外国人ビザ専門
DEJIMA行政書士事務所
登録支援機関(登録番号20登-004155)

■多数の相談・許可実績
■ビザ申請を迅速にサポート
■特定技能ビザも強力バックアップ
03-5981-9885
080-5208-8578

CONCEPT

豊富な許可実績に基づき、
徹底的にサポートし、
最適な方法をご提案します
当事務所はご本人のビザそのものについてはもちろんのこと、外国人を雇用する会社様のコンプライアンスを重視した上で、総合的な観点からサービスを提供いたします。常にお客様の視点に立ち、法令を遵守したサポートをすることをお約束します。

こんなお悩みありませんか?

・留学生を新規採用したが、就労ビザの手続がわからない
・留学生をアルバイトとして雇いたいが、注意すべき点がわからない
・外国人従業員から家族を呼び寄せたいという相談を受けたので、手続をお願いしたい
・国際結婚をしたので、配偶者としてのビザに変更したい
・日本で起業をしたいが、ビザの取得を含め、どこから始めていいかわからない
・永住者になりたいが、許可の見込みがわからない
・特定技能ビザの取得および支援を依頼したい

・永住者になりたいが、許可の見込みがわからない

SERVICE

豊富な経験に基づき
最善のアドバイスを提供

01. 親身に相談
ビザの手続においては、入管法の趣旨や要件に基づく詳細なヒアリングが重要となります。弊所は、初回に時間をかけてヒアリングを行い、問題点を洗い出し、まずはお客様に安心、ご納得して頂くことを旨としております。
02. 専門性の高いサポート
ビザに特化している行政書士による専門性の高いサポートを提供致します。
03. 将来を見据えた提案
ビザは、更新・維持していくという観点も重要であるため、将来を見越した提案を致します。
03. 将来を見据えた提案
ビザは、更新・維持していくという観点も重要であるため、将来を見越した提案を致します。

主なサポート

・在留資格認定証明書交付申請
海外から日本に来て仕事や生活をする際に必要となる手続です。
・在留資格変更許可申請
例えば、留学生が就職した時、サラリーマンとして働いている人が独立して起業した時等に必要な手続です。
・在留期間更新許可申請
在留期限前に、在留期間を更新(延長)する手続です。
・就労資格証明書交付申請
転職時に、現に有するビザについて、その該当性を入管に認めてもらう手続です。
・資格外活動許可申請
主に「留学生」「家族滞在」の方が、アルバイトに従事することを認めてもらうための手続です。
・永住許可申請
「永住者」のビザを取得したい時に行う手続です。
・登録支援機関サポート
弊所は、登録支援機関(登録番号20登-004155)として、法務省・出入国在留管理庁の登録を受けており、特定技能1号のビザ取得、ならびに支援についてもサポートを行っています。
・在留期間更新許可申請
在留期限前に、在留期間を更新(延長)する手続です。

DEJIMA行政書士事務所が選ばれる理由

常に新しい情報をインプット
ビザの制度や審査の傾向は、常に変化をしており、手続も複雑です。弊所は、入管業務に特化している事務所であるため、常にビザに関する新しい情報をインプットし、アドバイスを行っています。
充実したサポート体制
ビザに精通した行政書士による対応はもちろん、中国人等の通訳を介したご相談も対応可能です。
連携がとりやすい環境
電話、mailのほかにSNS連携によるDMも可能です。 ご相談内容によっては遅い時間にも対応可能です。
連携がとりやすい環境
電話、mailのほかにSNS連携によるDMも可能です。 ご相談内容によっては遅い時間にも対応可能です。

多くの実績があるからこそ
様々な課題に対応できます

累計相談実績 1000件以上
※ 令和2年4月時点での実績
多数の許可実績
※ 令和2年4月時点での実績
許可実績
技術・人文知識・国際業務 /高度専門職/技能/経営・管理/家族滞在/日本人の配偶者等/永住者の配偶者等/永住者/
定住者(連れ子定住・離婚定住・死別定住含む)/特定技能1号/登録支援機関 等

