お酒に強くなるニュー特産物

酒が飲めなくても楽しむ方法はあります。 (宮内政年様) 
なぜ酒に強くなりたいのか目的を明確にする必要があります。(石田裕康様) 
このようなやり方は存在します。 (井上軍市様) 
定期的な健康診断など健康状態の確認が重要です。 (大橋由雄様) 
酒を飲むには体調管理が重要です。 (井口清一様) 
日本酒が好きなお医者さんがいます。 (大崎教夫様) 
何も食べないよりかは十分な効果が見込めます。 (安部聖弘様) 
お酒に弱い人の定義を把握します。 (齋藤恒宏様) 
CYP3A4を鍛えすぎると薬の効果が下がってしまう可能性があります。 (川田宏機様) 
同じことをしても酒に強い日と弱い日があります。 (日野康司様) 
練習には酎ハイがおすすめです。 (長田千代枝様) 
何も食べないよりかは十分な効果が見込めます。 (金沢梅太郎様) 
一回鍛えたらそれが維持できるのかという問題があります。 (丸山麻紀様) 
結果として胃の排出機能が高まって飲めるようになります。 (中本佳紀様) 
製造過程で使われる添加物やアセトアルデヒド以外のアルデヒドも影響する可能性があります。 (宮城角太郎様) 
採血などで酒の強さを調べることもできます。 (飯塚美里様) 
遺伝子検査はコストがかかるため、アルコールパッチテストが手っ取り早いです。 (谷本有様) 
排尿によりアルコールも放出されます。 (堀内理香様) 
無理に飲むとがんのリスクがあがりますので気をつけて下さい。 (原幾江様) 
これは他にもあるのか専門家に聞いてみました。 (相沢虎之助様)