はじめて
ボランティア講座

学生さんも子どもも
未来につながる笑顔の輪!
動画
配信中

子どもとふれあう活動で活かせます!

  • 自分らしさを活かせる
    ボランティアが見つかる!
  • 子どもとのコミュニケーション法がバッチリ分かる!
  • ボランティア経験豊富な講師陣による講義でスキルアップ!
  • ボランティア経験豊富な講師陣による講義でスキルアップ!

こんな方が対象です

  • 群馬県内 在学・在住の学生さん(大学・短大・専門など)
  • ボランティア活動に興味がある方
  • 子どもと「ふれあう」ことが好きな方
  • 子どもと「ふれあう」ことが好きな方

はじめましてが楽しくなる♪
子どもとのコミュニケーション

子どもとの心の距離を近づけるふれあい方やゲームの手法をお伝えします。また、子どもの特徴の捉え方・接し方もおさえます。

講師:郷 かおり氏(ぐんまおやこの時間代表)

①色々な距離
②コミュニケーションのコツ
③場づくりのレクリエーション
②コミュニケーションのコツ

子どもと活動を楽しむための
安心&安全トレーニング

様々な体験活動において、危険や事故を防ぐ方法が分かります。それだけでなく、安全に活動しながら、子どもの学びを深める方法もお伝えします。
講師:橳島 隼人 氏(NPO法人あかぎの森のようちえん理事長)
①リスクマネジメントの必要性
②リスクマネジメントの考え方
③リスクマネジメント まとめ
②リスクマネジメントの考え方

プログラムの目的を知ってみよう

子どもの気持ちになって楽しめるプログラムのコツ」をお伝えします。プログラムの目的に合わせて子どもと接するポイントをおさえます。
講師:小林 秀平 氏(SHAKICK OUTDOOR代表)

①学習の目的って何?
②目的に合った参加者との接し方
③Case Study
②目的に合った参加者との接し方

「ボランティアってなに?」 が分かる! &自分に合う活動の選び方

「ボランティアはどのようなものなのか」がスッキリ分かります。様々な活動を紹介すると共に、自分に合う活動を見つけるポイントをお伝えします。

講師:髙山 弘毅 氏(Nukiito代表)
①ボランティアとは?
②ボランティア活動の探し方
③ボランティアの心得
②ボランティア活動の探し方

講師紹介

郷 かおり
ぐんまおやこの時間 代表
出産を機に「子育てに関わる人の働き方」について考え、2018年に「ぐんまおやこの時間」を設立。活動目的は「ひとりぼっちを地域と結び、地域社会で子育てができる元気な親子を増やす」こと。リアルな子育て世代の視点から親子イベントの企画・開催などを行い、楽しく子育てができる仕掛けづくりをしている。コンテンツは様々で、アドラー心理学を基とした「勇気づけリーダー」、優しく触れ呼吸と揺れで身体を整える「リンパ整体」などを行っている。
橳島 隼人
NPO法人あかぎの森のようちえん 理事長

レクリエーション講師として、県下多くの青少年活動で活躍。子ども達や若手指導者にとって良き兄貴分の“ぬでちゃん”として皆から愛されている。2012年より「あかぎの森のようちえん」を設立し、赤城山近郊の森を会場として活動。主に幼児・青少年を対象とした「自然体験活動」を展開している。その他、指導者向け講座・講演の講師も務める。主な資格は、保育士資格・幼稚園教諭免許状・キャンプディレクター2級・NEALインストラクターなど

小林 秀平
SHAKICK OUTDOOR 代表

群馬大学在学中、アウトドアの魅力に引き込まれ、野外教育のプログラムを行うサークルで数多くの子ども達と関わった。フリーランスとして活動した後、群馬県みなかみ町のガイドカンパニー「レイクウォーク」にてフラットウォーターのカヌーガイドに従事。その後、2018 年 SHAKICKOUTDOOR 設立。子どもから大人まで幅広い範囲の対象者を相手に野外教育に取り組む。2019年「 the 7th Wilderness Education Association Japan Conference」実行委員長。


髙山 弘毅
Nukiito 代表
大学を卒業し、ファッション業界での仕事を経験後、弟が労災により視覚に障害を持った(現在は回復)ことから福祉の世界に興味を持ち、2004年4月粕川村(後に前橋市)社会福祉協議会に入職。ボランティアコーディネーション、コミュニティワーク、共同募金等を担当。2017年3月に退職し、Nukiito(緯糸、織物のよこ糸の意)を設立、異なる地域・年代・専門性の人々を「より佳く暮らすこと」を価値につなぐ実践活動に取り組む。社会福祉士、精神保健福祉士。
橳島 隼人
NPO法人あかぎの森のようちえん 理事長

レクリエーション講師として、県下多くの青少年活動で活躍。子ども達や若手指導者にとって良き兄貴分の“ぬでちゃん”として皆から愛されている。2012年より「あかぎの森のようちえん」を設立し、赤城山近郊の森を会場として活動。主に幼児・青少年を対象とした「自然体験活動」を展開している。その他、指導者向け講座・講演の講師も務める。主な資格は、保育士資格・幼稚園教諭免許状・キャンプディレクター2級・NEALインストラクターなど

いいコトいっぱい!ボランティア♡ ~センパイの体験談~

ぐんまおやこの時間 代表
郷 かおり さん

この講座の講師をしていただく郷かおりさんに、ボランティアの体験談をお尋ねしました。学生の時から活動を始めたそうです。

私にピッタリな活動でした

ボランティアを始めてみたいと思っていた時、友人から誘われてボランティア団体(VYS)に入りました。子どもと一緒に遊ぶVYSの活動は、保育を勉強していた私にピッタリで、自然体で楽しめました。

たくさんの「ありがとう」がやり甲斐

当時、飲食店やアパレルでバイトもしていました。バイトでの人間関係と違い、ボランティアでは様々な人と対等な立場で接することができました。
より多くの人との出会いがあり、密な関係を築けたように感じます。活動の幅が広がり、その分「ありがとう」の言葉をたくさんいただけました。それが嬉しくて、長く続けらました。

人との繋がりが起業や子育てに・・・♪

ボランティアで子どもを喜ばせたくて、新しいプログラムをたくさん考えました。こういった経験が起業につながったように感じます。また、色々なタイプの子どもと接してきたので、その経験が子育てにも活きています。

人との繋がりが起業や子育てに・・・♪

ボランティアで子どもを喜ばせたくて、新しいプログラムをたくさん考えました。こういった経験が起業につながったように感じます。また、色々なタイプの子どもと接してきたので、その経験が子育てにも活きています。


「ボランティアをやってみたい!」という方へ

TEL 027-234-1131
Mail voltaiken@gyc.or.jp
当会館では、ボランティア活動を希望される方に活動場所をご紹介しております。
主な活動先は、当会館のイベントや教室、子ども会行事、講師主催の事業、教育施設の事業などです。
2020年度は、新型コロナウィルスの感染状況・対策を考慮してのご案内となります。
直ぐにご紹介できないかもしれませんが、まずはお気軽にご連絡・ご相談ください。
【受付時間】9:00~12:00・13:00~17:00、月曜休館

群馬県青少年会館

住所 群馬県前橋市荒牧町2番地12
TEL 027-234-1131
FAX 027-234-0468
受付時間 9:00~12:00、13:00~17:00
※月曜休館
受付時間 9:00~12:00、13:00~17:00
※月曜休館

おわりに

例年は、ワークショップ形式で行い、受講を通して参加者同士の交流を深めるプログラムを実施していましたが、今年度は新型コロナウィルス感染対策のため、動画を配信しました。