ビタブリッドCフェイス


ビタブリッドCフェイスの価格

ビタブリッドCフェイスは単品販売、まとめ買い、定期購入の3つの購入方法があり、価格(税抜)はそれぞれ次のようになっています。
  1. 単品:6,200円
  2. 3本まとめ買い:15,810円
  3. 定期購入:4,960円

これがビタブリッドCフェイスの基本的な価格ですが、楽天などでは定期購入での購入ができないかわりに単品価格をもう少し安く販売している販売店もあるようです。

amazonではビタブリッドCの公式ストアーしか販売店が無いので、価格は上記のものと同じです。

ビタブリッドCフェイスのお試し

ただし上記の価格での販売の他にビタブリッドCフェイスにはお試し販売もあるようです。

お試し販売といってもサンプルの販売ではなく正規品のお試しですが、このお試しは定期購入の初回が安くなるのでお試ししてくださいというキャンペーンの様で、その価格はなんと1,500円です。

つまりビタブリッドCフェイスのお試し1,500円という価格は、定期購入の初回が1,500円になるという事で、二回目からは正規の定期購入価格4,960円になります。


ビタブリッドCフェイスはお試しでも解約がいつでもできる

定期購入になるなら1,500円であっても少し抵抗があるという人もいるでしょう。

ところがビタぶりドCフェイスのお試しは定期購入であっても一回で解約する事ができます。

ただ安いからと行ってすぐに解約してまたお試し1,500円で購入するという事はできません。

それはビタブリッドCフェイスのお試しは初めて買う人限定になっているからです。

とはいえ解約する時に解約理由を言ったりするのが面倒な人もいるでしょう。

ビタブリッドCフェイスの解約は基本は電話でという事になっていますが、最近ではネットからチャットで解約の申込みもできるようになっています。



ビタブリッドCフェイスのクーポン

さらにビタブリッドCフェイスのお試しの良いところは、購入時にクーポンが表示されそのクーポンコードを入力することによりさらに割引になるという部分です。

ただこのクーポンは最初にお試しキャンペーンページを見たときだけ表示されるので見逃さないようにした方が良いです。

ページを見ている間にクーポンが消えてしまっても、再表示のボタンを押せばまたクーポンが出てきます。

ビタブリッドCフェイスとは

ビタブリッドジャパンが販売するビタブリッドにはビタブリッドCフェイス、ビタブリッドCスキン、ビタブリッドCヘアーがありますが、ここでは顔用のビタブリッドCフェイスについてまとめていきます。

ビタブリッドCフェイスとは純粋なビタミンCを亜鉛で包むことにより酸化を防ぎ、さらに亜鉛からビタミンCがジワジワでてくるので、一度塗ると12時間継続してビタミンCがでてきます。

これにより朝と夜に塗れば24時間ビタミンCのパックをしているよう効果を得ることが出来ます。

またこの技術は他のメーカーでは持ち合わせておらず、ビタブリッド独自の技術になるので世界的な特許も取得されています。

ビタブリッドCフェイスの成分

ビタブリッドCフェイスの成分は次のようになっています。

  • アスコルビン酸
  • 酸化亜鉛
  • ステアリン酸グリセリル
  • アセチルグルコサミン
  • ナイアシンアミド
  • セリン
  • ベタイン
  • 加水分解コラーゲン
  • アデノシン
  • アラントイン


ビタブリッドCフェイスはビタミンCがメインになっているので、ものすごく多くの成分が入っているわけではありません。

ただナイアシンアミドは厚生労働省で認可された美容成分で、アラントインは肌の炎症や修復の作用があることで知られている成分です。

ビタブリッドCフェイスはこれまにバージョンアップが行われており、この様な成分になったのは最新のビタブリッドCフェイスブライトニングであって、それまでの成分はここまで多くはなくビタミンCを亜鉛包みあとは防腐剤が入っているだけと言って良いほどシンプルで、アラントインも入っていませんでした。

しかしビタブリッドCフェイシャ販売開始から人気が高まり、それとともに改良を加えていったという感じになっています。


ビタブリッドCフェイスの使い方

ビタブリッドCフェイスはビタミンCを亜鉛で包み空気に触れても酸化させないようにするために、パウダー状になっています。

このため使用時はパウダーを水か化粧水に溶かして使う必要があります。
ビタブリッドCフェイスは溶かすことができれば何に溶かしても良いので、使用者の中には美容クリームに溶かしている人やニベアに溶かして使っている人もいるほどです。

さらにニベアを使っている人はさらに発展しヒルドイドを使う人もいるようです。

ただヒルドイドは病院等で処方されるクリームなので、最近ではマツキヨが販売するヒルメナイドを使う人もいます。

使い方に決まりはありませんが、びたぶりっどcフェイスの使用方法に記載されている方法以外で使う場合は、自己責任で使って下さい。

ビタブリッドCフェイスの効果

ビタブリッドCフェイスの効果はなんと言っても純粋な本物のビタミンCを使えるところでにあります。

ビタミンCは抗酸化作用と還元作用があり美容の世界では王様的な存在です。

美容クリニックにいけば、ビタミンCのイオン導入というケア方法があるくらいで、肌にこだわる人はビタミンCによるケアをしにクリニックに通ったりしています。

ビタブリッドCフェイスとニベアの効果

この他にビタブリッドCフェイスにニベアを使えばより効果的という話もあります。

ニベアで保湿効果を高め、ビタブリッドCフェイスを肌にしっかり浸透させる意味ではニベアを使うのもコスパを考えれば良いでしょう。

ただニベアは油性のクリームなので、使用感は重めになると思います。

ビタブリッドCフェイスの口コミ

そんなビタブリッドCフェイスの口コミでの評判をみると、効果を感じているの人がいるのはもちろんですが、中には肌にピリピリと刺激を感じた。赤くなったという口コミもあり、ビタブリッドCフェイスには悪評もあるにはあります。

