Web用語解説(ようごかいせつ)

私(わたし)が調べた(しらべた)Web用語(ようご)の解説(かいせつ)です。参考(さんこう)にしてください。
1-1 Web解析とは 

Webサイトのアクセスログを解析し、ユーザーのアクセス数やページ内での遷移、進入元のURLなど、ユーザー行動に関連した統計的な処理をするアクセス解析がさらに進化した形・

1-2 Web解析の目的とは

自社製品やサービスの紹介を行いながら売上をアップさせたり、インターネット広告を介して集客を行いながらコンバージョン(Webサイトの訪問者が商品を購入したり、会員登録をしたりすること)をアップさせたりする目的を持つものが増えてきました
1-3 PV(page view)とは

V(ページビュー)とは、ウェブサイト内の特定のページが開かれた回数を表し、ウェブサイトがどのくらい閲覧されているかを測るための最も一般的な指標です。

1-4 ユニークユーザーとは

ユニークユーザーとは、Webのアクセス数の単位の一つで、あるWebサイトを特定に期間のうちに訪れた人の正味の人数。延べ訪問数(ビジット)から重複を除いたもので、複数回訪問した人も1人と数える
1-5 アクセスログとは

アクセスログとは、ある機器やソフトウェアに対する人間や外部のシステムからの操作や要求などを、一定の形式で時系列に記録したもの。特に、Webサーバ(HTTPサーバ)へのクライアントからのアクセス記録のことを指すことが多い。
2-1 更新とは
2-2CMS(Contents Management System)とは
CMSとは、Webコンテンツを構成するテキストや画像、レイアウト情報などを一元的に保存・管理し、サイトを構築したり編集したりするソフトウェアのこと。広義には、(Webサイトに限らず)デジタルコンテンツの管理を行うシステムの総称・

2-3 CMSの種類
tsumiki
bingoexpress
TypePad
Jimdo
RCMS
2-4アップロードとは

アップロードとは、通信回線やネットワークを通じて、別のコンピュータへデータを送信すること。また、送信したデータを記憶装置上のファイルなどまとまった形で保存させること。中心と末端がはっきり決まっているような形態のネットワークシステムでは、端末から中心側のコンピュータへデータを転送することを(中心側から見た場合にも)アップロードという。これに対し、別のコンピュータへデータを送信することを「ダウンロード」(download)という

2-5 ABテストとは

A/Bテストとは、例えば、webページなどのクリエイティブをAパターン、Bパターンの2パターン用意し、同様のユーザーを半分づつに振り分けてどちらのクリエイティブの方がより高いCTR、CVRを得られるかを検証する方法です。

A/Bテストは、2008年にオバマ大統領が活用して200 億円の資金を集めた例が有名です。オバマ大統領らはA/Bテストを行い、資金寄付のCVRを40%も向上させました。

つまり、A/Bテストを実行しなければ(Aパターンのページのままだと)140億円しか集まらなかった資金を、Bパターンとテストしてみて、効果の出たBパターンを採用した結果、60億円追加で資金を集めることが出来たという事例です。

※もちろん2パターンだけではなく、3パターン4パターンとテストすることもあります

3-1webにおける「リンク」とは 

ある情報がほかの情報に結びついていたり、関連づけられていること。ネットワークでは、機器同士が接続していることを指し、Webページでは単語や画像がほかの情報に関連づけられていることを指す。また、プログラムをコンパイルするときに、外部のライブラリーなどを取り込むこともリンクという。

3-2被リンクとは。

被リンクとは、外部サイトから自サイトに向けられたリンクのことを意味します。
基本的には、この被リンクをより多く獲得することでサイトの評価が上がり、検索順位が上昇しやすくなります。



事前登録受付中!申し込みは下記のボタンから