お客様の声

おかげさまで多くの方から高い評価を得ています。
Rさん【経営・管理】在留資格認定証明書交付申請 許可
日本で貿易会社を起業し、それに伴い「経営・管理」ビザの取得をしたかったのですが、信頼できる行政書士事務所の選定には苦労しました。60代ということもあり、年齢的にもラストチャンスという感じではありましたが、日本に在留する親族の伝手でDEJIMA行政書士事務所を紹介されました。不許可のリスクについての説明も丁寧にご説明頂き、1回の申請で、速やかに許可も取れました。今後も、更新手続はもちろん、会社経営という点でもコンサルティングをお願いしたいと考えています。アカウンタビリティという点でも高い信頼を寄せている事務所です。
Kさん【技術・人文知識・国際業務】在留資格変更許可申請 許可
日本の専門学校を卒業後、日本企業への就職が決まり、ビザの変更をお願いしました。初回から3年の在留期間をもらえ、事務所の方も一緒に喜んでくれました。
Dさん【特定技能1号(外食業)】在留資格変更許可申請 許可

Dさんは、留学中に、学校で優秀な成績を修めながら、特定技能制度の開始に伴い、外食の仕事に携わりたいという熱意を持って、外食技能試験合格はもちろん、日本語検定で要件以上の級にも合格しました。全国でも屈指の人気ラーメン店「麺魚」での新規採用が決定し、社長の橋本様から在留資格変更のご依頼を頂きました。特定技能1号の申請は大変複雑で、提出すべき書類も大量に及びますが、「麺魚」様にも書類の集積等色々とご協力頂き、無事、許可を得ることができました(※2019年12月末時点で、特定技能1号(外食業)の在留資格保有者は、最も多い東京都でもわずか41人となっています)。

左から㈱麺魚 橋本社長・Dさん・当事務所代表行政書士 山口

Kさん【技術・人文知識・国際業務】在留資格変更許可申請 許可
日本の専門学校を卒業後、日本企業への就職が決まり、ビザの変更をお願いしました。初回から3年の在留期間をもらえ、事務所の方も一緒に喜んでくれました。

price

初回(電話・メール)のご相談は無料です。
初めての方も気軽にご連絡ください

項目
金額
基本料金
電話、メール等での初期ご相談

無料
ご面談加算
直接の面談による(1時間)ご相談
※ただし、ご依頼頂いた場合は、相談料は無料となります。

キャンペーン中につき、
現在、ご面談での相談も無料で承っております。
+5,000円 無料
各種料金
各種ビザ手続の料金につきましては
無料でのヒアリングを行った上で、
お見積もりを提示させて頂きます。
ASK
ご面談加算
直接の面談による(1時間)ご相談
※ただし、ご依頼頂いた場合は、相談料は無料となります。

キャンペーン中につき、
現在、ご面談での相談も無料で承っております。
+5,000円 無料

ご相談の流れ

STEP1
お客様からのご連絡
お電話またはお問い合わせフォームにてお気軽にご相談下さい。具体的なご面談日時を決定します。
STEP2
面談による現状のヒアリング
現在のお客様のビザに関する問題やお悩みをお伺いします。特に、会社様からのご相談の場合は、コンプライアンスについての観点からもヒアリングをさせて頂きます。
STEP3
方向性のご提案・見積もりの提示
ご相談内容をもとに、今後の方向性とお見積もりをご提案させていただきます。ご相談のみでお悩みが解決した場合は、費用はかかりません。
STEP4
申し込み
ご納得いただけた場合のみ、着手金のお支払いとなります。ご依頼後、必要書類のご案内など、実際の業務を進行させていただきます。
STEP4
申し込み
ご納得いただけた場合のみ、着手金のお支払いとなります。ご依頼後、必要書類のご案内など、実際の業務を進行させていただきます。

お問い合わせ

ご相談・お問合せは気軽に気軽にご連絡ください。お問い合わせは下記のフォームからお願い致します。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信する
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。

DEJIMA行政書士事務所
登録支援機関(登録番号20登-004155)

東京都行政書士会所属
申請取次行政書士(東)行17第420号
山口 貴弘

〒170-0005 東京都豊島区南大塚1-31-8-203
JR山手線 大塚駅 徒歩6分
JR山手線 巣鴨駅 徒歩5分

営業時間:9:00 - 19:00
定休日:土日祝日(完全予約制)
※事前にご予約頂ければ、土日祝日も対応しております。
03-5981-9885
080-5208-8578