香りが魅力です。
カフェイン量がほぼ無い事も特徴的です。お休みの妨げになることもなく、小さいお子さんから、ご年配の方にも朝から晩までお召し上がりいただけます。

このお茶は日本では、土壌は豊かだけれど効率的に栽培ができないなどの理由で放置されてしまう茶畑(耕作放棄茶園)が多く存在しています。薪火晩茶は、そのように放置された茶畑の中でも、3年以上、人の手を介さず自然のまま育ち、地力が蓄えられた奈良県奥大和の茶の木を、茶農家である伊川健一さんの元で、薪火のみで焙煎し仕上げています。豊潤な大地の力が詰まった茶葉は、作ることで茶畑の再生にも繋がります。

見出し

ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。

再生ガラスの柔らかな手触りのグラス

聞けば、10年前に買ったそうだ。

10年間着ているのに、袖口が破れていない。
襟ぐりもゴムがふにゃふにゃしていない。
ポケットによく手を突っ込んでいるのに、固崩れしていない。

やばい!
欲しい!

私はまだお気に入りのパーカーをもっていないので、これにしよう!と決めてしまいました。

ところで、私は”元”広報ではあるが、経営やマーケティングが専門で、ものづくりにとても興味があり、この前はファクトリエの山田さんから日本繊維産業の話をきいている。ここのものづくりはどうなっているのだろうか?

眞々部さん、足枕代を出して!とお願いして、取材にいってきました。

見出し

ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。

見出し

ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。

青森のおばあが作った刺し子のコースターで温もりをプラス

「アメリカンスポーツ好きのワードローブ」をコンセプトに、アメカジをベースとしたカジュアルウェアを展開する『ジャックマン』。そのナチュラル&ベーシックなデザインは、まさしく今どき。しかしブランド背景を探ると、長い歴史と確固たるモノ作り精神に基づく事が分かる。その出自を遡ると、辿り着くのは1949年の福井県。わずか3台の編み機を置く小さな製作所を開いた田辺 貢氏が、日米親善野球試合で米国選手の履くストッキングに感化され、製造を始めたのがきっかけです。その後、タナベメリヤスとしてユニフォームの製造も手がけ、いくつもの特許を取得。それら技術を用いて、自らのブランドを立ち上げたのが『ジャックマン』なのです。

見出し

ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。

商品はこちら

私が買っちゃいました or 使っています。

旅する”元”広報

南な雲ぐ朋も美

ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。