その他の口コミに関してはあまり変化がないという口コミになりますが、ビタブリッドCフェイスの口コミでの評判はあまり変化がないけどちょっと変わって来たような気がするという口コミが多いのも特徴といえます。

このあたりはネットの口コミを見ていくしかないですが、正規販売ではないものの口コミは旧型のビタブリッドCフェイスや海外製のビタブリッドCフェイスの場合があるのでそこは見極めて下さい。

海外製のビタブリッドCフェイスは日本製とは成分が多少違うものあるので、これも知ったうえで口コミを見ていくと良いでしょう。


ビタブリッドCフェイスとニベアの口コミ

またビタブリッドCフェイスとニベアを使った人の口コミは良好だという物が多いものの、ニベアがベタついて使用をやめた、ニキビができたという口コミもあります。

口コミに頼らずに使い方を工夫する事も必要の様です。

ビタブリッドCフェイスの副作用

ではビタブリッドCフェイスに副作用の危険性はないのでしょうか?

どこまでの範囲を副作用と呼ぶのか?という事はありますが、人の肌はそれぞれなので人によって何かしらの刺激を感じる事はありえます。

これはビタブリッドCフェイスに限らすビタミンC化粧品の特徴でもあるのですが、刺激や赤くなったらすぐ使用をやめるべきです。

ビタブリッドCフェイスの成分に副作用をおこすような危ない成分はありませんが、それでも何がおこるかわかりません。

安全策をとるのであればビタブリッドCフェイスを使う前に、耳の裏や二の腕に塗ってみて反応を見る(パッチテスト)のも良いでしょう。

念の為言っておくと適正の使用を超え一度に大量に使用すれば、それは何がおきるかわかりません。

なので大量に、少し多めに使う前にビタミンC化粧品を初めて使う人はむしろ少なめで使用し副作用の反応を見るというのが良いでしょう。

ビタブリッドCフェイスの類似品や代用品

ビタブリッドCフェイスにニベアを使う人もいるくらいですから、当然ビタブリッドCフェイスの類似品や代用になるものは無いか探す人もいるでしょう。

ただビタブリッドCフェイスは純粋な本物のビタミンCなので、この様な商品の類似品を探すとなれば本物のビタミンCパウダーということになりますが、これだとビタブリッドCフェイスより高くなる上に酸化しないよう冷蔵庫保管など気を使う必要がありメリットはありません。

となると本物のビタミンcではなく科学的に作られたビタミンC誘導体の商品で代用できないかという事になります。

ただビタミンC誘導体だから安いと事でもなく、ビタミンC誘導体となればそれは一般的に売られているビタミンC化粧品全般ということになります。

となればもうお気づきでしょうが、一般のビタミンC化粧品にそう安いものはありません。

ただビタブリッドCフェイスと同じ様に化粧水的ではなくても良いという事であれば、量が少なくなりますがシミなどにピンポイントで使用する美容液やクリームがあります。

美容液の場合は価格を取るか量を取るかという話にもなりますが、クリームであれば安いものありますがビタミンC誘導体はちょっとしか入っていないという事になります。

これはクリームなので柔らかく肌に伸びるという特性が求められるので致し方ないところです。

結論的にビタブリッドCフェイスの類似品を探すなら量は少ないが美容液かクリームという事になりますが、美容液は量が少なく顔全体に使えばすぐ無くなってしまう。

クリームであればビタミンC誘導体の配合量が少なく、高濃度のビタミンCケアにはならないという事になります。

ビタブリッドCフェイスの販売店

ではビタブリッドCフェイスがどこで売っているかという話にいきます。

基本的にビタブリッドCフェイスは通販商品なので基本は通販です。

通販ではビタブリッドCフェイスの公式サイトの他にも楽天やamazonにYahooショッピングなど有名な通販サイトであればどこにでもビタブリッドCフェイスの販売店はあります。

また個人間売買のフリマやヤフオクを探す事もできますが、この方法だといつ出品されるかわからないし、無いとは思いますが使用期限切れの物も販売されているかも知れません。

また使用期限は切れていなくても使用期限間近という事もありえるので、個人間の場合は使用期限のチェックをした方が良いでしょう。

この他の販売店を探すとなると薬局やドラッグストアーという事になりますが、マツキヨや東急ハンズなども含め店舗での販売は基本的にありません。

ただデパートなどのショップインやVIVREなどでは期間限定で販売することもあるので、最寄りの人はアンテナを張っておくと良いでしょう。

店舗の店員さんにイベントや期間限定で販売がないか聞いてみるのも良いでしょう。

この他の販売店については韓国の販売店についても触れておかねばならないかも知れません。

元々ビタブリッドCフェイスは韓国が最初の販売先ですが、最近では韓国コスメを愛好する人達が韓国に行った時にビタブリッドCフェイスを買おうとどこで買えるのか探している人もいるという事です。

韓国の人が韓国で買うのはショップも知っているでしょうから問題ないでしょうけど、日本から韓国に行った時買いたいという場合は簡単なのは免税店で買う方法です。

ただ韓国と日本のウォンと円ではそう変わらないので、韓国で買うメリットはあまりないのではとは思います。

さらに韓国に限らずビタブリッドCフェイスは販売している国にあわせ微妙に成分を変えているので、やはり日本人の肌に合うのは日本製のビタブリッドCフェイスという事ができます。


お試しについてさらに詳しく知りたい人は⇒ビタブリッドCフェイス お試し1500円