『包茎 治し方』

……で、検索していませんか?
日本人の3人に2人は包茎だと言われています。

そのうち治療を行っている人は約7割。
治療は基本的に保険適用外ですが、意外と高い割合です。
「でも治療って痛いんじゃない?」
「今のままでも困ってないし……」
さて、本当にそうでしょうか?
下記にて包茎治療の詳細
包茎を放置した際のリスク等を解説いたします!

包茎はほぼ切らずに治せる!

※真性包茎、カントン包茎を除く
包茎治療といえば包皮を切除して治すイメージをお持ちの方も多いでしょう。
しかし真性包茎、カントン包茎以外の症状は切らずに治療することができます。
それには確かな技術を持ち、
最小限のリスクで行える治療を提案してくれるクリニックを選ぶことが重要。
真性包茎、カントン包茎のように切除が必要な治療の場合は保険も適用されます。
まずはクリニックに相談してみましょう。

包茎が子宮頚がんの原因となることも!?

パートナーを守るためにもぜひ治療の検討を!

包茎のペニスはウイルスが侵入しやすい構造になっているため、細菌も増殖しやすい環境といえます。
菌の繁殖は悪臭の原因となったり、痒みや皮膚の荒れを引き起こしたりします。
女性の子宮頸がんの原因となっているヒトパピローマウィルスや、
エイズウィルスなどの性感染症にも感染しやすくなるなど、
ご自身だけでなくパートナーの身体にも影響を及ぼす恐れがあります。

治療をお考えの方はぜひ一度ご相談を!